ママ一人でもできる!赤ちゃんのお風呂の入れ方と注意点

「今日から赤ちゃんと二人きりのお風呂。」

「どうやって入ったらいいのかな?」

パパさんなど、他に頼れる人がいない場合、ママが赤ちゃんを一人でお風呂に入れるのは大変ですね。

 

ですので、事前に勉強しましょう!

胸を張るほどでもありませんが、一応先輩ママである私が、ポイントやコツ、裏技などを伝授します!

多くのママが二人きりのお風呂を経験しています。大丈夫、出来ますよ!

赤ちゃんをお風呂に入れるための準備や方法は、月齢にあわせてずいぶん異なります。

今回は、沐浴を卒業した直後、生後1~2ヶ月程度の赤ちゃんと二人だけで入浴する場合に焦点を当てますね。

 

スポンサーリンク



赤ちゃんをお風呂に入れる前の準備・注意するポイント

赤ちゃんをお風呂に入れる際の基本は「お風呂に入る前に、出てからの全てを準備しておくこと」です。

 

○準備するもの

・赤ちゃんの着替え、オムツ
・タオル、バスタオル:赤ちゃん用、ママ用
・ガーゼや沐浴布、ベビーソープ
・保湿用クリーム、ケア用品
・ママの着替え、下着
・おしりふき(念のため)
・バスチェア(あれば)
・バウンサー(あれば)

 

○注意するポイント

・浴室の中を温めておきます。特に冬場は、風邪を引きやすいので気をつけてください。

・お湯は37~39度、大人では少しぬるく感じるくらいにします。

・ママが体を洗う間、バウンサーに座っていてもらうのがいいですが、なくても何とかなります。

・お風呂の時間帯は夜がいいと思いますが、冬場は比較的暖かい昼でもいいでしょう。毎日大きく異なる時間帯に入れるのは、赤ちゃんのリズムがずれることになるので避けたほうがいいです。

・生後半年程度までは乳児湿疹が気になる赤ちゃんもいると思います。シャワーで済ますのではなく、湯船につかるようにしましょう。

スポンサーリンク



ママ一人で赤ちゃんをお風呂に入れるときの流れ

では、実際にお風呂に入るときの流れを紹介します。
簡単に書くと、『ママが先に洗う、赤ちゃんを後で洗う、赤ちゃんを拭く、自分も拭く』です。
コツは、とにかく手早く!

 

1) 入浴前準備をします

上記のように、浴室や部屋の温度を調整して、着替えやタオルなどを用意します。
お風呂にお湯をためておきます。

赤ちゃんは、服を脱いでオムツだけの状態にして、脱衣所で待機してもらいます。
冬場は服を着せたままでもいいですし、バスタオルにくるんでも大丈夫。

バウンサーに座らせるか、クッションの上にバスタオルを敷いたところに寝かしておくか、などにします。

ちなみに我が家は、濡らしてもいい座布団にバスタオルを敷いて、その上に寝てもらっていました。

 

2) ママが入って、先に体や髪を洗います

ママもすばやく裸になって、先にお風呂に入ります。
その際は、お互いの顔が見えるように脱衣所との間のドアを開けっ放しにしておきます。あるいは、開けたり閉めたりしながら、様子を確認します。

赤ちゃんに適した室温や水温であるかどうか、身をもって確認します。
体や髪の毛を洗ってから、髪の毛はまとめておきます。

赤ちゃんを待たせているので、ちゃちゃっと素早く済ますことが重要です。

 

3) 赤ちゃんを浴室に入れて、洗います

赤ちゃんを浴室に入れます。
首が座る前だし不安定で大変だとは思いますが、沐浴と似た要領で体を洗います。
太ももの上に赤ちゃんを抱っこしながら、洗っていきます。

ママ自身が椅子ではなくマットのほうが安定する、という場合もあるようなので、自分に合った方法を探してみてくださいね。

もしくは、新生児から使えるバスチェアに座らせて洗いますが、その場合はお尻や背中も洗い忘れないように。

顔・頭・体の順に洗います。
首の後ろや脇の下、股などを丁寧に洗うのは、沐浴のころと同じです。
泡で出るタイプのベビーソープは、沐浴卒業後も大活躍ですよ。

 

4) 一緒に湯船につかります

赤ちゃんを抱っこして、湯船につかります。
長湯をするとのぼせてしまうので、10分程度にします。

びっくりして泣き出してしまう赤ちゃんもあるかもしれませんが、沐浴布を掛けたり、声を掛けながら入ると、赤ちゃんも安心しますね。

くれぐれも、顔にお湯がかかったり、お湯を飲み込んでしまわないように注意してください。

 

5) 赤ちゃんを先に拭いて、服を着せます

自分は頭にタオルを巻く程度にして、赤ちゃんを先に拭きます。
そして、素早くオムツを当てて服を着せます。

自分からは水が滴り落ちない程度にしてから、部屋に戻って、クリームをつけるなどのケアをしましょう。

ママ用のバスローブがあると、大変便利です。検討してもいいですね。

ちなみに私は、大きなラップタオルやパイル地のワンピースなどを羽織っていました。
脱衣所が温かくて広さもあれば、服を着せる前にケアをしても大丈夫です。

 

6) ママも着替えます

赤ちゃんのお着替えまで終わったら、やっと自分の番です。
体をきちんと拭いて、身だしなみを整えます。

ママの方が風邪をひいちゃった、ということがないように、くれぐれも注意してください。

 

7) 赤ちゃんによっては、授乳タイムにします

授乳のタイミングと入浴のタイミングを、どのように考えるかで変わりますが、我が家はお風呂上りが授乳タイムでした。

 

うちの娘たちが夏生まれだから出来た技だと思いますが、私はラップタオルのままおっぱいをあげていました。

授乳タイムとは別で、入浴だけのタイミングの場合は、特に何も飲ませなくても大丈夫のようです。

下手に授乳をすると、授乳のタイミングがずれてしまう可能性もあります。

 

 

以上が、一人で赤ちゃんをお風呂に入れる流れです。
が、この通りでなければならないことはありません。
大切なのは、ママと赤ちゃん、どちらも気持ちのいいバスタイムを過ごすことです!

 

ここで、裏技というか、こういう方法もあるという点を紹介します。

・裏技その1、ベビーバスを活用する
我が家の長女は、生後半年近くまでベビーバスに入れていました。
一人で赤ちゃんをお風呂に入れるより、正直、楽です。

・裏技その2、ママは2回お風呂に入る
時間と体力があれば、1回は赤ちゃんを入れることに集中して、もう1回は自分のために、と1日2回入るのも、ありです。

・裏技その3、顔だけ先に洗っておく
赤ちゃんの入浴時間を少しでも短くするために、お風呂に入る前に顔だけ洗っておく、という方法もあります。
要は、赤ちゃんをお風呂に入れるコツは出来る限りコンパクト、ということです。

 

時間があるときはパパにも赤ちゃんをお風呂に入れてもらおう

パパのお仕事がお休みの日など時間があるときは、是非パパにもお風呂に入れて貰いましょう。
2人で協力してお風呂に入れられれば、ずいぶん楽です。

 

その際の手順としては、ママは脱衣所で待機→洗った赤ちゃんを受け取ってケアに集中する、となります。
パパ自身が体を洗うのは、赤ちゃんをママに渡した後でも大丈夫。
先に打ち合わせをしてから、段取りよく進めましょう。

 

逆に、パパが待機してくれる役なら、ママが赤ちゃんと一緒の時よりもゆったりと湯船に浸かることも出来ますよ。

 

まとめ

赤ちゃんを一人でお風呂に入る方法は、

1、 前準備はぬかりなく
2、 ママが洗ってから赤ちゃんを洗う、赤ちゃんをケアしてからママのこと
3、 裏技も検討
4、 パパがいるときは2人で協力して

となります。

 

子育ての最初はお風呂のことだけでなく、困ること、戸惑うこと、悩むことも多いと思います。

いろんな先輩ママさんの体験談ブログなどを読むのも役に立つと思いますよ。

バスタイムは、肌と肌が直接触れ合う最高のスキンシップタイムです。

お互いがリラックス出来て、楽しい時間になるといいですね。
頑張ってくださいね!

スポンサーリンク