大人のマナー!!恥をかかないお香典の包み方とは!?流れや金額などもご紹介!

葬儀への参列経験がない方には通夜や葬儀という言葉を聞いたことがあるけれどよくわからない方もいらっしゃるかと思います。

お悔やみごとでのマナーと香典について解説します。

宗派は様々ありますが、ここでは一般的な仏式のマナーについてお話します。

 

スポンサーリンク



お悔やみごとで必要なものとは!?

【服装】

通夜、葬儀、告別式で切る服装は故人の死を悼み、喪に服す場にふさわしい服装であることが大切です。

参列者の場合通夜では礼服を着ない方が良いとされていましたが、近年では葬儀と告別式の代わりに通夜に出席する人が多くなり通夜でも礼服を着る人が増えています。

急な訃報の時はカジュアル過ぎない服装でも大丈夫です。

礼装とは冠婚葬祭などで敬意を表す場で正装することです。

礼装のうち、通夜、葬儀、告別式に参列するための服装を喪服と言います。喪服の色は黒やグレーが一般的で、出来るだけ目立たない服装を心がけます。

 

〈男性〉

ブラックスーツ
ブラックスーツは黒無地のシングルスーツかダブルスーツのことです。

白色のシャツ
柄のない無地が基本ですが、急遽通夜に駆け付ける場合は無地でなくても構いません。

黒のネクタイ
ネクタイは必ず着用するのがマナーです。柄のない黒で光沢のないネクタイを選びます。ネクタイピンは外します。

 

〈女性〉

ワンピース、スーツ、アンサンブル
色は黒でなくても、グレーや濃紺などの地味な色であれば大丈夫です。スカートの丈は膝が隠れる長さにします。

 

〈共通〉

バッグの色は黒です。毛皮や皮革などの「殺生」を連想させる素材のバッグは避けます。
靴や靴下、ストッキングも黒を選びます。

 

【小物】

〈袱紗(ふくさ)〉
香典は香典袋に入れて袱紗に包んで持参します。不祝儀用の袱紗の色は紫、藍、グレーなどです。暖色系の袱紗はお祝儀用なので注意しましょう。

〈数珠〉
数珠の色や模様に決まりはありません。自分の宗派の数珠を使います。故人の遺族や親族の宗派に合わせる必要はありません。

〈ハンカチ〉
白の無地か黒のフォーマル用を使います。色物のハンカチはNGです。

〈傘〉
黒、紺、グレーなどの地味な色にしましょう。

 

スポンサーリンク



 

お通夜やお葬式の一般的な流れ

葬儀とは一般的に2日にわたって行われるお別れの儀式の事です。1日目はお通夜、2日目は葬儀、告別式に分かれています。

1日目のお通夜は本来家族や親戚など身近な人達が先行や蝋燭の火を絶やすことなく夜通し過ごすことで故人を忍ぶ儀式です。

しかし、時代の流れとともに変わり、18時~19時頃から僧侶の読経が始まるようになりました。

 

【通夜】

〈会場に到着〉
通夜の時間に遅れないように少し早めに向かいましょう。

〈受付、記帳〉
受付にてお悔やみを述べ、香典を渡し、記帳します。

〈開式〉
席順が決められている場合は案内に従います。祭壇に向かって右側が遺族や親族、左側がその他の一般参列者です。祭壇に近いほど上座になるので、自分と故人との関係を踏まえて席次を意識して座るようにしましょう。
開式の辞により通夜が開始され、僧侶が入場し読経します。

〈焼香〉
読経中に遺族、親族、一般会葬者の順番で焼香を行います。係員から案内があったら順番に焼香しましょう。焼香の方法は葬式の宗派に関係なく自分の宗派に沿ったもので良いとされています。分からない場合は周りの人に合わせて行えば問題ありません。

〈閉式、通夜振る舞い〉
閉式後、通夜振る舞いと言って食事やお酒を勧められることがあります。これは故人を供養する意味合いがあるので断らずに頂くのがマナーです。

 

【告別式】

〈会場に到着〉
通夜の時間に遅れないように少し早めに向かいましょう。

〈受付、記帳〉
受付にてお悔やみを述べ、香典を渡し、記帳します。

〈開式、焼香〉
通夜の場合と同じです。

〈お別れの儀〉
故人と最後の対面になります。故人に近い人物から順に棺に別れ花をいれてお別れをします。

〈出棺〉
葬儀が終わった後は火葬上に向けて出棺します。一般会葬者は合掌してお見送りをします。火葬上へは遺族、親族以外の会葬者は同行しないのでここで解散になることが多いです。

 

お香典はどのくらい包めばいいの!?

【香典のマナー】

香典とは線香や花の代わりにお供えをする現金のことで香料とも呼ばれます。通夜か葬儀の際に持参します。

新札は入れるとまるで不幸を見越して用意していたようだということから新札は入れない方が良いとされています。

どうしても新札しかない場合は一旦折り目をつけてから袋に入れます。お札の枚数は1枚、3枚、10枚で、金額は1、3、5、10の数字にするのが一般的です。

 

【金額】

お香典の金額は社会的な地位や立場に応じて金額が変わり、送り主の年齢によっても変わってきます。悩む場合は周囲の方に相談してみましょう。

〈祖父母〉
20代 1万円~
30代 1万円~
40代以上 3万円~5万円

〈兄弟・姉妹〉
20代 3万円~5万円
30代 5万円
40代以上 5万円

〈叔父・叔母〉
20代 1万円
30代 1万円~
40代以上 1万円~3万円

〈親戚〉
20代 5千円~1万円
30代 5千円~1万円
40代以上 5千円~1万円

〈知人・友人〉
20代 5千円
30代 5千円~1万円
40代以上 5千円~1万円

〈会社関係〉
20代 5千円
30代 5千円~1万円
40代以上1万円~

 

まとめ

悲しい訃報は突然やってきます。親しい方やお世話になった方が亡くなったときはマナーを心得てお見送りしたいですね。だからこそ事前に知っておくと安心して葬儀に参列できますね。

スポンサーリンク