室内外の集団遊びとゲーム♪幼稚園・保育園児が10倍楽しむ遊び全集

集団遊びには、ひとり遊びとはまた別のメリットがたくさんあります。

お友達との絆が深まりコミュニケーション能力が育まれたり、ルールを守って遊ぶことで協調性を育んだり、時にはお友達と揉めることで自分とは違う考えもある事を学びます。

様々な良いことがある集団遊び。いつもの遊びの時間に積極的に取り入れたいけれど、バリエーションが少ない…とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、厳選した室内外の集団遊びをいくつかご紹介します!

ぜひいつもの遊びに取り入れてみてください。

 

スポンサーリンク



体を動かそう!外での集団遊び&ゲーム

お天気の良い日はお外で遊ばせたいところですよね!こちらでは、お外で遊ぶのにぴったりな集団遊びとゲームをご紹介します。

 

・しっぽ取りゲーム

まずは、昔懐かしの定番遊びです!必要なのは、縄跳びなどの紐だけです。紐をしっぽに見立てて、ズボンに端を挟み込んだら準備完了です。そして自分の尻尾をとられないように他の人の尻尾を取っていくという単純な遊びです。

運動量の豊富さはもちろん、どうやったら尻尾が取れるか、または取られないようにできるかなど頭も使うため、バランスのとれた遊びですよ。童心に戻って大人も一緒に楽しみましょう!

 

・手つなぎ鬼

通常の鬼ごっこを少し発展させた遊びです。鬼に捕まったら鬼と手をつなぎ、一緒に他の子を追いかけます。

どんどん鬼の人数が増えていき、最後の一人に残った子が勝ちというゲームです。一緒になって同じ方向に走っていくのは子供にとっては案外大変なことなので、協調性も育まれます。道具も必要なく、みんな満遍なく疲れてくれるのでお昼寝の前などにぴったりですよ!

 

・だるまさんの言うとおり

だるまさんがころんだの発展バージョンです。だるまさんがころんだにはもう飽きてしまったという場合にもおすすめです!

基本はだるまさんがころんだと同じルールですが、掛け声を変えます。例えば、「だるまさんがしゃがんだ!」と言ったらしゃがむというように、咄嗟の指示に従うゲームです。鬼は大人がやり、まずは簡単な指示から挑戦しましょう。

人の言うことをしっかり聞く力が身につくうえ、掛け声の工夫次第では語彙力も増える万能な遊びです。

スポンサーリンク



 

遊びは学び!室内での集団遊び&ゲーム

室内での集団遊びは、学びにつながる絶好のチャンスです。一人遊びになりがちな室内でもぜひ集団遊びやゲームを取り入れてくださいね!ここからは、知識が増える室内での集団遊びをご紹介します。

 

・八百屋さんゲーム

大人が物の名前を挙げていき、それが八百屋さんに置いてあるものなら、みんなで一緒に手を叩くというシンプルな遊びです。

例えば、「トマト」手を叩く、「なす」手を叩く、「魚」手を叩かないと言った具合です。リズムよく進めることが大事なので、あらかじめいうものを決めておくとスムーズですよ!子供達の知識が増えるのもちろん、みんなとリズムを合わせることで協調性も生まれます。

 

・せーのでチーム分け

大人が「3人組!」と言ったら3人で手を繋いで座ります。

とてもシンプルな遊びなので、大人が少しサポートしてあげれば数字がわからない子が交ざることもできます。数字の勉強にもなり、全体を見る力も身につきますよ!数字を発表する人は、必ず余りが出ない割り切れる数を選ぶよう注意しましょう。

 

事前準備アリで挑む!スペシャル感満載の集団遊び&ゲーム

ちょっとした準備をしてから遊ぶと、いつもと違ったスペシャル感が出て子供たちにも喜んでもらえます。でも何かと忙しくて凝ったものはちょっと…という方にもおすすめな簡単な事前準備で楽しめる集団遊びをご紹介します!

 

・フラフープ電車

フラフープを電車に見立てて、フラフープの中に数人入って電車ごっこをします。

準備はフラフープを2、3個繋げるだけでOKです!チームに分かれて競争したり、長く繋げてみんなで1列になったり、工夫次第でより楽しむことができます。親子でもできるのでイベントの時にもおすすめですよ!

 

・新聞紙吹雪

こちらは、子供達に大人気な遊びでありながら、準備は簡単で手抜きができる素敵な遊びです。準備は新聞紙をたくさん集めるだけです。

全員に1枚ずつ配って、誰が1番はやくちぎれるか競争したり、お友達がちぎった新聞紙が何の動物に見えるか話し合ったり、新聞1枚で色々と楽しめます。

 

・時限爆弾

みんなで輪になり、風船を右隣の人に渡していくゲームです。

音楽を流し適当なところで一時停止し、その時に風船を手にしている子が負けというルールで行います。風船の数を増やしたり、逆まわりにしたり、準備は簡単ながらスリルがありとても盛り上がるゲームです。

 

最後に

集団遊びができるようになると、遊びの幅も広がりより活発になります。

お友達との絆も深まり、考える力も身につく、いいこと尽くめの集団遊び。ぜひいつもの遊びに取り入れてみてくださいね!

スポンサーリンク