隅田川花火大会‼屋台はどれぐらい出るの⁉出店時間やおすすめグルメは⁉

2018年も隅田川花火大会の開催日が近づいてきました!

東京の夜空に打ち上がる2万発以上の花火があがる光景は壮大で、毎年誰もが感動を味わうことができます。

 

記録に残る中で最も古い隅田川花火大会は、テレビ中継も入るくらいですから、凄く有名な花火大会ですよね。

今年はどんな花火が見れるのか、今から楽しみでしょうがありません!!!

 

隅田川花火大会は2012年からはライトアップされたスカイツリーをバックに一緒に花火を楽しめたり、スカイツリーの中から花火を楽しむこともでき、どこから鑑賞するかで新たな発見もできるのではないでしょうか!

 

毎年95万人もの観覧者でにぎわう隅田川花火。

東京で見れる打ち上げ花火と一緒にいろいろな屋台巡りもできることを知っていますか?

上を見れば綺麗な花火。

手には美味しい食べ物。

中にはインスタ映えする食べ物も⁉

胃も心もホクホクになること間違いなしです!笑

 

今回は、隅田川花火大会の屋台や露店、どんなグルメがあるかなどを紹介していきます!

スポンサーリンク



隅田川花火大会に屋台は出るの⁉出店スポットはどこ⁉

まずは2018年度隅田川花火大会の開催日時などのお知らせです。

◇開催日時

平成30年7月28日(土曜日) 午後7時00分~8時30分

※荒天等の場合は、翌7月29日(日曜日)に順延し、両日とも実施できない場合は中止

 

◇開催場所

第一会場 桜橋下流~言問橋上流

電車の場合は浅草駅、東武浅草駅、押上駅、とうきょうスカイツリー駅などが最寄の駅になります。

第二会場 駒形橋下流~厩橋上流

こちらは浅草駅、浅草橋駅、両国駅、蔵前駅、本所吾妻橋駅などが最寄駅になります。

 

◇打ち上げ数

2万発

第一会場 約9,650発(コンクール玉200発を含む)

第二会場 約10,350発

 

第一会場では、両国花火ゆかりの業者及び国内の代表的な花火大会で優秀な成績を収めた業者計10社による花火コンクールが実施されます!

 

花火大会や夏祭りにかかせないのは、やはり屋台ですよね。

会場に着くやいなや毎回何を食べようか、どのお店が美味しいのか気になってしまい、あれもこれもとついつい財布の紐が緩くなってしまいます。笑

 

では昨年までの屋台を参考にし、屋台の出店場所を教えちゃいます!

・浅草寺 お祭り気分を味わうならここ!屋台の数はここが一番!

・吾妻橋付近 橋の上は一方通行で立ち止まれませんが、色々出てます!

・両国国技館 店の数は少ないが、コンビニやお弁当屋さんもありトイレも便利

・汐入公園 定番の屋台メシや、ちょっと変わった屋台のメニューも楽しめますよ!

・隅田公園 屋台は食べ物が中心!屋台巡りをするならば会場近くの隅田公園がオススメですね!牛嶋神社の周辺に屋台がでていますよ!
第一会場、第二会場の最寄り駅にあげた両国駅、押上駅、蔵前駅、本所吾妻橋駅などにも多く屋台が出ているので、早めに到着して色々な屋台を回ってみるのも楽しいですね!

 

スポンサーリンク



隅田川花火大会の屋台や露店の出店時間は何時ごろから⁉

さて!「隅田川花火大会を見に行く前に腹ごしらえをしたいのだけど、いったい何時からやっているの?」この情報を知らないと折角早く着いたのに食べれない、遊べないなんてことになったら大変ですよね。

 

隅田川花火大会の屋台の営業時間は大体夕方~21時頃までオープンしているのですが、お昼ぐらいから色んな屋台の食べ歩きを楽しみたい!

だけど混雑は避けたい!という方は、屋台やお店の数が多い浅草近辺がおすすめですよ!

 

早い時間に浅草周辺を散策しながら屋台を楽しんで、打ち上げの時間が近付いたらお目当てのスポットに移動する、という流れがベストな動き方だと思います!

 

そして、屋台にこだわるなら第一会場付近よりも、比較的人が少なめな第二会場側のほうがより楽しむことができます!

第一会場のほうが、出店数が多いのですが本当に混みます。汗

 

第二会場周辺にも屋台は出ますし、店頭販売や周囲の飲食店が露店売りをしたりしています。

江戸通り・春日通りは歩行者天国になり、第一会場に比べると歩きやすい!

買い物やトイレも便利です。

花火も屋台もできるだけゆっくり楽しみたいという方にはオススメなので是非第二会場側へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

隅田川花火大会の屋台‼どんなグルメが出るの⁉

これだけ大きな花火大会ですから、屋台の数はとても多く定番の食べ物は全て揃っています!

今まで見たことのない屋台を見ることができたり、インスタ映えにもってこい!のかわった屋台も見つけることができるハズです!

では、オススメしたい隅田川花火大会で出ている食べ物、飲み物を紹介しますね!

 

  • ラーメンバーガー

パンの部分は焼いた麺になっていて、ラーメンの具を固めて挟んだバーガーです!実はこれアメリカでとても人気なんだとか!是非食べて欲しい一品です!

 

  • 串もんじゃ焼

もんじゃ焼ってすくって食べるものですよね?お祭りの時は一味違います。もんじゃが串に刺さっていて、落ちないように揚げているのです!東京の屋台でしか食べられない一品ですよ!

 

  • 大阪焼き

見た目は大判焼き。でも食べたらビックリ!中身がお好み焼き!笑

大阪には存在しないのに名前は大阪焼き!笑(関東地域限定です。)

 

  • 餅ドッグ

チーズを練りこんだ餅でウインナーを巻いた「餅ドッグ」

アツアツなので火傷しないようにフーフーして食べてくださいね!

 

  • 電球ソーダ

去年いろんな花火大会やお祭りで流行った電球ソーダ!

インスタ映えすると、とても話題になりましたよね!

今年はどんな電球ソーダが登場するか期待‼︎

 

 

その他に定番の焼きそば、たこ焼き、イカ焼き、じゃがバター、フランクフルト、わたあめ、かき氷など多数あります。

個人的には浴衣を着て、冷やしきゅうりを持って食べ歩きをしたいです!笑

食べたい屋台があれば花火が始まる前に買っておきましょう‼︎

 

〜隅田川花火大会の屋台まとめ〜

☆隅田川花火大会に出店する屋台の営業時間は大体夕方~21時頃。早いお店ではお昼くらいからオープン!

 

☆会場は第一会場、第二会場があり、混雑を避け屋台も花火も両方楽しみたい人は第二会場へ!(夕方6時頃でもシートをひいて花火鑑賞することができます!)

第一会場は祭りの雰囲気も楽しめ、いろいろな出店をみてみたい!という方にオススメ!ただし、人混み率がすごいので注意してください!

2018年の隅田川花火大会、是非いい思い出にしてくださいね!

スポンサーリンク