隅田川花火大会を見るならやっぱり屋形船!値段はどれくらいするの?

東京の三大花火大会の一つにも数えられている、隅田川の花火大会ですが、会場は二つに分かれており、第一会場では地元の花火業者や国内の競技会で優秀な成績を収めた花火師・花火メーカーによるコンクールが行われ、第二会場ではスターマインを中心とした豪快な花火が打ち上げられます。人では約95万人という大型の花火大会です。

第一・第二会場を合わせて約二万発の花火が東京の空を彩ります。

この隅田川の花火大会は陸上からだけでなく、川から鑑賞できるのも一つの特徴です。
今回は隅田川の花火大会を屋台船から鑑賞してみたいと思い、詳しくリサーチしてみました。

風流な屋台船で優雅に花火鑑賞…憧れですよね。
一生に一度は経験してみたい!今年こそは乗ってみたい!と思っている方は早めの予約をおすすめします。

 

スポンサーリンク



花火大会を屋形船から見るときのお値段相場

花火大会時の屋台船の相場は一人当たり約25000円~35000円で通常時よりお値段は少しお高くなっています。屋台船を運営している船会社は多数あるので、値段も様々です。

この中に乗船代金+食事代+飲み物代(飲み放題)が含まれています。

 

多くの場合が船の上でお食事を楽しみながら、花火を鑑賞する前提となっています。

お値段は高くなっているのは、この日に出航する屋台船がたくさんあり、花火が見やすい場所を確保するため、早めに出航し通常の運航時間よりも長く運行することや、スタッフ増員のためお値段は通常よりも高くなるようです。

高いお値段はしますが、優雅に花火を鑑賞でき、食事を楽しめるのはこの日限りの特別なものになります。

出航が午後4時頃となり、長時間の運航となりますが、花火が始まるまでの時間は、退屈しないよう各種イベントや観光案内などサービスも充実しています。

隅田川と言えば屋形船と言われるように、ベテランの船頭さんが多く、長年の経験から絶景ポイントを案内してくれると評判です。

スポンサーリンク



花火大会を屋形船で見るときの予約方法は?

4月中旬から予約を受け付けているようで、早めの予約が必須となります。
1ヶ月前にはすでに満席となるところも多いようです。予約の方法は直接電話で予約するのが一番早く、確実です。

花火大会に関しての予約は電話予約のところが多いようで、「屋形船東京都協同組合」にて、様々なコースやイベント情報が確認できますので、是非参考にしてみてください。

屋形船は「乗合」と「貸し切り」の予約があり、
「乗合」は少人数からの予約が可能で他のお客様と相乗りで運行されるものです。
「貸し切り」は1艘を貸し切って運行されるものです。

また、予約の際に必要な事は
・隅田川花火大会での利用を伝える
・人数を伝える

この二点を伝えると予約が可能か確認してくれます。
人数によって空きがあるところが異なってきますので、とにかく空きのある船を探してみてください。

予約時に確認しておくことは

・コース内容の確認
コースは決まっているところが多いので、HPがあるところなどは事前に確認しておくとよいでしょう。

・料金の支払い方法
予約金が必要なところもあるので、確認しておきましょう。

・変更等の対応方法
キャンセル料なども含め人数等の変更時の対応も確認しておきましょう。

・雨天中止時や花火中止時の対応

返金等の対応もあるようなので、確認しておきましょう。

天候等の運行状況は当日でも急に変わってきますので、確認をしておくとよいでしょう。

この四点は確認しておくようにしましょう。
その他に、乗船場所や駐車場の有無なども事前に確認できることはしておきましょう。当日は人手が多く、渋滞などもあり得ますので直前でバタバタしないためにも、備えは大事です。

 

満席の時もあきらめない!キャンセルがあるかも

1ヶ月前には予約が埋まってしまう程人気の屋台船ですが、より多くの人が乗船できるように、予約は随時受け付けているようです。

またキャンセル待ちも受け付けている屋台船もあるようですので、一度予約をしてダメでも再度電話するとキャンセルが出て予約が取れた!!なんてこともあるようです。
タイミングによっては随時予約の変動があるようなので、こまめにチェックしてみることをお勧めします。

1件1件電話で確認するのはちょっと…という方にはツアーを組んでいる旅行社もありますので、そちらに問い合わせてみるのも無駄なく、インターネット上でやり取りできるので便利です。

毎年屋形船というわけにはいきませんが、何年かに1度くらいは、場所取りや渋滞、人ごみに翻弄されることなく、優雅に川から花火を鑑賞してみたいものです。
今からでも遅くはありません、この機会にぜひ東京の夜空を彩る花火をベストポジションで鑑賞してみませんか?

きっと忘れられない花火大会になること間違いありません。
是非参考にしていただき、今年は奮発して隅田川の花火大会を屋形船の上から鑑賞してみませんか?

スポンサーリンク