幼稚園のバザーにおすすめの手作り商品!男の子向けの商品の作り方を教えます!

バザーで手作りの商品を作りたいけど、忙しくてなかなか時間がとれない!

そこで、簡単に作れて男の子が大喜びする商品のアイディアをいくつかご紹介しましょう!

 

 

スポンサーリンク



今度の催しで男の子向けのグッズを販売したいなら、簡単に作れるコレがおすすめです!

まずは、難易度の低いグッズから。

 

●アイロンビーズのコマ
ビーズで絵や模様を作ってアイロンの熱で固めるアイロンビーズ。
このアイロンビーズで、丸や六角形などのいろいろな形のモチーフを作ります。

男の子の好きそうなブルーやグリーンを使うといいですね。
そのモチーフの真ん中につまようじをさして固定すると、コマの完成!
つまようじの尖った方を切ってヤスリをかけると安心して遊べますよ。

 

 

●箱で収納ボックス
牛乳パックや段ボールなどで収納ボックスをつくりましょう。
パックの上を切って組み合わせたり、段ボールにヒモの取っ手をつけたり。
箱の表面に紙を貼ってクレヨンなどで色をつけたり、段ボールを車や電車に見立てても楽しいですね。

 

次は、布を使ったグッズです。

まずは、針も糸も使わないグッズをご紹介します。

 

●布のオセロ
大きめのギンガムチェックの布がそのままマス目になるオセロです。
チェックが縦に8マス横にも8マスになるようにして段ボールに貼りつけて盤にします。
オセロのコマはデニム地を丸く切ると、表が濃いブルーで裏が薄いブルーになり、黒と白になりますよ。

 

 

●電車や車のネームタグ
フェルトを使って電車や車のネームタグを作ってみましょう。
前面の窓を大きめにして、そこに名前を書いた紙を入れられるようにします。
幼稚園のバッグや自分のリュックに付けてくれるとうれしいですよね。

 

 

●マスクやきんちゃく袋
幼稚園ではコップ袋や内ズック入れなど、いろんなきんちゃく袋が必要です。
男の子の大好きな車や新幹線の柄の入った布で、幼稚園グッズを作るのもいいですね。
名前が書けるようにお名前テープもつけましょう。

 

 

スポンサーリンク



 

男の子向けにおすすめな商品の作り方とは?商品づくりに使える自宅にあるアイテムはコレ!

グッズを手作りするとき、自宅に置いてあると便利なアイテムがいくつかあります。

 

●ホットボンド
100均でも買えるホットボンド。
布や段ボールをくっつけるのに重宝しますよ。
熱でボンドを溶かしてくっつけるため、子供のそばで使うときには充分注意しましょう。

 

●布、端切れ
手作りをしたときの残り布はとっておきましょう。
グッズと作るだけじゃなくて、作ったグッズを飾り付けるのにも使えますよ。

 

●段ボール、ティッシュの箱、トイレットペーパーの芯、牛乳パック
常にたくさん置いておく必要はありませんが、家に数個あると何かを作るときの材料になりますよ。

 

●どんぐりなどの木の実
どんぐりや松ぼっくりなど、子供が喜んで拾ってくる木の実。
これもグッズを飾り付けたりするのに使えます。
カラースプレーで色を付けると季節のイベントにピッタリのオブジェになります。

 

男の子向けの商品を手作りする際に注意してほしいこと&デザインのポイントについて

男の子向けの商品を作るときには注意したいことがいくつかあります。

 

●キャラクターもの
男の子の大好きなキャラクターのグッズを作るときには注意が必要です。
キャラクターの絵柄の入った布や、雑誌などに載っているキャラクターのイラストを使ってグッズを作ることはできます。

これは、自分の子供のために作って個人的に使うのなら問題はありませんが、これをバザーで販売すると著作権法に引っかかるおそれがあります。
作って売ると園に迷惑がかかることもあるので、キャラクターを使ったグッズは避けた方がいいでしょう。

 

 

●デザイン
男の子向けはやはり色や形でかっこよさを追求しましょう。
紙を使ったグッズを作るときは、金や銀の紙を使うと男の子のテンションが上がりますよ。
デザインをするときは、男の子の好きなものを意識しましょう。

まとめ

手作りのものって取り組む前はちょっと面倒だなぁと思ってしまいますが、作り始めると意外と楽しくて没頭してしまいます。

自分の得意な分野で、取り組みやすいものをぜひ作ってくださいね。
子供が手伝える部分もあると思いますので、子供も巻き込んでいっしょに作りましょう。

子供が気に入って選んでくれたり、その後も使ってくれたりと、やっぱりとてもうれしいものです。

スポンサーリンク