人生を後悔しない生き方をしよう!今後の人生を変えたい人必見!!

死ぬ瞬間に後悔が残る人生にはしたくない。

誰もが思うことだと思います。

しかし人生に1つも後悔がない人なんて、まずいないでしょう。

私も、これまで後悔をしてばかりの人生でした。

後悔ばかりして過去に囚われ続けていても、時間は過ぎるばかりです。

今ここから、残りの人生を変える方法を一緒に見つけませんか?

 

スポンサーリンク



人生を変えるターニングポイントとは?

日々の生活の中で自分が選んだ道が、最善最良だったのかと思い悩むことが、後悔。

したこと対する後悔、しなかったとことに対する後悔。
後悔ばかりだった人生を変えたいのであれば、そのきっかけを探します。

 

私の人生のターニングポイントは、27歳の時に勤務していた、あるイベントでの仕事でした。

そこで出会った人がその後の私の人生に大きな影響を与え、期間限定の仕事だったにもかかわらず、今でも当時の同僚たちと交流があります。

その仕事に出会えたこと、私と一緒に働きたいと思ってくださる人に出会えたこと、それが人生を大きく変えるきっかけでした。

しかし本当の人生の分岐点は、仕事につくもう少し前、「このイベントで働きたい」と思った時。

新しい仕事に挑戦して人生を変えたい、と思った瞬間こそターニングポイントでした。

受験、進学、恋愛、就職、結婚など、大きなターニングポイントばかりではなく、小さなきっかけは意外と身近にあるものです。

人生を変えるには、小さなきっかけ=自分を変えるターニングポイントを自分で作り出すのです。

 

スポンサーリンク



 

気持ちを切り替える方法

27歳頃のイベントの仕事が終了した後も、後悔することがなくなったわけではありません。
人生は選択の連続です。

後悔のない人生を過ごすためにも、ちょっと悩んだり気分を切り替えたいときの方法をいくつか紹介します。

・後悔する自分も受け入れる
自分自身を認めて、時にはくよくよと悩む自分も受け入れます。

・窓を開けて空気を入れ替える
建物の中にいるのなら、空気を入れ替えることで気持ちも切り替わります。

・音楽を聴く
好きな音楽を聴きながら歌うもよし、心が癒される音楽を聴いて落ち着くもよし。

・温かい飲み物を飲む
私はコーヒーが好きなので、体や心に疲れを感じたらよくホットコーヒーを飲みます。

・散歩に出かける
軽い運動をすると、頭も気持ちもすっきりしますよ。

・あえて何もしない
何も考えない時間も、必要だと思います。寝てしまうのも手の一つ。

・嫌な気持ちを書き出す
「嫌だ」「後悔している」だけでもいいです。
書けるのであれば「何がどうして嫌なのか」「どうしたら後悔しない結果につながったと思うか」まで書くと、自分の気持ちが客観視出来ます。

・今やるべきことに集中する
過去を気にするより、「今」に集中します。

・旅に出る
非日常に浸ります。時間がなければたとえ日帰り旅行でも、いつも見る景色と違うものを見れば、気持ちもうまく切り替わるかもしれませんね。

・部屋の掃除をする
部屋を整頓したり、身の回りの物を減らすと、心も楽になります。私はよく、イライラすると部屋を片づけ始めます。私には合っている気持ちの切り替え方の1つです。

・神社仏閣を訪ねる
私は数年に一度、伊勢神宮に参拝します。境内に入った瞬間から、凛とした空気に包まれるのを感じます。神頼みではないですが、いわゆるパワースポットのパワーを受け取るのも良いですよ。

・座禅や写経を体験する、滝行をする
座禅や写経には、心を落ちつかせてストレスを解消する効果があるそうです。気持ちをリセットすると、新しい自分に変わるきっかけが見つかりそうです。
また、体力に自信がある方には滝行もいいかもしれません。

・引越しをする、転職をする
可能であれば住むところや仕事を変えると、気持ちだけでなくその後の人生も大きく切り替わること、間違いなしです。

 

軽めな方法から、環境ごと大きく変えるものまで書き出してみました。
うまく気持ちを切り替えれば、次の人生の分岐点ではきっといい選択が出来ますね!

 

後悔しない人生の過ごし方とは?

これまでの自分を後悔していても、気持ちを切り替えつつ人生を変えるきっかけを見つけたのであれば、これから先は、もう後悔したくないですよね。
後悔しない人生を過ごすには、今後どうしたらいいでしょうか。

 

後悔がない人生は、自分勝手な生き方をする、ということではありません。
しかし、自分の人生は自分だけのものであり、一度しかないことは肝に銘じて生活すべきと思います。

 

夢は諦めなければ叶う。
こんな言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。
夢があればそこに向かう最良の選択が出来ると思うのですが、現実は、夢を見続けることはなかなか難しいものです。
だからこそ、自分を強く持ち、自分にとって「後悔しない人生とは」を考えて日々を過ごすのです。

 

まとめ

1、 後悔する自分を認める
2、 ターニングポイントは自分で作る
3、 気持ちをうまく切り替える
4、 後悔しない人生とはどんなものか考える

私はカウンセラーなどのプロではありません。
だからこそ、ここまで読んでくださった誰かの、今後の人生が変わることを願っています。

スポンサーリンク