専業主婦ってどんなストレスを抱えている?先輩ママに聞いてみた!

現在専業主婦の方。

「いいな〜、私も専業主婦になりたい!」

「毎日何してるの?」など専業主婦という仕事を羨ましがられたことはありませんか?

 

私は大学卒業後、夢であった職業に就くことができバリバリ働いていましたが、結婚、そして出産を経験し、その後専業主婦になりました。

これまで無我夢中に走っていた仕事から一転、子供を抱え自宅で専業主婦。

 

心に何か「ポカーン」と空いてしまったのがわかりました。

私は仲良しの先輩ママに自分の思いを話したのですが、先輩ママから言われたのは「専業主婦は暇だ!なんて言われるけど、365日家族のために働いているのよ!

病気になれば会社は休めるけど、主婦は休めないの。

こんなに大変な仕事は他にはないのだから、胸を張りなさい‼」と喝を入れられたことがありました。

 

今現在ストレスを抱えているあなた!

同じ専業主婦がどんなストレスを感じているのか気になりませんか?

専業主婦の色々な不満をまとめてみました‼

スポンサーリンク



専業主婦のストレスその1 お金の心配をしてしまう

毎月かかる保険料や光熱費、子どもの習い事に…と毎月の出費が多く旦那さんが一生懸命働いた給料だけで生活していくとなると、いつもギリギリの生活で大変。

 

「このままやっていけるのかしら…。」

と家計簿をつけていると毎回不安になってしまいます。

化粧品や洋服、美容院などのオシャレなど、私がセーブすれば…。

とグッと我慢して家計を回さなければいけないと思うことも多々あります。

「3万でも5万でもあったら生活が楽になるのにな。

今月も 切り詰めてやり繰りするしかないか…。」と、我慢に我慢を重ねてしまうのです。

 

また、子育てをしている家庭では今後必要になってくる子どもの養育費や、毎月の習い事の月謝。

ざっくり将来かかるであろう金額を計算すると青ざめてしまうような金額に…。

少しでも毎月貯金をして将来のために備えなければ!と思ってもやはりなかなかうまくいかないことも。

 

もし旦那さんが急に病気や大きな事故に巻きこまれて、私1人で子どもを育てていかなければいけなくなったら…と、やはり専業主婦は今現在の不安も将来的な不安も交えて考えてしまいお金のストレスが付きまとってきます。

だったら仕事すればいいじゃん!そう考えても、外に働きに出ることは難しいことが。

 

例えば

「子どもが幼稚園を卒園するまでは働きに出れない」や、

「親の介護をしている」など外で仕事ができない家庭の事情雅あったりするんですよね。

専業主婦のストレスその2休みがない・いつ休んでいいか分からない

専業主婦は365日24時間勤務休みなしと言って良いくらい大変な仕事!

日常生活全てが自分に与えられている仕事なので、休むという状態がないのです。

そうは言ってもなかなか分かってくれないのが現状。

 

帰る家があって、そこは掃除が行き届いていたり洗濯物がちゃんと畳まれてあったり手作りの料理があったりする毎日同じことの繰り返しをずっと続けている、それを維持するということはどれだけ大変なことか、分かって欲しいと考えてしまいます。

 

子育て中の専業主婦は、毎日維持しなければならない家事に加え子どもの面倒をみなければなりません。

子どもの食事、着替え、お風呂、寝かしつけなど目まぐるしすぎて「1日ってこんなに早かったっけ?」と思ってしまうほどあっとゆうまに過ぎてしまいます。

 

子どもがギャンギャン泣いてしまって家事を中断したり、遊びに連れて行った公園からなかなか帰れなかったり、夜なかなか寝てくれない…などその日その日で状況は全く違います。

 

子どもが寝静まった後、やり残した家事を疲れきった体にムチをうってやらなければいけないんです。

体調が悪くても、いくら疲れていても専業主婦は休めません。

 

自分のことは常に後回しで家族が仕事や学校が休みの日でも朝から起きてせっせと洗濯をしたり朝食の準備をしたりで、休みなしで働くことを求められます。

特に子育て中の専業主婦の方からは、こんな意見もあります。

外で仕事はしてなくても24時間子どもの相手するのは本当に神経を使う。

外で何か危ないものが落ちていて触ろうとしたり、家の中でも危険がいっぱい!何かの拍子に怪我をする可能性だってあるし、子どもは大人が考えもしない行動をするから、ちゃんと見ていないと死んでしまうことだってあるかもしれない。

ちゃんと見ていないと急に具合が悪くなったときに対処できない!毎日が緊張。

そんな生活だから自分の時間なんて全くないし、子どもがイヤイヤ期の時は何もかもがうまく進まない。

だけど家事に休みはない!

専業主婦は好きな時間にお昼寝が出来るし、好きな時に食事できて羨ましいなんて言われますが、毎回毎回お金をかけた食事なんかできません!

晩御飯の残り物などを食べたり、お金をかけないように工夫しているんです!

子どものお昼寝の時に寝かしつける時一緒に横になりますが、寝たらチャンスとばかりに家事をやりますよね。昼寝をしてしまう時なんて、ガソリン切れの時くらいなのです。

これでは休みがないし、いつ休んでいいのか分からなくなってしまいます!

専業主婦のストレスその3旦那が帰ってこない・手伝わない

怒涛の1日。子どもも寝てくれて家事もやっともうすぐ終わりそうだけど、旦那が帰ってこない…。

専業主婦あるあるだと思います。

 

夕飯は食べるのか食べないのかも不明…。

食べると思って作っておいたのに「今日は飯いいや!」なんて後から言われたら、「せっかく夕飯作ったのに!私の貴重な時間返せ~‼」なんて思ってしまいます。

 

逆に「遅くなるから今日は家で夕飯食べないよ」 と言って会社に行ったのに、夜になって「やっぱり作って。」なんて言われて慌てて作らなければいけない…なんてこともあったり。

 

外で仕事をしている旦那さんに対してはとても感謝しているけれど、なかなか帰ってこないと「何かあったのではないか。」「事故?」「終電乗り遅れた?」「まさかどこかで呑み潰れているんじゃ?」など心配になってしまって、なかなか寝付けないですよね。

 

結局帰ってくるまで起きて待っていて寝不足になってしまうことも多々あります。

 

休日にいたっては、「俺仕事今日休みだから…」と、特に何も手伝わずテレビゲームをしていたり、「出かけてくるわ」と、友達と遊びに行ってしまったり。

 

「専業主婦は365日24時間休みなしなんだよ!」と文句を言いたくなってしまいます。休みの日だからこそ、ほんの少しでも手伝って欲しい。

これが本音ですよね!

 

「名もなき家事」と言う言葉を知っていますか?毎日行う洗濯、掃除、料理以外のことを表した言葉なんですが、家事全般をやっていないと分からない家事のことなんです。

・ゴミを分別する•捨てる
・ティッシュボックスの補充
・トイレットペーパーの交換•補充
・手洗い場のタオルの取り替え
・ベットや布団を整える•しまう
・アイロンがけをする
・洗った皿を片付ける
・使った皿やグラスを片付ける
・食卓を拭く
・靴を洗う•磨く
・玄関の靴を揃える
・子どもの学校などの準備

まだまだたくさんありますが、旦那さん手伝ってくれますか?

 

気づいて率先してやってくれますか?

毎日やらなければいけない家事に加え、こういった細かな「名もなき家事」がたくさんあるんですよね。

全て専業主婦である、あなた自身がこれを行なっていたとしたら毎日お疲れ様ですと声をかけたいです。

 

因みに私は例にあげた項目だと、全て私がやっていました。笑

自分自身にお疲れ様ですね。笑

〜まとめ〜

まだまだ専業主婦の不満はたくさんありますが、ストレスの要因3項目をあげてみました。

専業主婦はストレスを知らない間に抱え込んでしまいがちです。

やらなきゃいけないことは山ほどありますが、ちょっとしたブレイクタイムをはさませながらやりましょう。

 

そして、旦那さんにも少しずつ週末だけでもいいので、手伝ってもらうようにしましょう!

休めるときに休まないと、家の中もスムーズに進まなくなってしまいます!

スポンサーリンク