調布花火大会、どこで見る? 事前にしっておきたい場所情報まとめ

10月に開催される調布花火大会。

10月ともなればだいぶ涼しくなり、じっくりと花火を楽しむのにちょうどよい気温になるころですね。

秋の花火をじっくり、ゆったり楽しむには、事前のリサーチは必須です。

 

そこで、調布花火大会を楽しみにしている方のために、イベントの概要をはじめとして、有料席や穴場スポットまで調べてみました!

今から紹介する情報を知っておけば、準備万端で当日が迎えられますよ。

スポンサーリンク



実は2つあるんです 調布花火大会の開催場所

まずは、調布花火大会の概要から。

・名称 映画のまち調布秋花火2018(第36回調布花火)

・開催日時 2018年10月27日 土曜日 ※荒天時は中止
17時~ 開会式
17時30分~18時30分 打ち上げ

・打ち上げ本数 約10,000発

・場所 調布市多摩川の周辺

 

<打ち上げ場所はひとつ>

花火の打ち上げ場所は1か所。
多摩川河川敷にある、二ヶ領上河原堰付近です。

京王多摩川駅から徒歩で約10分の場所になります。

 

<会場が2つ!>

主催者側で用意する会場は、花火の打ち上げ場所を挟んだ2か所にあります。

ひとつは、布田・国領会場。
もうひとつが、京王多摩川会場です。

 

・布田・国領会場

花火の打ち上げ場所を中心として、東側が布田・国領会場となります。

京王線調布駅、国領駅から徒歩で20分ほどの場所です。

 

・京王多摩川会場

布田・国領会場の反対側。
花火の打ち上げ場所を中心として、西側が京王多摩川会場となります。

京王線調布駅から徒歩で約20分ほどです。

スポンサーリンク



ゆったり優雅に調布花火大会を楽しめる場所 有料席ってこんな感じ

ゆったり優雅に観覧するなら、有料席がオススメです。

有料席のチケットは8月ごろに発売予定とのことです。
8月になったら、公式サイトとチェックしてみてくださいね!

公式サイトはこちら。
http://hanabi.csa.gr.jp/premiumseat

 

<有料席は3カ所>

2018年も昨年と同様に開催されるのであれば、有料席は以下の3カ所となります。

・布田会場
・京王多摩川会場
・電通大グランド会場

 

<有料席のメリット>

有料席の第一のメリットは、場所取りの必要がないことでしょう。
また、花火が一番よく見える場所で観覧できるのも大きな利点。

他にも調布花火大会においては、

・有料席専用の出店がある。
・有料席専用の出入口があり、混雑を避けて入退場できる。
・一般席よりも、トイレの数が多い。

などのメリットがあります。

 

<有料席チケットの値段>

調布花火大会の有料席は、種類が多いので、ひとりでも大勢でも、花火がゆったりと楽しめます。

2017年の情報ですが、ご紹介します。

※注意
電通大グランド会場のみ、自由席となっています。
それ以外は、すべて指定席です。

 

〇布田会場 土手上

・「布田テーブルS」… 22,000円 定員4人
→テーブルとひじ掛け付きのチェアが付いている席

・「布田イスS」… 4,000円 定員1人
→パイプイス席

 

〇布田会場 土手下

・「布田テーブル」… 20,000円 定員4人
→テーブルとひじ掛け付きのチェアが付いている席

・「布田ペア」… 8,000円 定員2人
→パイプイス席
となりのペア席との間に、ほどよいゆとりがあります。

・「布田イスA」… 3,000円 定員1人
→パイプイス席

・「布田シート」… 10,000円 定員4人
→ブルーシート(1.8m×1.8m)を広げて観覧できます。

・「布田升」… 45,000円 定員10人
→ブルーシート(5m×4.5m)に座布団、テーブル付きの席。

 

〇京王多摩川会場

・「多摩川イスS」… 3,000円 定員1人
→パイプイス席

・「多摩川イスA」… 2,500円 定員1人
→パイプイス席

・「多摩川ペア」… 7,000円 定員2人
→パイプイス席
となりのペア席との間に、ほどよいゆとりがあります。

・「多摩川升」… 40,000円 定員10人
→ブルーシート(5m×4.5m)に座布団、テーブル付きの席。

 

〇電通大グランド会場
・「映画のまち調布シート」… 2,000円 定員1人
→自由席
観覧後は、映画のまち調布シート(0.9m×0.9m)を持ち帰ることができます。

 

<チケットはどこで購入できる?>

チケットの購入方法は3つ。

・直接、店舗に行って購入する
・インターネットで予約をし、店舗へ行き(後日)受け取る
・電話予約をし、店舗へ行き(後日)受け取る

 

ローソンチケット(ローチケ)であれば、全席の予約が可能。
チケットぴあ、イープラスでも入手可能ですが、全席の予約ができないうえ、発券手数料がかかるようです。

ローソンチケットなら、発券手数料も無料。

有料席チケットを購入するなら、ローソンチケットがオススメです!

 

ベテラン参加者は知っている! 調布花火大会を2倍楽しめる隠れた場所

予算がない、有料席を予約したかったけど取れなかった、そんな場合でもきれいな花火を見られる場所があるんです!

主催者側で用意する自由観覧エリアもありますが、席取りで大変に混雑になります。
なるべくなら、混雑を避けて楽しめる場所がいいですよね。

さほど混雑せずに、ゆったりと花火が見られる場所を紹介します。

 

<調布側スポット>

・イトーヨーカドー国領店

地元住民なら知っている穴場スポット。

屋上駐車場が無料開放されるので、シートを持参すれば座って楽しむことができます。

地元では人気のスポットなので、場所取りは少々お早めに。
打ち上げの30分前までには、確保したいところです。

 

・多摩川五本松公園の周辺

こちらも地元住民なら知っている穴場スポット。

河川敷があり、視界を遮るものがありません。
空いているスポットなので、17時ごろに行っても場所を確保できます。

・上布田公園(調布駅から徒歩で約5分)
・下布田公園(調布駅、布田駅から徒歩で約7分)

打ち上げ場所からは離れますが、見晴らしがよいので、花火が良く見えます。

 

・布田駅前

河川敷ではありませんが、上にあがる花火はしっかりと見えます。
駅前なので、電車にすぐ乗れるのがうれしいですね。

 

<川崎市側スポット>

多摩川をはさんだ向こう側。
川崎市側でも花火が見られます。

オススメスポットは、
・川崎市側の多摩川土手
・稲田公園・稲田少年野球場周辺

打ち上げ場所の対岸になるので、花火はバッチリ見えます。
さほど混雑しないので、場所取りにも困りません。
かなりゆったりと花火が楽しめます。

まとめ

調布花火大会の知っておきたい場所情報

1.調布花火大会の開催場所は2つ。

・布田・国領会場
・京王多摩川会場

 

2.有料席はこんな感じ。

<有料席がある場所>

・布田会場
・京王多摩川会場
・電通大グランド会場

定員1人から10人まで、チケットの価格は2,000円~45,000円。
必要に応じて選べば良いので、ひとりでも大勢でもOK。

チケットの購入は、ローソンチケット(ローチケ)を使うのがオススメ。

 

3.調布花火大会を2倍楽しめる隠れ場所

<調布側>
・イトーヨーカドー国領店
・多摩川五本松公園の周辺
・下布田公園、上布田公園
・布田駅前

<川崎市側>
・川崎市側の多摩川土手
・稲田公園・稲田少年野球場周辺

 

調布花火大会では、花火とともに映画の音楽が流れるのも楽しみのひとつ。

どうしても音楽が聴きたいなら、調布側での観覧、さらには会場の近くがオススメです。

そうなると、やはり有料席を確保するのが一番いい方法かと思います。

音楽が聞こえなくても問題ないのであれば、混雑を避けて見られる場所もいいですね。

自分に合った場所を選んで、素敵な秋の時間をお過ごしください!

スポンサーリンク