哺乳瓶を消毒する方法は?どんな便利グッズがあるの!?

初めての子育てで毎日があっという間に過ぎていき、日々赤ちゃんと向かい合うことで心配なことも出てくるのではないかと思います。

妊婦の間には「こうしよう!」と決めていたことが、実際に赤ちゃんと対峙することで臨機応変に変化していかなくてはならないことも多々あります。

 

特に、授乳に関しては母乳で育てようと決めていた方が産まれてみて「上手に吸うことができなくて混合になった」という場合もあります。

哺乳瓶消毒は、完ミ(完全ミルク育児)の子と、混合などの子ではママが費やす手間や時間も違ってくるでしょう。

いずれにしてもミルクの頻度は個人差がありますが、飲んだあとの消毒は素早く終わらせたいママは多いと思います。
赤ちゃんは免疫力が弱く、細菌に感染しやすいものです。口に入るものですので、とにかく安全なものや方法を選びたいものです。

 

スポンサーリンク



哺乳瓶の消毒ってみんなはどうしてるの!?

消毒の方法は大きく分けて2通りあり、熱で消毒(煮沸)する方法と薬剤(液体・錠剤など)で消毒する方法です。各メーカーからあらゆる商品が出ており、多様化しているように思います。

私個人としては、現在の主流は電子レンジで熱消毒する方法なのかなという印象です。各社からさまざまな似た商品が出ていますが、どれも5分程度で消毒が完了するもののようです。鍋などを使って煮沸消毒する方法は、ある意味原始的で完全に滅菌されるイメージですが、完全ミルクで育児をされているママは、夜中に作業することを考えると大変さが先に立ちます。

それから、哺乳瓶がプラスチック製かガラス製かでも消毒方法は変化しますね。哺乳瓶を買い揃える時に、消毒方法もある程度決めておいた方が良さそうです。

 

変わって薬剤消毒ですが、みんなご存知「ミルトン」を筆頭に、液体・顆粒・錠剤と多種多様な薬剤が売られています。24時間作った溶液を何回も使うことができる点で、授乳の回数が多い新生児のママには助かる利点だと思います。1時間程度つけおきしておくだけのものが多いようなので手間はかかりません。

つけおきした後すぐに使用できるものがほとんどですが、薬剤なのでやはり心配もありますよね。ニオイが気になる方は一度すすいでから使用するようです。

 

いろいろな方法がありますが、普段使いは電子レンジだけど旅行のときは薬剤消毒にするなど、臨機応変に状況で変化する場合もあるでしょう。

また、普段は電子レンジを利用しているが3日に1回は薬剤消毒をするという場合もあります。どの方法を選択しても間違っているわけではありません。ママやパパが毎日何度も手をかける作業です。納得のいく方法でストレスなく出来ることが一番だと考えます。

スポンサーリンク



哺乳瓶の消毒を少しでも簡単に手早くしたい!!

上記でご案内した消毒方法の中で、皆さんそれぞれの方法で哺乳瓶消毒をしていると思うのですが、それぞれにメリットとデメリットがあるように思います。
ここでは、消毒を簡単に手早くすることに注目してご案内します。現在流通し

ている時短できるグッズで人気のある電子レンジを使用する場合と薬剤で消毒する場合のメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

 

・電子レンジを利用
メリット 電子レンジで5分で完了する
専用ケースでそのまま保管できる
使用するのは水のみなのでニオイがない
ケースを買う初期投資のみでコスパが良い

デメリット 夜中のミルクのあとに手間がかかる
レンジをかけたあと冷ます時間もかかる(すぐには使えない)
まとめて3本程度入るが、1本だけ消毒する時に他のものをケースから
一度全部出さなければならない(保管も兼ねているため)
熱による乳首の劣化が早い

 

・薬剤を利用
メリット 浸けておくだけで良い
夜中に消毒の時間を待たなくて良い
哺乳瓶以外も消毒できる(搾乳器・鼻を吸うグッズ・おもちゃなど)
多くの産院で利用されているという安心感

デメリット 薬剤のコストがかかる
1日一回薬剤の水を取り替える
ニオイを気にする場合がある(消毒後に流水で薬液を流す人もいる)
消毒に1時間かかる(複数の哺乳瓶で対応可能)

 

電子レンジも薬剤を利用するのも実に時短に適した方法です。
私自身、書き出してみてどちらもそれぞれに良い点があるんだなと改めて思いました。私の場合は、何の迷いもなく友人の勧めで電子レンジを選択していましたが、薬剤の良いところもたくさんありました。単純にミルクの回数が多い赤ちゃんなら薬剤消毒の方が、ママの負担も少ないのかなという印象です。
調べてみると、産院や医療関係に従事されていてママになった方は薬剤による消毒に対して抵抗はなく、むしろそちらを選択しているように思います。

使える!!哺乳瓶の消毒におすすめの便利グッズ10選

それでは、哺乳瓶消毒で必要なグッズや便利そうなものを選んで一言情報を添えましたので参考にしてみてください。

1 コンビ除菌じょ〜ず
私自身も利用していた商品です。電子レンジ消毒の今や定番商品です。

2 ミルトン錠剤(60錠)
薬剤消毒でおなじみ「ミルトン」水2ℓに対し1錠使用。
赤ちゃんが勝手に口に入れないようハサミでしか開封できないよう配慮されています。

3 ピジョンスポンジブラシ2WAY
2WAYとは回転洗いとストレート洗いという意味。哺乳瓶の底まですっきり洗い上げます。

4 ピップベビー哺乳ビンハサミ
哺乳瓶専用ハサミはあると便利。熱消毒、薬剤消毒どちらでも使います。

5 ピジョン哺乳ビン野菜洗い
哺乳瓶はもちろん離乳食が始まってからも利用できるのでコスパ良し。

6 ピジョン母乳実感専用乳首ブラシ
メーカー専用ではあるが、あると助かる細かいところまで洗えるブラシ。

7 サンコーフルフルほ乳びん洗い
アイディア商品で哺乳瓶の中に入れて振るだけだが、旅行中など外出先でサッと使える優れもの。

8 蝶プラ工業メリーコップホルダー
哺乳瓶ホルダーとして使えるホルダーは折りたたみ式。3点支持で安定感よしいつも清潔。

9 メデラ電子レンジ除菌バッグ(5パック)
除菌バッグに哺乳瓶を入れてレンジでチンの後はそのまま持ち運べる便利グッズ。

10フィリップス3in1電動蒸気滅菌器
有害な細菌の99.9%を滅菌。6分で細菌を除去。
(コンセントにアースがついているため専用コンセントのある場所でご使用ください)

 

哺乳瓶に関するグッズをご紹介してきました。便利グッズは私が実際哺乳瓶を子供に使用していた頃にはなかった商品もあります。また、哺乳瓶の消毒で利用しなくなってからも使えそうなものもあります。

ご自身の環境や状況にあった方法で、上手く消毒便利グッズを利用してほしいなと思います。

スポンサーリンク