バーベキューの食材何にする?持ち寄りで喜ばれるものとは

みんなで材料を持ち寄るバーベキュー。
お肉だけじゃなくて野菜も食べたいですが、バーベキューの野菜って気づくとはじっこで焦げてて結局食べませんよね。
そこで、野菜もしっかり食べられるように意識したバーベキューメニューをたくさん考えてみました。
もちろん、女子力高めでおしゃれで簡単なものばかりですよ。

スポンサーリンク



主役のバーベキュー食材を引き立てる前菜

まず、前菜をご紹介します。
さっぱりしたメニューは、バーベキューメニューの箸休めにもなります。

●さっぱりトマトサラダ ※前日に準備します。

★材料
トマト、めんつゆ、お好みで大葉
★作り方
①トマトを湯むきしてから小さく切ります。プチトマトなら湯むきだけでOK。
②めんつゆをお好みの濃さに薄めて、トマトを入れて半日から1晩ほど冷蔵庫で冷やします。
※ここで、千切りにした大葉もいっしょに入れましょう。
★ポイント
赤やオレンジ、黄色などいろんな色のプチトマトを使うと彩りもきれいですよ。

●パプリカのマリネ

★材料
パプリカ1個分に対して、オリーブオイル大さじ1杯・お酢大さじ2杯。
たとえば、黄色いパプリカと赤いパプリカを1/2個ずつ使ったら(合わせてパプリカ1個分)、オリーブオイル大さじ1杯・お酢大さじ2杯、
黄色いパプリカと赤いパプリカを1個ずつ使ったら(パプリカ2個分)、オリーブオイル大さじ2杯・お酢は大さじ4杯。

①パプリカを薄切りにして耐熱容器に入れてラップをして、1分ほど電子レンジで加熱します。
②オリーブオイルとお酢を合わせて、パプリカをあえたら完成です。

●デビルドエッグ

★材料
卵、ツナ、マヨネーズ。お好みでパセリ
★作り方
①ゆで卵を作ります。
②半分に切って、黄身を取り出します。
③黄身とツナをマヨネーズであえます。
④白身に③をつめます。お好みで刻んだパセリを振りましょう。

スポンサーリンク



バーベキューの〆に食べたい主役級食材

お肉をたくさん焼いてがっつりと食べたあとは、主食も食べたいですよね。
そこで、バーベキューの鉄板でできる主食をご紹介します。

●ダッチオーブンでパエリア

★材料(4~5人分)
米3カップ、鶏肉、エビやアサリなどの魚介類、パプリカ3~4個、玉ねぎ1個、ニンニク適量
☆調味料:ターメリック小さじ2杯、コンソメキューブ2個、塩小さじ2~3杯、水3カップ
★作り方
①みじん切りにしたニンニクと玉ネギを、透き通るまで炒めます。
②ひと口大に切った鶏肉を入れて、軽く焼き色がつくまで炒めます。
③洗った生のお米を入れて、透き通るまで炒めます。
④☆の調味料を入れてかき混ぜます。
⑤アサリやエビなどを入れて混ぜて、薄切りにしたパプリカを上に乗せます。
⑥強火で1度煮立てたあと、ふたをして弱火で15分ほど煮込んだあと、火を止めて15分ほど蒸らしたらできあがり。

●鉄板でライスバーガー

★材料
1個分でごはん茶碗1杯分、焼き肉のたれ少し、ごま油少し、片栗粉小さじ1~2杯
★作り方
①袋に材料を全ていれて、もみながら混ぜます。このとき片栗粉を入れると、焼いても形がくずれないんですよ。
②丸く平たいバンズの形にととのえて、鉄板に油を敷いて焼きます。
③レタスと焼いたお肉をはさんで、たれをかけたらできあがり。

●アルミホイルでホットサンド

★材料
サンドイッチ用の食パンやフランスパン、チーズ、お好みの具材なんでも
★作り方
①肉や魚介を1度焼いてこんがりと焦げ目をつけます。
②サンドイッチ用食パン2枚でチーズと具材をはさみ、食パンのまわりをフォークでぎゅっぎゅっと押さえて閉じます。
フランスパンの場合は、切れ目を入れてポケットを作り具材とチーズをはさみます。
③アルミホイルを2~3枚重ねてパンを包みます。
④鉄板に乗せて蒸し焼きにしてチーズがとろけたら完成です。

バーベキューの後の楽しみデザート

たくさん食べても、デザートは別腹です。
お肉をたくさん食べたあとは、デザートでビタミンをたくさんとりましょう。

●スキレット鍋でタルトタタン

★材料
リンゴ好きなだけ、ホットケーキミックス、卵、牛乳
①リンゴを薄切りにします。
②ホットケーキミックスに卵と牛乳(または水)を加えて生地を作ります。
③スキレット鍋にバターと砂糖、お好みでシナモンを入れて溶かします。
④ぐつぐつしてきたらリンゴをきれいに丸く敷きつめます。
⑤リンゴがキャラメル色になるように煮詰めます。
⑥ホットケーキミックスをリンゴの上に流し込みます。
⑦ふたをしてしばらく加熱し、なかまで火が通ったらふたを開けてお皿をかぶせてフライパンをひっくり返します。
キャラメリゼされたリンゴが上になったきれいなタルトタタンのできあがりです。

●アルミホイルで、あったか野菜スイーツ

★材料
カボチャやサツマイモ、バター、砂糖、お好みでシナモンやレーズン、ドライフルーツなど
★作り方
①アルミホイルに薄切りにしたカボチャやサツマイモを乗せます。
②小さく切ったバターを乗せて砂糖を振りかけます。
お好みでレーズンやシナモン、細かく切ったドライフルーツを乗せます。
③アルミホイルで包んで鉄板で焼いたらできあたりです。

●マチェドニア、サングリア

マチェドニアとはフルーツのシロップ漬けのことです。
フルーツは何でもいいですよ。
いちご、キウイ、ピンクグレープフルーツ、パイン、オレンジなど、どちらかというと甘酸っぱいフルーツが合います。
そのまま食べてもおいしいし、ソーダを入れて飲んでもいいですね。
また、赤ワインや白ワインに入れると、甘くておいしいサングリアを楽しむこともできます。
シロップも入れるとワインの渋みが抑えられて飲みやすくなりますよ。
また、ワインとフルーツの色を合わせるとおしゃれです。
赤ワインにいちごやオレンジが合います。
白ワインにはどんなフルーツを入れても色が映えますね。

さいごに

バーベキューでひっきりなしに混ぜたりひっくり返したりしていると、せわしなくてゆっくり食べることができません。
そこで、漬け込むだけ・包んで焼くだけなどほっといてもできあがるメニューを選んでみました。
ゆっくりおしゃべりをしながらできあがるのを待って、楽しく食べましょうね。

スポンサーリンク