バーベキューの服装どうする?おしゃれ女子コーデはコレだ!

野外でみんなで楽しくバーベキュー!
そんなときにピンヒールで参加する子がいたら、ちょっと引いちゃいます。
かといって、動きやすくて汚れてもいいようにジャージで行くのもちょっとつまらないですよね。
そこで、かわいくてバーベキューにぴったりの服装をいくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



バーベキューに適した服装ってどんなの?

私が二十歳ぐらいだった頃によく行っていたバーベキュー場には、広い広い芝生と小さな公園がありました。

お酒を飲んだ後にブランコに乗ってぐわんぐわんに酔いが回ったり、芝生に寝ころんでたくさんしゃべったり、段ボールに座って芝生の坂をすべりおりたり。
まるで小学生のように思いっきり遊んだのです。

今はさすがにそこまで動き回りませんが、普通のバーベキューでもけっこう動きます。
なので、この服は失敗だったなと思うこともあります。
そんな経験も踏まえて、バーベキューにぴったりの服装についてお話ししますね。

きっと、遊びまわるバーベキューでも、今話題のグランピングでも、当てはまるんじゃないかと思っています。

まず、「かわいいけど選ばない方がいい」アイテムから。

●ミニスカート

座ったときにパンツが見えそうなぐらい短いスカートだと、みんな困っちゃいます。
食べたあとにけっこうアクティブに遊ぶことも多いですから、ミニスカートだと思いっきり遊べません。

●ガウチョパンツ、ワイドパンツ

バーベキュー場のトイレがあまりきれいじゃない場合、すそが下につくとちょっとイヤですよね。
すそが広がっていたり、ふわふわしているタイプのパンツは念のため避けましょう。

では、逆に選ぶときにおさえたいポイントをいくつかご紹介します。

●素材

バーベキューのときって、思っている以上にタレや油が飛びます。
また、外で遊んでいると草の汁や砂もつきます。
なので、洗いづらい化繊ではなくてガンガン洗えるコットンやリネンを選びましょう。

●色

薄い色の服に汚れがつくとすごく目立ってしまいます。
濃いめの色の服がいいですよ。

●ボトムス

おなかいっぱい食べたあとに草むらで遊んでいると、葉っぱや枝で足が傷つくことがあります。
夏だと虫に刺されることもありますよね。
フルレングスのボトムスやレギンスで足をしっかりカバーしましょう。

●靴

靴はやはり、スニーカーがいちばんです。
バーベキュー場の床が意外とすべったり、土ですべったりすることもありますので、靴底がすり減りすぎていないものがいいですよ。
もし、バーベキュー場の近くに小さな川が流れていたら、ちょっと入ってみたいですよね。
そんなときのために、靴下の替えを持って行くのもいいですよ。

スポンサーリンク



ラフでもかわいいナチュラルコーデでオシャレ女子☆

では、コットンやリネンで、屋外にぴったりのナチュラルコーデを楽しむアイディアをいくつかご紹介しますね。

●夏

薄手のリネンやコットンだと、見た目も涼しいですよ。
特にリネンは汗がサラッと早く乾くので、夏の屋外遊びにぴったりです。
夏でも山を少しのぼると意外と涼しいことがありますので、薄手のカーディガンも1枚あるといいですね。

自然の色と同じ、ブラウンやカーキなどの色を選ぶとナチュラル感がアップします。
トップスもボトムスも暗い色だと感じたら、木の実のような明るい赤やイエローを入れましょう。
帽子やストール、バッグやスニーカーを明るい色にするとパッとしてかわいいですよ。

●肌寒い季節

肌寒い季節は山ガール風がおすすめです。
軽い素材でできたダウンジャケットに、暖かい素材でできたラップスカート、暖かいレギンスだと寒さ対策もばっちりです。

最近は、かわいい色や柄のものがたくさんありますし、軽くて暖かいものばかりなので普段使いもできますね。

着回しのできるサロペットのカジュアルコーデ☆

動きやすくてかわいくておすすめなのが、サロペット。
ポケットがたくさんあるからハンカチやスマホを入れて手ぶらで動くことができるのもおすすめポイントです。

サロペットは、素材や色でいろいろな雰囲気になるので1枚あると重宝しますよ。

●デニム

どんなトップスでも合うのが、デニムのサロペットです。
濃い色のデニムだと、子供っぽくならないので、普段にも着やすいですよ。
サロペットなら胸当てがあるから、タレが飛んでも大丈夫。
薄い色のトップスを着ても安心ですよ。

●麻素材

夏は、麻素材のサロペットがおすすめです。
麻は汗がすぐに乾くので、サラサラと気持ちよく着ることができますよ。
黒いサロペットでモノトーンコーデにしたり、ブラウン系のサロペットにカーキ色のトップスを合わせてナチュラルにしてもいいですね。

サロペットもコットンやリネンのもので、裾があまり広がっていないタイプを選びましょう。

さいごに

コットンやリネンの服だと、なんとなく「子持ちのお母さん感」が出そうで、あまり選ばないかもしれませんが、探してみると若い女の子にもぴったりのものが見つかります。
リネンは本当に心地よく着られるので、夏にはぜひ着てみてくださいね。

スポンサーリンク