これって病気!?赤ちゃんが緑のうんちで下痢が続くときはどうすればいい?

「赤ちゃんのうんちって何色が普通なの?」

はじめて出産したお母さんは疑問に思う人も多いはず!

 

私は長男を産んで、産院ではじめてのオムツ替えのとき衝撃を受けたのを今でも鮮明に覚えています!

「この色…何?だ…大丈夫なの⁉助産師さ〜ん!!」びっくりしてしまいすぐ助けを呼びました。笑

産まれてからはじめてするうんちは胎便といって、ほぼ黒色に近い深緑色をしています。

 

お腹の中にまだ赤ちゃんがいた時に、自分が何か悪いものを食べてしまったから変な色になったのか?なんて最初自分を責めたりしましたが。笑

胎内や出生時に飲み込んだ羊水や栄養分のカスが、このような色のうんちになってでてくるのです!

 

その後2、3日してくると黄色、淡い茶色、明るい緑色のうんちをするようになり、色は一定ではありませんがこれらの色は安心できる色のうんちなのです!

赤ちゃんの消化器科がまだ未熟なことと、腸内にとどまっている時間で変化するためにいろいろな色のうんちが出るので心配しないでくださいね!

 

うんちの状態や回数は、赤ちゃんによって違いますが生後3ヶ月くらいまでは下痢と間違えてしまうような水っぽいうんちが一日に何回も出るのが普通です。

母乳で育つ赤ちゃんのほうが、腸内で消化しやすいため黄色っぽく軟らかめで回数も多いうんちが出る傾向にあり、ミルクで育つ赤ちゃんは母乳の赤ちゃんに比べやや硬めのうんちで黄土色といった違いもあります。

 

スポンサーリンク



赤ちゃんの下痢は見極めが難しい

生まれてからまだ月齢が低い赤ちゃんのうんちは、下痢のようなうんちでお世話をするお母さんは本当に大丈夫なのか不安になってしまいますが、離乳食に移行すると少しずつ固まった大人のうんちにかわっていきます。

赤ちゃんのうんちは発達段階や食べたもの、時間によって色や形が大きく違ったりします。

 

「このうんち、大丈夫かしら?」と思っても1回だけで見極めは難しいですよね。

お子さんの元気なときのうんちの状態をよく知っておき、不安になったら回数や色、形、赤ちゃんの様子を観察することが大事です!

 

特に気をつけてみてほしいことは、普段より水っぽいうんちが何回も出てオムツからはみ出してしまう!という場合です。

下痢と判断して、シャワーや座浴で洗い清潔にしてあげてください!

 

またお母さん自身も、下痢のうんちには細菌やウイルスが含まれている可能性があるので必ず手を洗うことを忘れずに!!!

スポンサーリンク



緑のうんちは病気じゃない!黄色や白のときもある

言葉がまだ話せないあかちゃんにとって、うんちの色やにおいは健康かどうかを知らせてくれるサインになります!

うんちの色も食べたものによって変化します。

 

~母乳やミルクを飲む赤ちゃん~
白いプツプツっとしたものがまじっていることがありますが、脂肪分やカルシウムが消化されずにでてきたものです。

~緑色のうんち~
ビリルビンという分解代謝物が酸化したため緑色に変化したものです。

上記のうんちは問題ありません!!!

 

心配なうんちは・・・

~白っぽい色のうんち(クリーム色、うすい黄色)~
☆胆汁が通る管がふさがってしまう「胆道閉鎖症」の病気や肝臓の炎症の疑いがあります。この場合皮膚や目が黄色や黄緑色になることがあります。

☆白っぽい下痢と嘔吐もあった場合は急性胃腸炎の疑いがあります。脱水症状になりやすいため、飲めるようなら白湯や麦茶をあげてください!

 

~黒いうんち(赤黒い色、黒っぽい色)~
生後から時間がたっているのに黒いうんちが出た場合は、胃腸などの消化管付近から出血し、うんちが出るまでの間に血液が酸化し黒くなっている可能性があります!

 

~赤いうんち(鮮血、ドロッとしたイチゴジャム状)~
☆うんちに大量の血がまじっているときは、消化管から出血している、細菌性腸炎などの可能性があります!または、肛門がきれてしまっていることも!

 

☆ドロッとしたイチゴジャム状のうんちが出たときは腸重積(小腸が大腸の中に入り込んでしまっている)という病気に見られる特徴的なうんちです!

お腹の痛みや嘔吐を伴うことがあります!火が付いたように泣いたり、嘔吐などの症状が10分~30分おきに繰り返すようなら、迷わず病院にいきましょう。

 

☆下痢症状がある0ヶ月~2歳のかかりやすい病気リスト☆
尿路感染症
発熱、下痢、嘔吐、においのきつい尿、頻尿などの症状がでる。風邪のような症状はないのに38℃以上の熱が出たときに疑われる。

 

ロタウイルス胃腸炎
白く、酸っぱいにおいがする下痢が続き、嘔吐を伴います。重度の脱水症状になるほかけいれんや脳症の併発も!

 

食物アレルギー
食物に含まれるタンパク質などが原因でじんましんや湿疹、嘔吐、下痢、呼吸困難などの症状がでる。

 

ウイルス性胃腸炎
酸っぱいにおいのうんちが1日に何度も出ることも!嘔吐、下痢、発熱による脱水症状に注意!

 

インフルエンザ
38℃以上の高熱、体の痛みや下痢、嘔吐をする。

 

下痢が続く赤ちゃんを病院に連れて行くときの注意点

病院に連れて行くときは、

① うんちの回数と色やにおい
② 母乳またはミルク、離乳食など食欲はあるか
③ 赤ちゃんのご機嫌はどうか

をチェックしてからです!

なんかいつもと違う!

と思ったら小児科の先生に診てもらうために、もれないようにビニール袋に入れて持参しましょう。

病院により、感染症の疑いがあるため持参したうんちは見ない!

なんていうお医者さんもいるので、受診する前に持参していいか確認していくのが良いですよ!(その場合は写真を撮っておきましょう)

スポンサーリンク