室内外の集団遊びとゲーム♪幼稚園・保育園児が10倍楽しむ遊び全集

幼稚園の先生、保育園の保育士さん、レクレーション会を企画開催しようとしている役員さん、保護者さんなどに、幼稚園児、保育園児のみんなが楽しめる遊びをご紹介します!

 

スポンサーリンク



体を動かそう!外での集団遊び&ゲーム

・アレンジ鬼ごっこ

定番の鬼ごっこもアレンジ次第!
アレンジ鬼ごっことしては、鬼が指定した通りのことをすれば鬼に捕まらないパターン(色鬼、高鬼など)、鬼になった子が一定時間の制限を受けるパターン(氷鬼、バナナ鬼など)があります。年齢や人数によって遊べる場所を区切ったり、鬼の人数を変更しましょう。

 

・靴飛ばし大会

広い場所があれば、絶対おすすめ!うちの子はこれが一番楽しかったらしいです。
意外と技術が必要で、子どもたちも回を重ねるごとに、どうしたら前に飛ぶか、遠くまで飛ぶかと考え工夫します。何も考えない方が遠くまで飛ぶこともあるのも、これまた面白い点です。

 

・けんけん相撲

けんけんしながら相手のバランスを崩すように戦います。バランス感覚を養うのに持って来いです。
相撲のアレンジ遊びもいくつかありますが、同時に多人数でするのはちょっと難しいので、少人数の集団遊びとしてお勧めです。回りの子は応援をしましょう!

 

・渦巻きじゃんけん

じゃんけんが出来る年齢の子どもたちなら、じゃんけんゲームも出来ますね。
渦巻きじゃんけんには、決められた場所を走る、じゃんけんする、チームを応援するなどの要素が含まれます。もっと簡単に、波線や直線の上を走るだけでもいいですよ。

 

・中当て

変形ドッジボールの1つ、中当てもおすすめです。ボール1つで出来るし、参加人数に合わせてコートの大きさ、外野の数などを変更すると、少人数から大人数まで対応可能です。
年齢に合わせて独自ルールを決めればみんなで楽しめますね。

スポンサーリンク



 

遊びは学び!室内での集団遊び&ゲーム

・じゃんけん列車

これもじゃんけんゲームの1つです。大人も参加するとさらに白熱するんです!
もちろん屋外でも出来ますが、走らないので屋内で楽しいゲームです。歌を歌いながら、曲をかけながら、どちらでも遊べます。どのタイミングでじゃんけんをするのか決めてから始めましょう。

 

・色水

ペットボトルの蓋にこっそり絵の具を塗って、ふたを閉めたペットボトルを振ると透明だった水に色が出る、というのもいいですよ。何色と何色を混ぜたら何色になるか、考えながら遊びます。色彩感覚も身につきます。
子どもが水を飲んでしまわないように、気をつけてくださいね。

 

・いす取りゲーム

昔ながらのゲームは、いつまでも色あせませんね。曲を生演奏に出来るのなら、テンポを変えながら演奏すると、いすを回るスピードにも変化が出そうです。
アレンジとして「何でもバスケット」も、ルールがもう少し複雑になって考える力を養います。

 

・風船バレー

バレーボールを風船で行う「風船バレー」というゲームもあります。
大きめのビニール袋に空気を入れるだけでも大丈夫。「床に落ちるまで何回触ったか」を競うだけでも遊べます。ルールはどんどんアレンジしちゃいましょう。

 

・フラフープ送り

手をつないだままフラフープを次の子に送っていくゲームです。輪になって一周、または一列に並んで端から端まで、フラフープを送ります。年齢や体格でフラフープの大きさを変えても面白いですし、大きな子ども、大人が入っても面白いことになりますよ。

 

事前準備アリで挑む!スペシャル感満載の集団遊び&ゲーム

・釣りゲーム

魚にクリップを、釣竿の先には磁石をつけておいて、何を何匹釣ったか競い合います。普段食べている魚が泳ぐ姿を説明しながら、子どもたちに色塗りをお願いしてもいい思い出になります。

 

・お店屋さんごっこ

商品の準備は大変ですが、お客様側とお店側のどちらになろうか、何屋さん役をしようかと、楽しい悩みが増えますね。もちろん、途中で役を変わるのもありです。
もしお金の計算が難しいなら「1つ札」(何でも1つ購入できるお金)を作る手もあります。

 

・廃材で楽器作り、楽器演奏

空き缶や空き瓶で打楽器、食品トレーと輪ゴムで弦楽器など、無限に可能性が広がります。楽器を作ることも、演奏することもいい刺激になりますね。曲に合わせて自由に音を出すだけでも、演奏をしている雰囲気になります。

 

・ペットボトルボーリング

ペットボトルの空き容器を、新聞紙などで作ったボールで倒します。また、何種類かボールを用意して好きなものを選ぶ、ペットボトルの大きさを混ぜて立てる、など変化させたり、一回で何本倒れたか、何回投げたら全部倒れたか、など、勝ち負けのルールもアレンジできます。

 

・巨大福笑い

おかめとひょっとこではなく、子どもたちが好きなキャラクターで用意してあげるのもいいですね。子どもたちには大きすぎるほどのパーツをあえて作って、目隠しはせずに複数人で運んで完成させる、というのも協力プレイで熱く燃えるかもしれません。

 

まとめ

1、 外での集団遊びは体を使って大きく遊ぼう

2、 室内では頭も使うゲームも楽しもう

3、 事前準備で、スペシャルな集団遊びをしよう

 

どんな遊びも、子どもたちの人数、確保できる場所や環境、準備できるものや時間によってどれだけでもアレンジが出来ます。

ルールを守ることを教えて、安全に気をつけて、事故や怪我のないように、子どもたちの成長を手助けしましょう!

スポンサーリンク