寝方でお困りの妊婦さん必見! 身体に負担をかけない寝方とは?

妊娠中はやたら眠くなる…。

でもいざ寝るとすぐに起きてしまったり肝心の夜になかなか寝付けなかったり、妊婦さんは日常も大変ですが寝ていても大変ですよね。

妊娠初期はうつぶせになってお腹をつぶしてしまうのではないか、とかお腹が大きくなってきたら仰向けで寝るのが辛かったり…寝方について悩んでいる妊婦さんはたくさんいるんです。

そこで今日は妊娠中の寝方についての情報を集めてみたのでご紹介します♪

先輩ママからのアドバイスなどもあるのでぜひ役立ててください!

 

スポンサーリンク



先輩ママに聞く!妊娠中どんな寝方してた??

妊娠の寝方について教えてくれたのは現在一歳のお子さんを子育て中の カナ さん!
妊娠中お腹が気になってしまい常に寝不足に悩まされていてそうです…。

 

私「具体的にどんなことで悩みましたか?」

 

カナさん『妊娠初期に起きてみたらうつぶせに寝てしまってて、お医者さんにはそんなに気にしなくていいって言われたんですけど、その日から赤ちゃんをつぶさないようにって考えたら眠れなくなってしまって…。』

 

私「それは心配ですよね…。昼間辛くなかったですか?」

 

カナさん『そうですね~。常に寝不足で、ソファで昼寝してたんですけど、変な体勢で寝てたのか腰を痛めてしまいました。』

 

私「それは辛い!これからどんどん腰に負担かかるのに…」

 

カナさん『ある程度したら治ったんですけど、お腹が大きくなってからはどうやって寝ていいのかわからなくて悩んでました笑』

 

私「妊婦さんによって寝方って違いますし、これっていう正解ってないですもんね。」

 

カナさん『そうなんです!ママ友に聞いても私はそんなに悩んでないって人もいるし、気にしすぎだよとか言われてました笑 実際そうなのかもしれないですけど(笑)』

 

私「結局どうやって解決したんですか?」

 

カナさん『私は妊娠初期の時はうつ伏せに抵抗があったので自分が寝返りを打つ方向にクッシンを置いてました!お腹が大きくなってきたら抱き枕を使ってました!』

 

私「抱き枕にすることでどのように楽でしたか?」

 

カナさん『お腹を乗せるようにだくことで腰も楽でしたし、足の間に挟むようにすると下にする方の足や腕が痛くなることがなくなりました』

 

カナさんは抱き枕を使うようになってから睡眠不足や寝るときの不安などが劇的に解消されたそうです!

今は通販などで妊婦さん用に考えられた抱きつく用の枕が数多く販売されています。ですがカナさん曰く、普通の抱き枕でも十分対応できるそうです。

何よりも自分がリラックスできる寝方が一番なんだそうですよ♪

 

スポンサーリンク



 

いろいろあるよ!寝方の方法

カナさんは抱き枕を使って寝ていたそうですが、みんなは他にどんな寝方をしているのでしょうか?いくつかご紹介します。

 横向き(左下) これは母体に一番負担のかからない寝方なんだそうです。背骨の左側を通る太い血管を圧迫するこを避けることができます。

 

 シムス体位
シムス体位とは産婦人科の先生が考案したもので今病院などで推奨されている寝方です。左を下にして横になり左腕と左足は後ろに引き、右腕と右足は前にかぶせた体勢です。

 

 座布団を使う
先ほどのカナさんの体験談と同じように、何か補助的な道具を使うこともとても効果的です。お腹の下に入れたり腰の下に敷いてみるのもいいかもしれません。
また、妊婦さん用の抱きつき枕には出産後も授乳時や赤ちゃんのお座り用に多機能な物も多く販売されているので、ぜひチェックしてみてくださいね♪。

 

それでもしっくりこないときは?

いろいろ良いとされている寝方を試してみてもなかなか寝方を定められないといいう方もいらっしゃると思います。

今回、いろいろ調べてみて分かったことは、妊娠時の寝方にこれをしなければいけない!とかこれはダメ!という明確な答えはないということです。

 

大切なのは妊婦さんが楽な姿勢でストレスなく寝れるということ。

お腹の中の赤ちゃんは羊水と胎盤でしっかり守られていますので、寝方よりもお母さんの体調が大切だと感じます。

お母さんが楽であればソファなど完全に横にならない寝方でもいいと思います。

私の知人にはリクライニング式のマッサージ器の足の部分を改造して寝ている人がいました笑

お母さんがストレスなく寝られる方法を探してみてください。きっとしっくりくるものが見つかると思います。

 

まとめ

妊娠時の寝方についていくつかご紹介してきました!

 妊娠時の寝方について悩んでいる人はたくさんいて、なかなか寝付けなかったり、こに負担をかけてしまうことがある。

 妊娠時の寝方で推奨されているのはシムス体位だが基本的に自分の寝やすい体勢でよい。

 横になることだけでなく座って寄りかかる寝方などをお試してみると良い。

 

以上の点を押さえて自分に合った寝方を見つけましょう!

妊婦さんの健康は赤ちゃんの健康にもつながります!

ストレスのかからない寝方で大切な妊婦期間を楽しめるといいですね!

スポンサーリンク