子供が使う牛乳パックで作る踏み台!!どうやって作るの!?

子供が小さいときは、家じゅうのあちこちで椅子や踏み台が必要になります。
トイレに座るとき、洗面所で歯磨きをするとき、棚のなかのものを取りたいとき…。
折りたたんで運べる踏み台や椅子もありますが、実際こまめに持ち運ぶことはあまりありません。
かといって、それぞれの場所用に踏み台をたくさん買うのももったいないですよね。
そんなとき、私の母の友達が牛乳パックで踏み台を作ってプレゼントしてくれました。
これが丈夫で、我が家ではとても重宝したんですよ。
そこで、牛乳パックを使った踏み台の作り方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



牛乳パックの踏み台の簡単で丈夫な作り方とは!?

私も実際に牛乳パックで踏み台を作ってみたのですが、とても簡単でしたよ。

パックさえあれば大きさも形も自由にできますので、いくつかご紹介したいと思います。

まずは材料をそろえましょう。
必要なのは1リットルの牛乳パックたくさん、新聞紙、ガムテープです。

牛乳パックは中を洗って乾かしておきます。
踏み台の形によってパックの形も変わりますので、パックは飲み口の部分だけを開いてあとは開かずに乾かします。

使わなくなった踏み台を解体してパックをリサイクルに出そうと思っている場合は、ガムテープではなく養生テープを使うといいですよ。
養生テープはしっかりくっつくけど、きれいにはがすことができるので、踏み台を解体するときに簡単にはがせてテープのベタベタも残りません。
なので、そのままスーパーのリサイクルボックスに入れることができますよ。

では、牛乳パックがたくさんそろったら実際に踏み台を作ってみましょう。

●階段式の踏み台
参考画像:http://blog.livedoor.jp/qgo18076/archives/55510355.html
高い踏み台にのぼりにくい場合、階段状になっていると上までのぼることができます。
子供が小さいときには安全でちょうどいい踏み台ですよ。

★作り方
①牛乳パックは開かずそのまま使います。
②牛乳パックの中に新聞紙をぎゅうぎゅうに詰めます。
③パックにふたをしてテープでとめます。
これで長方形のブロックができます。

このブロックを好きな形に組み合わせてテープでとめたらできあがりです。

●六角形の踏み台
参考画像:http://chikuchikuhappy.seesaa.net/article/70155326.html
高さがあるので子供だけじゃなくて大人にもちょうどいいですよ。

★作り方
①牛乳パックを開きます。
切り方参照:http://www.meg-snow.com/fun/make/craft/craft05.html
②三角形の柱のような形に組み立ててテープでとめます。
③中に新聞紙をぎゅうぎゅうに詰めます。

これを組み合わせると六角形の踏み台ができあがります。

牛乳パックに新聞紙を詰めるので、少し重いですが強度は抜群です。
大人が乗っても大丈夫ですよ。

スポンサーリンク



牛乳パックの踏み台を可愛くアレンジしてみよう!!

牛乳パックを組み合わせてできた踏み台のまわりに布を貼ると、かわいくなりますよ。
取り外せるようなカバーを作ると、汚れたときに洗うこともできるし何枚か作ると気分によって付け替えることができます。

天板の部分に綿を入れてから布を貼るとクッションがきいてふかふかになります。
子供の好きなキャラクターの布を貼ったりアップリケをつけたりすると子供も大喜び!

布を使うのがハードル高いようだったら、紙を貼ってもいいですね。

まわりを可愛くデコったら、サイドにひもをつけると持ち運ぶときにいいですよ。

また、1リットルのパックだけじゃなくて500ミリリットルのパックは椅子の飾りつけになるし、小さな踏み台を作ることもできます。

牛乳パックの踏み台は子供の椅子にも使える!?

牛乳パックに新聞紙を詰めたブロックを作ったあとは、組み合わせ次第でいろんな形にすることができます。

階段状の踏み台の上の段と下の段の数や組み合わせを変えるとソファーのような背もたれ付きの椅子を作ることができますよ。
大人の椅子みたいに肘掛けをつけてもいいですね。

四角いブロック状にした牛乳パックを横にして積んでテープでとめると、大人用の正座椅子を作ることもできます。

また、六角形の踏み台も椅子としても使えます。
大人が使っても大丈夫なので、玄関に置いて靴をはくときに使ってもいいですね。

さいごに

毎日牛乳を飲むとたくさんたまっていく牛乳パック。
しっかりした材質でできているので、牛乳パックを使って作る踏み台は本当に丈夫なんですよ。
子供のときしか使わない踏み台にぴったりです。
使わなくなったら解体することもできますし、かわいくアレンジすればお気に入りの家具として長く使うこともできます。
楽しく簡単に作ることができるので、子供といっしょに作るのも楽しいですよ。
たくさん作ると家じゅうのあちこちに置くこともできて便利です。
作ること自体楽しいので、ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク