新米ママ必見!上手な赤ちゃんの退院服の選び方をご紹介!!

妊娠、出産は人生の一大イベントです。

お子さんのいる方なら、出産のために病院に行くときは陣痛などでバタバタしたという方もいると思います。

定期検診で病院へ行って、急に入院を促される妊婦さんもいることでしょう。

そのため、少し前から病院へ持って行くものを準備して置いておく方もいると思います。
そんな時、出産のことばかり考えていて、退院するときに着る服は後回しになりがちです。

赤ちゃんの服のことばかりを考えていて、自分の服を用意していなかったという人もいるかもしれません。ちなみにそれは私なのですが。
妊婦の時間があるときに、ゆっくり吟味して素敵な退院服を選びましょう。

 

スポンサーリンク



退院服とは?

初めての出産をこれから迎えられる方ならドキドキの出産直前ですが、退院服はどんなものかご存知でしょうか。

文字通り退院するときに着る服なのですが、産まれてきた赤ちゃんが着るものと自分の退院服もありますよね。

 

ちなみに、自分の服選びは、お腹がどれぐらい小さくなるのかがわからないので難しいですよね。

私の体験としては、そもそも考えていなかったので出産直前の服で退院しました。上下ゆったりしたデザインでしたので、ウエストが少しゆるいな程度で、お腹も想像よりは小さくなりませんでした。

私がお世話になった病院では看護実習生がお世話してくれていたので、退院の時は写真撮影をお願いして撮ったのですが、数ある写真の中でも退院した時の写真は今でも振り返ってみることが多いです。

もう少しちゃんとした格好で撮ればよかったかなと思いますが、それも含めて思い出です。

 

では、産まれてきた赤ちゃんはどのようなものを着れば良いのでしょうか。
まず選択肢として購入するか、それとも手作りするかで分かれます。
妊娠後期ともなれば、あれこれ歩き回って子供服を探すというのも大変な場合がありますので、通信販売を利用してもいいと思います。

手作りは事前に時間をかけて作り、愛情たっぷりのお洋服も思い出の品として残すのもまたいいものです。帽子だけかぎ針編みで作るなど、部分的に手作りするのもいいですよね。

 

赤ちゃんの退院服は基本的には「白」で、家へのお披露目の意味を込めて正装することが多いようです。セレモニードレスまたはベビードレスといって、レース素材の華やかなものなので、新米ママさんなら何かで目にしたことがあると思います。

退院の時に着た後はお宮参りでも再び着ることになるでしょう。また、レースで華やかな作りですが、ほとんどは男女兼用です。二人目、三人目でもまた着せることがあるかもしれないので、1セット持っておくと安心かもしれません。

スポンサーリンク



季節に合わせた退院服の選び方

退院の日は赤ちゃんにとって人生初めて外に出る日ということです。

赤ちゃんの皮膚は薄くて敏感です。また体温が高く汗をかきやすいので、極端に薄着や逆に厚着をさせないように気をつけなければなりません。セレモニードレスでも冬ならおくるみをさらに使用するなど工夫も必要です。

大体の新生児の肌着や服は綿100%でできていると思います。同じ綿100%でも、オーガニックコットンなど素材にこだわったものもあり、敏感肌の赤ちゃんに適しています。

 

 

また、サイズは一般的に新生児は50〜60サイズが多いです。初めて肌着を買って広げたときに、あまりの小ささに妙に出産の実感が湧いてきたことを思い出します。個人的な感想としては、60サイズの肌着は長い間重宝した気がします。少し多めに用意しておいてもいいのかもしれません。

我が家は男の子がいるのですが、9月生まれで退院もまだ暖かさが残る頃でした。
退院服は割と普段着っぽいもので、ワッフル素材の白色(襟が紺色)を選びました。おくるみを持って行きましたが、結局帰るときが車だったのでチャイルドシートに乗せたあとにブランケット代わりにかけたぐらいでした。

また、退院服は入院の際に荷物が増えるのが嫌だったので、あらかじめまとめたものを家に置いておいて、出産したあとに家族に持ってきてもらいました。

それでは、春夏と秋冬の退院服の選ぶポイントをまとめてご案内したいと思います。

 

春夏

・肌着〜短肌着(肌寒い日なら長肌着)
・セレモニードレス〜春夏用の薄手のもの(パイル、ワッフル素材のもの)
ツーウェイオール(股下のスナップの留め方で2通りにできる)
・靴下〜薄手の綿素材
・おくるみ〜無くてもいいが、春だと肌寒い日もあるのでガーゼ素材もしくはバスタオルなどで代用してもいい。
・帽子〜汗をかきやすいので通気性のあるもの

 

秋冬

・肌着〜長肌着もしくは短肌着とコンビ肌着を合わせる
・セレモニードレス〜秋冬用であれば、極端に厚手のものに意識しなくてもOK
ツーウェイオール(股下のスナップの留め方で2通りにできる)
・靴下〜レッグウォーマーなどを使用し防寒対策を
・おくるみ〜ブランケット(バスタオルを併用しても良い)やフリース素材など温かいもの
・帽子〜防寒を意識したもの

 

新米ママの皆さんは肌着の種類で、どういう時にどの種類を着せればいいのかわからないことはありませんか?

私は妊婦の時にロンパースというものが、肌着なのか上に着る服なのか分からず、先輩ママに聞いたことがありました。今となって考えると恥ずかしいことですが。

更に「足を分けて入れられる服はいつから着せるの?」とか。実際、足のバタバタが激しくなってきて、自然と着せる服の種類もわかってくるものですが、経験がなければわからなくて当然です。

 

退院服と合わせて購入しておきたいおすすめグッズは?

さて、退院服を揃えたところで他に必要なものはないのでしょうか?
退院に関わる必要なものをご紹介していきたいと思います。

 

・チャイルドシート
タクシーで帰宅する場合はおくるみで包んで抱っこして乗ることになりますが、自家用車で帰宅する場合はチャイルドシートに乗せなければなりません。退院の際は車にセットした状態で病院に来てもらいましょう。

・サンシェード
チャイルドシート同様、車で帰宅される場合に必要に応じてご用意されるといいと思います。季節的なこともありますが、直射日光に赤ちゃんが当たらないように工夫しましょう。

・ガーゼのハンカチ
何かと使うガーゼのハンカチです。新生児はヨダレや鼻水など、そのままにしておくとかぶれてしまうのでこまめに拭ってあげましょう。

 

まとめ

これから赤ちゃんを迎えるにあたって「何がわからないかがわからない」状態で不安に思われる方もいるかもしれません。

しかし、退院の日はいよいよ始まる赤ちゃんとの生活に向けた記念する日です。わからないことは病院のスタッフの方や家族、身の回りの人を思いっきり頼って楽しく過ごしましょう。

スポンサーリンク