室内で出来るレクリエーション!!簡単なゲームを幼児と楽しむ!!

地域の子供達が集まって遊ぶというのは、子供達が楽しめる貴重な時間ですね。
ご近所さんとのコミュニケーションの場にもなり、親子でいつもと違う時間を過ごせる特別な時間となります。

イベントを出席する側はワクワク楽しみにしていれば良いのですが、いざイベントを行う側になった場合、どのような事をすれば良いか迷ってしまいますよね。

そんな人のために、私がイベントで実際に行った、幼児と楽しむレクリエーションの内容を紹介します!

 

スポンサーリンク



幼児も喜ぶ!!室内ゲームのおすすめ10選

レクリエーションの主役は子供達!
幼児も笑顔になれる簡単な室内ゲームを紹介します。

 

1.〇×クイズ

幼児でも答えられる〇×クイズを用意しましょう。
会場を〇チームと×チームに分けて移動が出来るようにすると、より一層盛り上がります!
私がこのゲームをした時は、〇が少ないから×に移動するなどという、幼児の素直な行動で会場が笑顔に包まれました!

 

2.ジェスチャーゲーム

チームを二つに分けて、お題を出します。
ジェスチャーの担当になった人が前に出てお題をジェスチャーで表現し、それ以外の人が回答者となりジェスチャーが何を表しているのかを答えます。
多く答えられたチームが勝ちです!
勝ち負けがあると、大人も本気になるので楽しいですよ!

 

3.しっぽ取りゲーム

ビニールテープを切ったものを用意し、おしりにビニールテープを貼り付けます。
おしりのビニールテープがとられないように、他の人のビニールテープを取ります。
ビニールテープが取られた時点でアウト。ビニールテープを多く持っていた人の勝ちです。

 

4.空き缶積みゲーム

空き缶を用意して、縦に積んでいく簡単なゲームです。
制限時間60秒で何個積めるかを競います。
子供達の焦った顔や、高く積まれて喜ぶ顔がなんとも可愛いですよ。
空き缶はすぐに準備出来るものなので、主催する側も簡単なのでオススメです。
缶の口は手が切れやすくなっているため、ビニールテープを貼っておくと安全です。

 

5.ボール送りゲーム

チームの数だけボールを用意します。
一列に並び、ボールを後ろの人に回していきます。
一番後ろの人がボールを受け取ったら、一番前まで走り、一番前の人がボールを受け取った時点でゴールです。
簡単な遊びですが、みんながボールに触れるので、盛り上がる事間違いなしです!

 

6.じゃんけん列車

みんなが自由に歩き回り、主催者の合図で相手を見つけてじゃんけんをします。
負けた人は勝った人の後ろに繋がり、じゃんけんを繰り返します。
列が一列になったら終了で、先頭の子がヒーローです!

 

7.お絵描きリレー

チームに分かれて、スケッチブックを用意します。
お題の絵を描き、次の人に見せて、その絵が何か分かったら自分もその絵を描いて次の人に見せていきます。
最後の人は、お題の絵が何だったのか発表して当たっているか確認するゲームです。

 

8.椅子取りゲーム

椅子を用意して音楽を流し、音楽が止まったところで椅子に座るゲームです。
音楽が準備出来ない場合は、タンバリンなどでリズムを刻んでも出来ます!
人数よりも少ない椅子を準備して、椅子を取り合いましょう。
私がこのゲームをやった時、大人が本気を出してしまい子供が泣いてしまうという事件が起こったので、大人は手加減して臨みましょう!

 

9.宝探し

決められた部屋におはじきを隠して、親子でペアになり、限時間内に探します!
おはじきのようなキレイなものが子供達は大好きなので、意外にも大人気の遊び!
幼児も喜びますよ!

 

10.ペットボトルボーリング

ペットボトルを10本並べてボーリングをします。
ペットボトルは簡単に倒れるのでストライクが出しやすく、子供も大盛り上がりです!

 

スポンサーリンク



 

大勢で遊ぶ!?大人も子供もにみんなで遊ぶ簡単ゲームとは!?

大勢で遊ぶなら、室内でも簡単に楽しめる玉入れがオススメです。
2チームに分かれて対戦する場合は、傘を2本と新聞紙を丸めた玉を40~60個ほど用意します。

傘を開いて床に置き、チームの玉が全て入ったら終了です。
子供達は体を動かす遊びが大好きなので、室内でも運動になるゲームを用意すれば、喜ぶ事間違いないでしょう!

 

アイテムが無くても大丈夫!!体1つで出来る簡単レクリエーション!!

レクリエーションを楽しみたいけれど、予算がないという人も多いのではないでしょうか?

ボールやスケッチブックは用意出来ない、ゲームはほとんど終わってしまってけれど、まだ何かして遊びたい!

そんな時は、体1つで出来る簡単なじゃんけんがオススメです!

「みんなでジャンケン」は、代表の人(主催者)が前に出て、その人に負けたら座っていきます。

最後まで残った人が1番です!
単純なゲームですが、1番になるのはとても気分が良く目立つもの!
人数が少なくなるにつれて盛り上がり、簡単に出来て、みんな白熱するので人気のゲームです!

 

お楽しみ会やクリスマス会、お別れ会など、子供達が触れ合うレクリエーションの機会は様々です!

私もレクリエーションを考えるのは大変でしたが、子供達の笑顔を見ると吹き飛んでしまうものです!
幼児でも楽しめる簡単なゲームををいくつか知っておくと、色んな機会に遊べて便利ですよ!

スポンサーリンク