職場の人間関係!!どうやって入り込む!?

転職したけど新しい職場になじめない…。

職場は仕事をするところだから仕事だけしてればいい、と思いながらも輪に入れないのは少しつらいですよね。

私はたくさんの職場に新しく入り、たくさんの職場で新しい人を受け入れてきました。

そこで、その経験と自分の失敗を含めて、新しい職場になじむ方法についてお話したいと思います。

スポンサーリンク



人間関係にうまくなじめる人となじめない人の違い

うまくなじめる人と、なじめない人には共通点があるように思います。

それぞれお話しましょう。

●うまくなじめる人
・物おじしない人。
人見知りせずに人とコミュニケーションが取れる人は、職場になじみやすく仕事も進めやすくなります。

・人の名前を覚えるのが得意。
人は自分の名前を呼んでくれる人に対して親近感を覚えるものです。
うまくなじめる人は、人の名前をすぐに覚えて名前を呼んだり、対話中に何度も相手の名前を言ったりしています。

・自分のことをわりといろいろ話せる。
新しく入った人は質問攻めにあいがちです。
そのときに明るく自分のことを話せると、そこから話題が広がっていきます。

●うまくなじめない人
・受け身な人
いろいろなことを「待っている」タイプです。
誰かが話しかけてくれること、自分が困っていることに誰かが気づいてくれること、誰かが自分に質問してくれることなど、いろいろなこと「待っている」人です。
新人を受け入れる側が常に話題を探して話しかけなきゃいけなかったり、何か困っていないか目配りをしなきゃいけなかったりするのは、正直ストレスでしかありません。

・仕事ができない
最初はミスするのが当たり前だし、まわりもそう思って接しています。
だけど、あまりに度を越して仕事ができないと「ちょっとあの人、どういうこと?」と思われます。
仕事のミスで迷惑をかけられた側の人なら、あまり関わりたくなくなるでしょう。

・いきなり口が悪い。
「私毒舌だから思ったことなんでも言っちゃうんです」というタイプ。
会社ではネコをかぶりなさいとは言いませんが、最初からいきなり口が悪いと拒絶されるだけです。

スポンサーリンク



効果がある!!人間関係の改善術!!

新しい職場に入ったばかりのころは緊張して当たり前です。
なので、もちろん先輩や上司は「緊張しているだろうな」と思いながら接しています。

なので、緊張しがちだったり人見知りしたりするのは、なんにも問題ありません。
緊張してうまく話せなかったとしても、なじもうとしている雰囲気が感じられればいつかなじめますよ。

ただ、あまり良くないのは、職場の人に対して自分の思い込みでレッテルを貼ってしまうことです。

最初は相手のことをよく知らないから、慣れるまでは相手の何気ない一言に傷つくこともあるでしょう。
そういうことがあったときに相手を悪く思いたくもなるでしょう。

だけど、そのときに「こんな意地悪だったら彼氏も友達もいないんだろうな」とか、「このハゲ、家では奥さんにも子供にも嫌われてるんだろうな」とか、勝手に思い込んで敵認定したりしないことです。

相手のことを敵認定していると、不思議と相手にそのイヤな感情が伝わってしまいますよ。

新しい職場でも上手くいく!人間関係をつくる秘訣!!

新しい職場に早くなじむためには、うまくなじめる人の真似をすればいいと思いがちですが、必ずしもそうとは言えません。

うまくなじみやすい人には、起こしやすい失敗パターンがいくつかあるのです。

・物おじしない人
→物おじしなさ過ぎて、言ってはいけない相手に言ってはいけないことを言ったりします。

・自分のことをわりといろいろ話せる。
→自虐が過ぎたりヘビーな身の上話をいきなりドカンと話したりします。

そのほか、話すのが好きな人は口が軽かったり、悪口を言いがちだったりします。

それらが重なると、スッとなじんでも次第に輪から外れていくこともあります。

私はあまり人見知りをしないタイプなのですが、新しい職場で「うちの課の○○とすーっごく仲良くなったみたいねぇ~」と嫌味を言われたことがあります。
人見知りをせずに話せることが、逆に「入ったばっかりなのになれなれしい」と映ったようです。
誤解が解けるまで「人間関係をつくる」「輪に入る」どころではありませんでした。

このように、早くなじんでも気をつけないと簡単に輪から外れることだってあるのです。
早くなじむタイプの真似をすればいいというものでもないのです。

では、どうしたらいいかというと、

●話すのが苦手なら聞き役に。
よく言われることですが、自分から話すのが苦手なら聞き役に回りましょう。
このとき、相手が話すのを待つのでは相手のストレスになります。
なので、相手が気持ちよく話せそうな内容を振ってみましょう。
話が好きな相手ならたくさん話してくれますし、そこから共通の話題も出てきますよ。

●人の顔と名前を覚える。
これは職場になじむためだけじゃなくて、仕事を進めていく上でもとても大切なことです。
毎回毎回、「〇〇さんってどの方でしたっけ?」と誰かに聞いたり、名前を呼び間違ったりするのはやはりあまり良くありません。
自分で座席表を作ったり特徴をつかんで覚えたりするようにしましょう。
ただ、「あのチビデブが○○さん、あのモシャモシャが××さん」みたいな覚え方は良くありません。
良い特徴を見つけて名前と結びつけて覚えるようにしましょう。

さいごに

新しい職場に入るときは、あなたも緊張していると思いますが、受け入れる側も緊張しているものです。
最初はお互い様子見です。あせらず少しずつ距離を縮めていきましょうね。

スポンサーリンク