ハーフバースデーの飾り付けまとめ!

ハーフバースデーという言葉を知っていますか?

私は、娘が産まれるまで「ハーフバースデー」という言葉すら知らず、雑誌や育児サイトで初めてこの言葉を知りました。

 

簡単に言うと、赤ちゃんが産まれてからちょうど半年たった日をお祝いすることです。

1月1日生まれの子の場合、6月1日ということになります。

今回はハーフバースデーと、その基本的なお祝いの仕方、飾り付けについてご紹介します!

 

スポンサーリンク



ハーフバースデーの風習についておさらい!

もともとはアメリカなどの海外の風習で、長期休み中に誕生日を迎える子は、学校のみんなからお祝いされずにかわいそうなので、誕生日の前後6か月にみんなでお祝いしようというものでした。

それが日本では生後6か月にお祝いするイベントとして広まりました。

 

慣れない育児に追われていると、あっという間に過ぎる半年。だんだん慣れてくる頃です。

そして、寝返りや、声を出して笑う、離乳食など、表情はより豊かに、できることもますます増えてきます。

 

そんな成長著しい、半年記念。1才の誕生日には、歩く、話すなど、もっと成長して、今のようなかわいさとは違うかわいさになります。

そこで、今しか見ることができない赤ちゃんの姿で、お祝いして、記録に残しておくという意味が込められています。

スポンサーリンク



飾り付け10選!先輩ママに学ぶ!

お祝いと言えば飾り付け。ママたちはどんな飾り付けでハーフバースデーをお祝いしたのでしょうか?簡単から凝ったものまで、まとめてみたのでぜひ参考にしてください!

 

・マスキングテープ

貼って剥がせるので飾り付けにはもってこいです。かわいいマスキングテープがたくさんあるので使い方次第で、様々な飾りに変身します。

 

・離乳食ケーキでお祝い

5か月を過ぎて始まる離乳食。日に日に食べられるものが増え、ママとしてはとてもうれしい成長ですよね。食べられるようになった離乳食で、お祝いのケーキを作るというもの。

私は、おかゆの上に、ニンジンでうさぎさんを描く、ホウレンソウで1/2と書くなど、とてもシンプルに済ましてしまいましたが(笑)凝った先輩ママは、アンパンマンを描く、Happy Birthdayと書くなど、素晴らしい完成度で見習いたいと思いました。

 

・折り紙などで手作り

Happy Birthdayの文字や赤ちゃんの名前などを折り紙で切って作る愛情たっぷりの飾り付けです。星やハート、作ろうと思えばなんでも作れるので挑戦してみるのもいいですね。

 

・壁に写真を貼る

産まれた時から、6か月までの写真を印刷して壁に飾り付けるのもおススメです。ペタペタ貼り付けるのも良いですが、100均で、リボンや、木製ピンチ(オシャレな洗濯バサミのことです)を買ってきて、飾り付ければ、簡単で、オシャレに飾り付けることができます。

 

・手形を取って飾る

産まれた時に手形と足形を取ったという人も多いと思います。6か月でどのくらい大きくなったか比べるのも楽しいです。

 

・ぬいぐるみで飾り付け

ぬいぐるみで飾り付けるのもかわいく、華やかになります。我が家では、娘が産まれてから家族や、友だちなどがぬいぐるみをくれる機会がとても増えたので、Happy Birthdayの文字と、写真を貼った壁の前に全部並べました。少し寂しかった飾りが一気にお祝いムードになった気がしました。

 

・100均で飾り付け

今の100均は壁に貼り付けるHappy Birthdayのガーランド、帽子、サングラスなどなんでも売っています。それに加え、女の子ならハートや星、男の子なら車や星などの飾りを貼るだけでも華やかになります。風船を膨らめて、一面に転がしたり、壁に貼り付けても良いですね。飾りを購入し、あとはママとパパのセンスで飾り付けるのも楽しいです。

 

・風船でお祝い

風船専門店、ネットでも注文することができる風船。ヘリウムガスが入っているのでふわふわ浮いて、赤ちゃんの反応も良いようです。キラキラや、青や赤や黄色などカラフルな色の風船があるだけで、一気にお祝いらしくなります。また、丸だけではなく、ハートや、Happy Birthdayという文字の風船もあります。注文して届けてもらうだけなので手軽なのも嬉しいですね。

 

・寝相アート

寝ている間に赤ちゃんの周りをかわいく飾り付けして写真を撮るのもおススメです。あらかじめ、デザインや使うものを用意して置き、寝たら飾り付け、素早く短時間でおこなうのが良いでしょう。

 

・主役を飾る

なんといっても主役は赤ちゃん。ドレスやタキシード風のロンパースなども売っているので、それを着て、手作りや100均の王冠をかぶせるだけでも、ぐーんと特別感がアップします。

 

お友達を呼んで一緒に楽しく!友達とハーフバースデーを迎えよう!

我が家は、家族や親戚とお祝いしましたが、同じ病院で生まれたり、検診で一緒になった、同じ月齢のお友達をお家に呼んで、みんな一緒にお祝いするのも良いですね♪

部屋はかわいく飾り付けし、みんなで並んで記念写真を撮れば、かわいいこと間違いなしです。離乳食のケーキや、おそろいのコスチュームなどで、6か月の今しか残すことができない赤ちゃんの様子をしっかり収めておきましょう。

スポンサーリンク