新築祝いは何がいい!?兄弟の場合は!?具体的なプレゼントの選び方、マナーや注意点もご紹介!

マイホームを建てた兄弟がいらっしゃる方、新築祝いはどうしましょう?

私たち夫婦の場合は、兄弟が順に家を建てて、長男である我が家が最後でした。

先に頂いたものがある場合は同等のものをお返しするつもりで渡すのが良さそうですが、自分が先に渡すほうだと悩みますよね。

マナーや相場、プレゼントの選び方について、まとめて紹介していきます。

 

スポンサーリンク



新築祝いに多いのは!?

一般的にお祝いといえば、最初に『現金』を思い浮かべるでしょうか。
受け取る側にとっても、一番困らないかも知れませんね。

まずは現金を贈ることを前提に、マナーを確認しておきましょう。

 

・相場 兄弟間では3万~5万程度

兄弟が自分より上か下か、自分が既婚か未婚か、などの状況でも変わる
兄弟といえども、お返しに気を使わせない金額を考えたほうが無難

 

・熨斗 一軒家だと「祝御新築」か「御新築祝」、マンション購入は「御祝」

・水引 花結び

・渡す時期 招待された場合はその時に、遠方などで行けない場合は引越しから一ヶ月以内が望ましい

 

現金では生々しい・味気ない、と感じる場合は商品券やカタログギフトもあります。

商品券は、全国百貨店共通商品券や大手カード会社が発行するギフトカードが、使えるお店が多くておすすめです。

カタログギフトは、新築祝いのみならず、不動の人気を誇るプレゼントですよね。

スポンサーリンク



兄弟に新築祝いは贈る!?

そもそも、兄弟間で新築祝いは贈ったほうがいいのでしょうか?

私は贈ったほうがいいと思います。

特に、新築の家に招待された時は、お祝いを持っていく方が良いですよね。

ただし、新築祝いのすぐ後に出産や進学など他の祝い事が重なる場合、事前に兄弟間で「お互いに贈りあうのは止める」などの決まりごとがある場合は、改まったお祝いを用意しなくてもいいのかな(あるいは、金額を少なめにする)、招待いただいたことに対して手土産だけは持参しようかな、と思います。

 

兄弟の仲の良さ、自宅同士の距離感などもあると思うので、臨機応変に判断してください。

 

兄弟におすすめな新築祝い7選!

おすすめなお祝いプレゼントを紹介する前に、選び方のポイントです。

1、新しい家ですぐに使える実用的なものを選ぶ
2、相手の好みに合ったものにする
3、可能であれば、事前に本人に希望を聞く
4、奇抜だったり、デザイン性が高すぎるものは避ける
5、火や赤を連想するものや、設置するのに家を傷つける恐れがあるものは止める

ではここから、兄弟におすすめな新築祝いを紹介していきます。

 

1) 自分で買うには贅沢なタオル

何枚あっても困らない実用品の代表といえば、タオルです!
贈り物としてはやはり、普段使いより高級感があるブランドタオルや、安心の日本製品・今治タオルなどがおすすめです。
一歩進んで、入浴剤やボディーソープとセットになっているもの、夫婦でお使いいただけるバスローブなどもいいかもしれませんね。

 

2) 長く楽しんでいただける観葉植物

新居に彩を加える観葉植物はどうでしょうか。高級感あふれる胡蝶蘭の鉢植えも素敵ですし、より手間がかからないプリザーブドフラワーもおすすめです。
育てるのに負担にならない品種、インテリアを壊さない大きさが選ぶポイントです。
ただし、虫がつくなどの理由で植物を嫌がる場合もあるので、事前に確認してくださいね。

 

3) 無くてもいいけどあると便利な調理家電

自分で買うかと考えると無くても生活に支障はないけど、あると便利なグッズもプレゼントに適しています。
調理家電としては、ハンドブレンダー、卓上電気鍋、ノンオイルフライヤー、炭酸水メーカーなどです。
我が家は結婚祝いでしたが電気ケトルとコーヒーメーカーを貰って、毎朝重宝しています。調理家電が充実すると毎日の献立も華やかになって、きっと楽しい一家団欒になりますね。

 

4) 新築に相応なインテリア

家の雰囲気に合わせて、インテリアグッズを用意するのも喜ばれそう。引越し準備では手が回りづらいものを贈りましょう。
我が家が貰ってうれしかったのは、陶器製の傘立て。自分たちのセンスでは陶器を選ばないだろうし、安物で済ますところでしたが、その1つが玄関に華やかさと重厚感を添えてくれました。
他には、縁起がいいといわれる八角のミラー、家とともに時を刻む置時計、家族の思い出を残すフォトフレームなどもおすすめです。

 

5) 実用的かつ一式揃えて贈りたいブランド食器

新築の住居を構えるということは、これから来客も増えそうですね。
有名どころのブランド食器セットなら、お祝いの品として間違いありません。
新築祝いに無難なのは、シンプルなデザインのプレートセットです。
和食器、洋食器、プレートセット以外にも選択肢はたくさんあります。
小さなお子さんがいらっしゃるなら、メラニン素材など割れにくいものも検討してみては?

 

6) 複数あっても便利な家電

新築マイホームを構えて、今までの住居よりも広くなった場合は、いくつあっても便利な家電もおすすめです。
各部屋に置いておきたい空気清浄機や加湿器、アロマディフューザー、各階にあると便利なロボット掃除機やスティック掃除機、思い出を刻むデジタルカメラなどです。
特に空気清浄機や加湿器は、リビングに一台しかない、という状況が考えられます。寝室や子供部屋の分を贈るのも喜ばれると思いますよ。

 

7) 逆に消えモノとしてスイーツ、食べ物

プレゼントした物をいつまでも使って欲しいと思う反面、その場で楽しめて無くなってしまうものの方が、お互いの負担にならなくて喜ばれる場合もあります。
引っ越してすぐのバタバタで、食べられるものが貰えて助かったという話も聞きます。
ちょっと高級なスイーツ、フルーツの盛り合わせ、こだわりの食材などもいいかと思います。
ただし、食品アレルギーと賞味期限には気をつけてくださいね。
新築祝いとは別に、または金額の上乗せの意味合いで、おしゃれなスイーツを選ぶのもいいですね。

 

まとめ

1、兄弟がマイホームを新築したらお祝いを贈ろう

2、相場は3~5万。マナー、タブー、プレゼントの選び方を確認しよう

3、実用的なもの、あっても困らないもの、相手が欲しいものを選ぼう

 

注意


自分以外にも兄弟がいる場合や、親からは別でお祝いを出される場合もあるでしょう。

記事には一般的な内容を書いたつもりですが、地域差もあると思います。
同じタイミングでお祝いを渡す人がいたら、事前に相談してから贈るほうがいいと思います。

また、相手に希望を聞いて、タブーとされるものを選ばれたら、先方の意見を尊重しましょう。

間違いのないお祝いが出来ますように。

スポンサーリンク