ママ友の作り方をご紹介!人見知りのママさんでも大丈夫!

初めての我が子。子育て経験ゼロで、どうしたら一番ベストなのかかわらないことがあったりで、誰か子育ての先輩に相談したり、子育てになんだか疲れてしまった時には育児ばかりではなく楽しい話や、同じくらいの月齢のお母さんと情報交換などしたくなるものです。

 

私の場合ですが、育児の時に悩み事があっても頼れる先輩である母は病床中で話が出来ず、住んでいる地域が地元であってもまわりの友人は独身でバリバリ仕事をしている友達ばかりで、育児の悩みを分かり合える人は周りにいませんでした。

 

成長していく子どものためにも、今の自分のためにも、ママ友を作りたいと思い勇気を出して子育て支援センターに足を運んでみましたが、どうやってママ友を作ったらいいのか若干人見知りの私はとても悩みました。

 

前々から通っているママさんたちはすでにママ友グループができているし、そんな場所に初めて足を運んだわけですから緊張しかなく、話はするけど話が弾むというわけではなく、毎度行くたびに撃沈していました。

 

そんな私でも今では数人、会えば色々話ができるママ友が出来ました!

ママ友作りで苦戦した私だからこそ、どのようにママ友作りをしたら良いか。

話し方のポイントなどを紹介していきますので参考にしてみてください!

スポンサーリンク



価値観の合うママさんの見極め方

子どもを連れて遊びに行く目的も含めて、同じ月齢・年齢の子育てをしているお母さんと仲良くなれたらと思うママは多いと思います。

 

将来的に子どもが小学生、中学生になった時に同じ地域•同じ学区に同い年の子どもさんやお母さんがいると分かると心強いし、仲良くなれば尚更悩み事など共有でき仲良くなれば一緒に遊ぶなど出来ますよね。

 

子どもの月齢がまだ低い、幼稚園入園前ならば

「子育て支援センター」
「児童館」
「公園」

 

幼稚園入園後なら

「同じクラス」
「同じバス」
「徒歩通園」の時。

またイベントがある時などにママ友を作る機会があるとおもいます。

 

ママ友を作るにあたり、注意してもらいたいことは、やみくもにママ友付き合いを始めるのはやめましょう!

慎重に自分という存在のポジションを見つけることが大事です。

私のようにやみくもになってしまうと、結局撃沈する結果になってしまいます。

 

では、自分に合う価値観の合うママさんはどのように見つけたら良いかというと、とても簡単なことで、第一印象で気になるはずです。

自分から見て、目を惹くママさんは服装や持ち物、表情や話し方、口調などで「あ、このママさんとなら仲良くなれるかも!私と空気感が似てる!」とピンとくるはずです。

 

まずは自分と合いそうな人を探してみてください。

ママ友との共通点は子どもや子どもの年齢だけです。

学生時代や会社勤めをしていた時に出会った友人とはまた別の付き合い方で、子どもを通してママ友との価値観が合う人となら無理なく付き合うことができますよ!

スポンサーリンク



ママさんへの話しかけ方

人見知りで自分から声をかけることが苦手だと悩んでいるママさんは、意外と多いようで、タイミングやどんな話をしたら良いかとつい考えてしまうようです。

学生時代でも初めて会った子と和気あいあいとはできないですよね・・・。

 

今回は子ども中心ですし、それなりに緊張してしまうのは当然のことだと思います。

ですが、ママ友を作りたいのであれば自分から話しかける勇気や、親しくなれる工夫をしなければなりません。

 

子育て支援センターや児童館などに何度か通うようになると、その場の雰囲気にも徐々に慣れてきて、どんなタイプの方がいるかわかってきますよね。

 

先程お話した価値観の合いそうな人を見つけたら、話しかけられるのを待っているのではなく少しずつでもいいので、タイミングをみて自分の方から話しかけてみましょう。

どんな話をしたら良いか…ということですが、先程もお話した通り他のママとの共通点は、子どもに関してです。

 

子どもの月齢が同じくらいであれば、

「何ヶ月ですか?」

 

もしくは

「何歳ですか?」

と聞いてみましょう。

 

もし同じ年齢であれば、

「うちと同じです!何月生まれ何ですか?」などどんどん話のタネが膨らんでいくはずです。

 

住んでいるところが意外と近かったり、産院が同じだった!なんてこともあったりします。

共通点を上手く使い、話をするキッカケの一つにしてみるといいですよ!

 

もし、共通点が見つからなかった場合は、無理に話をしなくても良いです。

まずは「こんにちは」「さようなら」を笑顔で挨拶することから始めましょう。

 

挨拶をしないと存在感もなく、常識がない人だと思われてしまいます。

笑顔で挨拶をしてもらって、嫌な気持ちになることはまずありません!

 

相手の目を見て自然な笑顔で挨拶をすれば、相手のママさんは、あなたに対して気持ちの良い印象を持ってくれます。

何度か挨拶をかわしていくうちに、自然と会話をしているなんてこともありますよ!

同じ空間の中で子ども同士一緒に遊ぶなんてことがあったり、少しでも我が子に対して相手をしてくれたことがあれば、キチンとお礼をしてくださいね。

 

「いつも遊んでくれてありがとうございます」や、「おもちゃ、貸していただいてありがとうございます」など、小さいことでも、「ありがとう」の一言は言われた側も言った側も気持ちが良いですし、相手のママさんに好印象を残すことができます。

話が続く会話術

相手のママさんとの共通点が色々あると、なんだか自分も相手も嬉しい気持ちになるものです。

そんな共通点をきっかけに子育てについての悩みなど会話を膨らませることができますが、どう話に工夫をしたら話が続くのでしょうか。

 

せっかく相手のママさんと話せた•話しかけられたのに、途中で話が止まってしまったら悲しいですよね…。

話すことが苦手で、話が弾んだのに途中から何を話したらいいか思いつかなくなってしまうママさんは、事前に自分から話せそうな話題や言葉を考えおくと、いざというときにスムーズに色んな話題を出すことができますよ!

 

例えば、

「〇〇ちゃんは夜何時ごろ寝かせてますか?」や、
「なかなか離乳食を食べてくれなくて…〇〇くんには食べてくれますか?工夫とかしてますか?」とか

 

オシャレなママさんだったら、

「子供服はどこで買ってるんですか?すごい可愛いくて気になっちゃいました!」

など自分が子どものお世話をしている中で気になっていること、困っていること、知りたいことについての質問を考えておき、他のお母さんたちはどうしているのか聞く準備をしておきましょう!

 

そうすると、ママ友との会話も弾むし自分の悩んでいる事柄や、相手のママさんの悩みなどを聞くこともできたりして、お互いに良い関係を築くことができます!

 

どんな話をしようかイメージするかしないかで、いざ話をしようとした時にイメージしておいた方がスムーズに話ができまし、緊張してしまう性格ならば、なおさらイメトレしたほうが自分の言葉を見つける良い機会に繋がります。

 

話が盛り上がってくると、相手のママさんが悩んでいる事柄も話をしてくると思います。

そんなときに一言だけで短く答えてしまうだけだと、相手のママさんも本心では「それだけ?」と思ってしまい、その後の返答に困ってしまい、「へ〜、そうなんですね〜…。」みたいな感じで会話が続かなくなってしまうこともあります。

自信をもって今自分が分かる範囲のことや相手のママさんの気持ちになって話すようにしましょう!

 

話の話題が子どもだけではなく、

例えば

「ご自身の自宅近くに新しいお店ができた」
「近々イベント(例えばハロウィンやマルシェ)がある」

 

入園前のお子さんの育児をしているママだったら

「近隣幼稚園情報の交換」

など積極的に話しをすると、幅広く情報交換できるし、話の幅が広がって良いママ友関係に発展していきますよ!

 

是非勇気をだしてママさんに話しかけてみてください!

きっと相手のママさんも同じように仲良しのママさんを探しているはずです!

スポンサーリンク