妊婦さんはちょっと待って!食べてはいけないものはこんなにあるの!

妊娠したら、いろんなことに気をつけなければなりません。

中でも大切なのは、口に入れるもの。

食べ物や飲み物は妊婦さんだけじゃなくて、おなかの赤ちゃんにも影響が出るので、本当に大切なのです。

そこで、気をつけたい食べ物と食べた方がいい食べ物についてお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク



妊娠期間中は食べるのを控えたい食べ物

まずは、食べない方が良いものについてお話しましょう。

 

●生もの

生で食べるものやあまり火が通っていないものは避けてください。
妊娠中は免疫力が低下しているので、生ものに付いているウイルスによって食中毒になりやすいからです。

生ものに付いているウイルスは以下のとおりです。

・魚介類:ノロウイルス
・生肉や、あまり火が通っていないお肉:О-157
・生卵:サルモネラ菌

 

いずれも熱に弱いので、しっかり火を通して食べるようにしましょう。

お刺身、生ガキ、ローストビーフ、卵かけごはん、などはしばらく我慢です。

 

●香辛料やスパイス

香辛料やスパイスがおなかの赤ちゃんに直接影響することはありません。

香辛料は、少量なら新陳代謝を活発にさせて体をあたためてくれるのでいいのですが、食べすぎると胃腸が刺激されます。
これによって胃痛や下痢を引き起こすことがあるため、注意が必要なのです。

スパイスをたっぷり入れたチャイは体をあたためくれる飲み物ですが、チャイに入れるシナモンには、子宮を収縮させる作用があるため、気をつけてください。
シナモンを使ったケーキやお菓子も控えるようにしましょう。

 

●添加物

合成保存料や着色料などの添加物を摂りすぎると、赤ちゃんがアレルギー疾患を持って生まれてくる可能性が高くなると言われています。

他に注意が必要なのは・・・

・人工甘味料(アステルパーム):流産のリスクが高まる。
・うま味調味料(グルタミン酸ナトリウム):分子が小さいため、赤ちゃんの体にも届いてしまう添加物です。

そのことによって、赤ちゃんの脳や甲状腺に影響を及ぼすおそれがあるのです。

 

●ウナギ、レバー

ウナギやレバーにはビタミンAが豊富に含まれています。
ビタミンAを摂りすぎると、赤ちゃんの形態異常を引き起こすと言われています。
ウナギのかば焼き、レバーの串焼き、ともに週1回までにしましょう。

スポンサーリンク



妊婦さんに積極的に食べてほしいもの

では、積極的に食べた方がいい食材についてお話しましょう。

 

●葉酸

妊娠中に摂りたいのが「葉酸」です。
葉酸が多く含まれているのは緑黄色野菜です。
ほうれん草や、カボチャなどを意識して食べるようにしましょう。
また、枝豆にも葉酸が多く含まれています。
枝豆は、さやごとゆでると葉酸が逃げないので、ゆでておいておやつ代わりに食べるといいですよ。

 

●鉄分を含む食材

妊婦さんの体内の鉄分は、おなかの赤ちゃんにも運ばれるため、妊婦さんは鉄分が不足しがちです。
しっかり摂るようにしましょう。
鉄分が多く含まれているのは、アサリ、納豆、ほうれん草、豆類などです。
また、鉄分の吸収をよくするためにはビタミンCも必要です。
オレンジなどの柑橘類も食べるようにしましょうね。

 

●カルシウムを含む食材

カルシウムは、赤ちゃんの骨や歯を作るためにもとても大事な栄養素です。
乳製品、大豆製品、小魚などを食べましょう。

 

食事はいろんな種類を少量ずつバランスよく食べよう

妊婦さんと赤ちゃんのために、食べた方がいいものはたくさんありますが、そればかり食べるのも栄養が偏るためよくありません。

たくさんの栄養素をバランスよく食べることが大事なのです。

 

主食:ごはんやパンなどの主食でエネルギー源
副菜:野菜を使ったサラダやおひたしなどでビタミンやミネラル
主菜:肉や野菜の主菜でタンパク質
デザート:ヨーグルトやフルーツでカルシウムやビタミン

 

など、食事で栄養素を摂りましょうね。

とはいえ、食事の支度はけっこう大変なことです。

 

そこで、日々の調理が楽になるアイディアをいくつかご紹介します。

まず、葉物の野菜はいっぺんに全部ゆでで小分けをして冷凍をしておきましょう。
そして、ゆでたあとにいろいろな大きさに切ってから冷凍します。

小さく刻んで冷凍すると、そのままお味噌汁などに入れることができます。
おひたしぐらいの大きさに切って冷凍すると、そのままおひたしに、またグラタンにも最適です。

 

カボチャも小さく切ってゆでておくと便利です。
ただ、カボチャは切りにくいですよね。
そんなときは皮がついている状態でラップで包み、電子レンジで加熱するとやわらかくなって切りやすくなりますよ。
カボチャも薄く切ったりゴロゴロに切ったりしてからゆでましょう。

 

玉ねぎやニンジンも、刻んで容器に入れておくといいですよ。
玉ねぎやニンジンは火が通るまで時間がかかります。
切った後にシリコンスチーマーに入れて電子レンジで加熱すると、そのあとの調理が楽になりますよ。

 

ニンジンは、千切りにしてシリコンスチーマーに入れて加熱すると、そのままマヨネーズなどであえて簡単にサラダのできあがり!

 

つわりで食べられるものが限られていることもあるかもしれません。
寒い季節だったら野菜をたくさん使ったスープに、暑い季節だったら少し冷やしたポタージュにすると食べやすいですよ。

 

さいごに

妊娠中は食事の支度もひと苦労ですが、意識していろいろな食材を食べるようにしましょう。
食べやすいように工夫をして、無理せず我慢もせずに食事を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク