不器用でも大丈夫!おむつケーキの作り方~男の子編~

私は2歳半の娘を育てるママですが、出産祝いにおむつケーキをもらい、初めておむつケーキというものを知りました。

次に出産のお祝いをあげるときは、おむつケーキにしようと決めていて、おむつケーキを購入できるお店を調べてみました。

百貨店などのデパート、雑貨屋さん、アカチャンホンポなどベビー専門のお店、ネット通販などで購入できますが、自分で一から手作りしてあげるという人もいるようです。

 

意外と簡単にできるようで、お店の物を購入するよりも、出産したママに、想いがしっかり伝わって素敵だなあと思ったので、どのように作ればいいのか知りたくなりました。

同じように出産祝いに、おむつケーキをあげようかな、自分で作れるなら、想いを込めて手作りしようかなという人の参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク



おむつケーキとは?

おむつケーキとは、おむつでケーキのような土台を作り、その周りを、リボンや、靴下、スタイ、キャラクターなどのぬいぐるみ、おもちゃなどで、かわいく飾り付けしたものです。

 

本物のデコレーションケーキのような見た目から、おむつケーキと呼ばれ、もらった側は非常に印象に残る、話題の出産祝い品です。

店頭や、ネットで注文するときには、女の子か、男の子か、どんな装飾にしたいかのおおまかな希望、靴下やハンカチなどの小物決定など細かく注文できるところもあれば、だいだい見本通りにただ作ってもらうというお店もあり、様々です。だいたい安くて3000円、高くても10000円くらいが相場です。

 

あまり高価なもの過ぎると、もらった側もお返しに困ってしまうので、5000円くらいが無難です。おむつケーキを持って行ったり、送ったりする際の目安ですが、だいたい退院1週間~1か月半くらいがおススメです。

出産後病院にお見舞いに行くほど仲良しの間柄であっても、出産祝いを持っていくのは、退院時に荷物になるので控えた方が良いです。さらに退院してからすぐに自宅に行くのも、体調の面でも、慣れない育児で、部屋の環境もまだまだ整っていないので、あまり良くありません。

 

1週間もたてば、落ち着き、リズムも掴めてくるので迷惑にならず歓迎されると思います。

また出産祝いが遅すぎるのもNGです。もらった側も、出産祝いのお返し、「内祝い」を用意しなくてならず、ママが内祝いを準備し終えた頃に、出産祝いをあげると再び、内祝いを用意することになってしまい、2度手間になってしまうので、あげる時期は注意が必要です。

女の子はピンクや、黄色といったかわいい雰囲気で、男の子は、青や緑といった色でイメージして作られることが多いです。

私がもらった時はあまりにかわいくて崩すのがもったいなく、しばらくの間、部屋に飾っていました。これがもし、手作りだと思ったらさらに嬉しくて、なおさら崩して使えなくなってしまうかもしれませんね(笑)

スポンサーリンク



ケーキを作る際に必要な材料は?

では、おむつケーキを作る際に必要なものは何でしょうか。
今回は男の子のおむつケーキを作ることを想定して用意します。

・おむつ
メインのおむつです。

オムツには基本、新生児用、S、M、L、ビックのサイズがあります。産まれて1か月以内にあげるのであれば一番小さいサイズで良いのかな?と思いがちですが、新生児用を使うのはほんの短い期間のみです。

出産前や出産後にまとめて買っていることがほとんどなので、サイズアウトしてしまい、使えないということがあります。

そのため新生児用は避け、Sサイズがおススメです。

また、テープタイプと、パンツタイプがありますが、大抵パンツタイプは、寝返りやたっちができるようになった子が使うので、テープタイプを用意します。

 

・ビニール袋
赤ちゃんの肌に触れるおむつをそのまま触ったり、リボンなどで飾ったりするのを嫌がるママもいますし、衛生的にもあまりおススメできません。そのため小さめのビニール袋を用意して、1枚ずつおむつを入れてからケーキ風に飾り付けします。

 

・リボンや造花などの装飾
これは作る側のセンスで飾り付けに使いたいものを用意してください。青で統一してもいいですし、カラフルに、派手に、飾り付けにしても良いですね。

 

・小物
おむつの他に、実用的な小物を一緒に飾り付けると、もらった側はより嬉しいです。靴下、ハンドタオル、スタイ、おもちゃ、ぬいぐるみなどが多いと思います。

 

・ビニール紐、セロハンテープ、透明の袋

 

おむつケーキの簡単な作り方(2段バージョン)

・まずおむつをビニール袋に入れ、丸めて輪ゴムでとめます。
・ベルトを調節して作りたい土台の大きさにおむつを詰めていきます。

真ん中に安定するように心材としてラップの芯を入れてもいいです。
詰め終ったら、ビニール紐で結び、ベルトを外します。

・一回り小さいものをもう一つ、上に作ります。
・画用紙や包装紙でおむつ部分が隠れるように覆いセロハンテープでとめ、
リボンでかわいく飾り付けます。
・あとは小物や飾りで自由にデコレーションしていくだけです。

 

ポイントはおむつを袋に入れるときにしっかり空気を抜くこと。土台となるおむつ部分をしっかりと固定することで崩れにくくなります。

出来上がったおむつケーキは、100均やホームセンターなどに売っている透明の袋に入れてラッピングするとより良い出来栄えになります。喜んでもらえるおむつケーキが完成するといいですね。

スポンサーリンク