スーツスタイルの女性の着こなしのポイントは?カッコよく見せよう

スーツはカチッとしていて「仕事用」という印象が強いですが、インナーや小物をアレンジするとオフやパーティにも着て行けます。
仕事が終わって遊びに行くときにもちょっとチェンジすれば大丈夫。
そこで、スーツの選び方と着こなし方、オフにも使えるアレンジの仕方などをたくさんご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



レディーススーツ着こなしのポイント

仕事で着るスーツには意味や役割がありますよね。

男性と一緒に行動をするときに浮いてしまわないようにスーツを着たり、信頼を得るために着たり、誠意を伝えるために着たり。

仕事で着るときはファッション性よりもオフィシャルな着こなしを意識しましょう。
サイズが大きすぎるとだらしない印象を与えますので、まずは身体に合ったスーツを選びます。
そして、シンプルでプレーンなジャケットとボトムを選び、中に着るシャツも白いものを選ぶといいですね。
シャツの素材はコットンでも化繊でもいいですが、シワはきちんと伸ばしましょう。

スーツの色は黒や紺色だと「きちんと感」が出るし、インナーの色合わせもしやすいです。
リクルートスーツの定番が2つボタンのジャケットにタイトスカートですので、社会人になってからのスーツはワンボタンのジャケットにするとリクルートっぽさが出ませんよ。

スーツは色や形の違うものを3着ぐらい持つのが理想ですが、そんな頻繁に着ない場合は3着も持つのは難しいですよね。
そんなときは、ジャケット1着にボトムが2着付いているセットを選ぶといいですよ。
スカートとパンツではイメージがだいぶ変わりますので、お得です。
さらにパンツでもフルレングスとアンクル丈のパンツの2着があるとオンにもオフにも使えます。

また、ジャケットのなかにカジュアルなシャツを着て、ボトムをカジュアルなものにすると、オフの日の「きれいめコーデ」にぴったりですよ。

スポンサーリンク



人気のレディーススーツブランド


では、女性に人気のスーツブランドをいくつかご紹介しましょう。

●UNTITLED
公式サイト:https://store.world.co.jp/s/brand/untitled/
上質でシルエットが美しいUNTITLEDのスーツはストレッチがきいていて動きやすいですよ。
洗えるスーツがあるのも実用的でうれしいですね。

●ザ・スーツカンパニー
公式サイト:https://www.uktsc.com/top/CSfBrandTop.jsp?brand_cd=3
実店舗もある「ザ・スーツカンパニー」。
ブラックフォーマルやセレモニースーツも豊富です。

●スーツセレクト
http://www.suit-select.com/
シンプルな無地のスーツだけじゃなくて、ストライプやチェック柄のスーツもあります。
柄が入っていても派手ではなので、仕事のときにも着られますよ。

●AOKI
https://www.aoki-style.com/
男性スーツのイメージが強いAOKIですが、レディーススーツもおすすめです。
シワになりにくく動きやすく、洗えるスーツがたくさんそろっています。

パンツスーツはインナーにもこだわる

パンツスーツはインナー次第でイメージを変えることができます。


仕事中はきちんとしたシャツを着て、帰りにどこかに寄るときはインナーを柔らかい素材のブラウスやカットソーに着替えるだけで遊び着になりますね。

仕事でも、外回りや接客がない場合はインナーをリネンシャツやカットソーにすると動きやすいですね。

また、インナーをドレスシャツにしたりレースのカットソーにしたり、シャツにストールを巻いたりするとパーティーにも着て行けますよ。

スカートコーデで女性らしさを演出

スーツのボトムをスカートにすると女性らしくなります。

そのときもタイトスカートではなく、膝丈のマーメイドラインやAラインのスカートにするとふんわりして柔らかい印象になるし、動きやすくなります。
スカートがふんわりしているときは、ジャケットをタイトにするとバランスがいいですよ。

インナーを淡い色やふんわりしたものに変えるとより女性らしくなります。
黒やネイビーのスーツでも、インナーを柔らかい素材にするとスーツの硬さをやわらげてくれます。

そして、ジャケットの袖を折ったときにきゃしゃなブレスレットや腕時計が見えるのも、とても女性らしく見えますよ。

スーツに合わせるアイテムのおすすめ

スーツを着て通勤するときは、しっかりとした革製のショルダーバッグを持つようにしましょう。
このとき、バッグと靴の色を合わせることが大切です。

仕事でパンツスーツを着るときも、アンクル丈のパンツにスニーカーを合わせて、インナーをカットソーにすると動きやすいし疲れにくくなります。
内勤のときや、体を動かす作業があるときにおすすめです。

スーツに華やかなインナーを合わせてパーティに行くときなどは、小さめのバッグを選びましょう。
インナーの素材感や色と、バッグのテイストを合わせると統一感が出てすてきですよ。

黒いスーツに黒いインナーを合わせると、合わせるアイテムでいろいろ遊ぶことができます。

・赤いストールとレッドソールの黒いヒール。
・レオパード柄のバッグとヒール。
・サーモンピンクのストールとバッグ。

など。
スーツとインナーが黒だと、合わせるアイテムがアクセントになりますね。

さいごに

仕事だけじゃなく、いろいろなシーンで着ることができるスーツ。
合わせるインナーやアイテムでどんなイメージにもなるので、1着持っていると便利ですよ。

スポンサーリンク