ホテルがどこもキャンセル待ちのときの狙い目は3日前!?

楽しみにしている泊りがけのイベントに行くために、ホテル予約をしようと検索してみたら、満室ばかりで部屋がとれない!!なんて経験ありませんか?宿泊したい宿の近くでビックイベントがあったり、夏休みや冬休み、GWなどの長期休暇期間中はどうしても人気のホテルは満室になってしまうことが多いですよね…。

私自身も好きな歌手のコンサートを見に行くために、日帰りでは帰れない距離の場所だったためホテル予約をしようとしたのですが、どこも満室で部屋を一部屋確保するのにかなり苦戦した経験がありました。泣

今現在ホテルが満室で予約が取れないと困っているあなた!現状部屋が満室でも予約をとれる可能性のある裏技がありますよ♪それは宿泊したい日の3日前に宿泊施設にアポイントすることです!なぜ狙い目は3日前なのか、その疑問をわかりやすく解説さしていきます!

スポンサーリンク



3日前にキャンセルが多く出るのは本当?

何らかのイベントや仕事の都合などで予定が確定しているのであれば、宿泊先を確保しておかなければならないと思うのは当たり前のことですよね。満室なら、もう諦めるしかないかなと普通なら思うはずです。

あなたが仮に何の苦労もなく部屋を予約することができたとします。しかし宿泊日近くになってから都合により宿泊できなくなりキャンセルしなければいけない状況だとします。まず第一に考えることは“キャンセル料発生の有無”ではないでしょうか?

基本的にどこの宿泊施設でも宿泊予定日の3日前からキャンセル料が発生すると宿泊規約に記載されています。人によっては他に泊まりたいホテルがあるが、満室で予約が取れなかったために仮押さえとして予約をしている人もいますし、海外から日本観光に来ている旅行者の場合でも、事前に宿泊予約していたホテルよりもさらに条件の良いホテルに空室があれば宿泊直前であっても予約キャンセルする人もいます。
最終結論として宿泊キャンセル料がかからないタイミングの3日前にキャンセルする人が意外と多いので、満室で予約が出来ず困っていてもまだチャンスが巡ってくるのです。

今現在満室であっても諦めず、宿泊日3日前に再度予約できるかチャレンジする価値はあるので諦めないでくださいね♪

スポンサーリンク



横断検索サイトで空室を一気に検索してみる

宿泊予定日の3日前に泊まりたい宿のキャンセルが残念ながらでなかった場合、焦ってほかのホテルの空室がないか他の予約サイトを一つずつ調べたくなってしまいますが、時間がかかるし見つけだすまでかなり大変な作業です。こんな時、たくさんある予約サイトの中から、まとめて空室を探し出してくれる横断検索サイトで空室がないか一気に検索をしてみるという方法があります。そこで、私自身もお世話になったことがあるおすすめの横断検索サイトをご紹介します♪

• トラベルコちゃん
700以上の予約サイトの情報が集結している旅行比較サイトです。国内の主要な宿泊予約サイトや旅行会社、一部の宿泊施設から直接情報提供を受けているプランを一括検索することのでき、格安の宿泊プランを見つけ出すことができる横断検索サイトです。

• トリバゴ
CMでお馴染みのトリバゴは世界最大級の横断検索サイトで、日本国内の宿泊施設のプランを比較検索してくれます。世界最大規模のホテル予約サイトである「エクスペディア」系列でもあり、海外勢の宿泊プランも含めてチェックするなら、トリバゴで検索しましょう。

• Yahoo!トラベル
こちらも様々なホテル予約サイトと提携していて、横断検索できるサービスを提供しています。Yahoo!限定プランも充実していて、売り切れ次第終了してしまう激安プランも揃っています。

• BIGLOBE旅行
18サイトの宿泊予約サイトを横断検索でき、旅比較ネットもとても分かりやすいつくりになっています。また「旅比較ねっと ホテル予約」というBIGLOBEのアプリでは、複数のエリアを同時に選択して検索できる機能もあり、シンプルで使いやすい仕様になっているためおすすめです。

• トリップアドバイザー
宿泊施設の口コミ、写真、最安値検索やとシンプルな表示の仕方が見やすく個人的なおすすめの臆断検索サイトです。まるで旅行誌を見ているような気分になるサイトです。

他にも横断検索サイトはまだまだあります。ご自身が見やすく比較しやすいサイトを使って検索してみてください!

直接ホテルに電話をしてみる

予約サイトで空室があるか確認をしたけれど、やはり満室で「予約できそうにないな…。」と判断した場合、諦めてしまう人がほとんどだと思います。サイトは満室だけど、思い切って泊まりたいホテルに直接電話をしてみましょう!

なぜ直接ホテルに電話をしたほうが良いかといらうと、実は予約サイトからは多数の人が同時に閲覧をしている可能性が高く、例えば同じタイミングで予約が入った場合ダブルブッキングになってしまいます。こういった自体を防ぐためにホテルなどは予備の部屋を用意しているため、サイト上では満室となっていても実際にはまた予約できる部屋がある場合も多いのです。

実際に私自身も、宿泊先が決まらず念のためにと直接電話をしてみたことがあるのですが、サイト上満室は変わっていないにもかかわらず、予約できた経験があります。本当に満室なのか、確認の意味もこめて宿泊したいホテルに直接電話をかけてみてくださいね♪

旅館や民宿で探してみる

ホテル予約が難しくなった場合、次の手段としては旅館や民宿で宿泊先を探してみましょう。昔は旅館や民宿といえば個人経営で電話のみの予約が主流でしたが、ホテル同様ネット予約ができる宿がほとんどですよね。

旅館や民宿も空き室がある場合、直前割というプランで売り出しをしていますので、まだ予約が取れるようならすぐ予約をとりましょう!もしネット上に載っている旅館や民宿がどこも満室だった場合、まだ諦めは早いですよ!ネットにのっていない宿泊先を探してみてください。ひっそりと営業されている旅館が存在します。探し方としては、行き先の観光協会へ問い合わせましょう。事情を説明すれば、空室のある宿泊施設を紹介してもらえます!ネットでの情報提供していない旅館でも、地域の観光協会には必ず登録しているので、一度電話で問い合わせてみましょう。

さらに高度な予約テクニック

人気があるホテルや、普段は空きがあるホテルでも近場でイベントが開催されることがあると宿泊希望が殺到してしまい、予約を入れたくてもどこも満室の状態で入れられなかった場合、横断検索サイトや直接ホテルへ連絡してみる手段などを紹介させていただきましたが、もしもに備えてキャンセルを逃さずゲットできる高度な予約テクニックを紹介します。

今では誰もが使っている携帯アプリでホテルのキャンセル料がかかってしまうホテル予約の権利を売ったり買ったりできる『Cansell』というものがあるのを知っていますか?宿泊予約をしたい人と直前になってキャンセルしたい人双方にメリットがある便利なアプリです。もしキャンセルが出た場合このアプリを使えば、かなり格安で宿泊が可能になります!

もう一つのテクニックとしては、直接ホテルに電話で予約できるか空室状況を確認した際、空きがない状態であれば直前にキャンセルが出た場合でも泊まりたい旨を話し、優先的にキャンセルされた部屋を確保してもらうようにすることです。ホテル側としても、空室があるよりは泊まっていただけるお客様がいるほうが良いですし、お互いに一石二鳥になりますよね!布石を打っておいて全く損はありません!!

さいごに

このように、もしも宿泊予約が取れず困ってしまった場合でも色々と予約できるかもしれない手段はあります。前もって確実な予約をとっておくのが一番ですが、困った状況に置かれてしまった場合は是非試してみてくださいね♪

スポンサーリンク