スエード生地って夏もあり!?おすすめするおしゃれ使いとは!?

スエードというとどうしても秋冬に取り入れがちですが、実は海外では、季節関係なく着られているんです。

私自身、スエードは秋冬になってから…と思っていたので、これを聞いた時には、「夏にスエード?」と、どんなふうに着こなすのか想像がつきませんでした。

今回はスエード生地を夏に取り入れる方法をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク



秋冬だけじゃない!!スエードを取り入れた夏コーデ!!

秋冬イメージのスエードですが、すでに昨年の夏からトレンドとして注目されているようです。そのブームは衰えることなく、今年の夏に取り入れても遅くはありません。流行に敏感なおしゃれさんならすでにチェック済みなのでは!?この記事を読んでくれているあなたも、流行を先取りして、注目の的になってしまうかもしれませんね♪

では、どのように着こなせばいいのでしょう?

スエード生地のアイテムには、靴や、スカート、ジャケットに、ワンピース、カバンや帽子などの小物など、たくさんあります。女性は特に取り入れやすいアイテムが多いので、嬉しいですね。

 

簡単に取り入れることができるのは、やはり小物です。帽子は、服に合わせて被るだけなので手軽ですし、カバンも持つだけです

。帽子はつばの大きいものがオシャレです。色は真っ黒だと重くなりすぎて、暑くしい印象を与えてしまうので、ベージュやグレーなどがおススメです。洋服に取り入れるのは難しい…という方はぜひ小物から取り入れてみてください。

 

ワンランク上のオシャレが楽しみたいという方は、スエード生地のトップスはどうでしょう?

スエード生地によく合うアイテムはデニムです。夏なのでショートパンツなどがいいかな。スエードの色にもよりますが、暗めのデニムより、明るめのデニムの方が、夏のさわやかな感じが出るので私は好きです。

それにスニーカーを合わせれば、キャンプやバーベキューなどのアウトレットにもぴったりのコーデになります。動きやすく、派手すぎず、オシャレだと思います。

 

スエード生地のミニスカートや、ロングスカートもおすすめアイテムです。上は黒や白のシンプルなトップスを合わせるだけで簡単なのに、とてもオシャレに見えます。

ミニスカートにしても、スエード生地であることで子供っぽくならず、大人っぽい雰囲気が出ます。少し高めのヒールのあるサンダルを履けばかっこいい着こなしになりますね。

 

どうしても日本だとまだ、秋冬イメージのスエードなので、上手に取り入れないと、暑苦しそうな印象になってしまいます。秋冬の着こなしとは、ガラッと変えて、上手に取り入れ、オシャレに着こなしたいですね!

スポンサーリンク



おしゃれは足元から!?スエードの靴を履きこなそう!!

帽子やカバン同様、靴も、服に合わせて履くだけという、取り入れやすいアイテムのひとつです。

夏であれば、靴よりも夏らしさが出るので、サンダルのスエードがおススメです。ロングのスカートからちらっと見えるだけで、オシャレ感がアップします。
ミニワンピースなどに合わせもオシャレです。黒や白の洋服なら、ベージュのスエード靴が良く合います。それ以外の色でも、スエード生地なので、割と何にでも合わせやすいです。

 

靴は、スニーカーのようなもの、パンプスやヒール、スリッポンなど、色やタイプも様々、数多くの種類があります。スカートに合わせても、パンツに合わせても、どんなコーデにも合わせられるのでおススメです。

 

よくオシャレは足元から~♪と聞きますが、まさにその通りで、靴ひとつスエードなだけで、一気にオシャレに、一気に大人っぽい雰囲気に変わります。

昨年のスエードブームから、スエードの靴やサンダルが、お店や通販サイトにも多く販売されるようになりました。好みや、自分の服装の系統に合わせやすい、そんな靴やサンダルを見つけられるといいですね。

 

カジュアルにもビジネスにも使える!!スエードの楽しみ方

スエード生地ですと、あまりビジネスには向かいないと思っている人もいるかもしれませんね。私もプライベートでしか着ず、常にカジュアルな感じの着こなしが多かったです。

しかし、職場にスエード生地を着こなして来ている方がいて、「カジュアルになりがちなコーデを少し変えればビジネスにも使えるんだ~」と参考になりました。職種や職場の雰囲気にもよりますが、スエード生地のジャケットや、スカート、パンプスなどがおススメです。

スエード生地を取り入れることで、大人っぽさが出るので、着方、コーデによってはビジネスに取り入れることもできます。

 

スエードは秋冬!や、スエードはカジュアルにしかならない!など、スエードはこうあるべき!という固定観念を一度取り払ってみてください。

夏にスエード、職場にスエードもありです。スエード生地のアイテムを使った、あらゆるコーデを研究し、着こなし方を模索してみるのも楽しいです。自分だけの、自分にしかできないコーデを見つけられるかもしれません。

スポンサーリンク