生命保険をかける必要性って!?かけなくてもいいの!?

若いうちは大切だけど後回しになりがちな「保険料」。

会社で入っている社会保険以外の任意保険は、自分が健康だと趣味や好きなことにお金を使いたいので、「また今度考える」となりやすいものです。

若い方なら、元々両親が入れておいてくれた保険を継続しているという方もいるのではないでしょうか。そしてその支払いもまだ両親がしているなんてことも。

生命保険は多種多様にありますが、どれに入っていいか分からないし、そもそも必要なんだろうか?という方もいるでしょう。

 

スポンサーリンク



生命保険をかける必要性はどのぐらいあるの!?

大きく生命保険と言っても、その種類はさまざまです。
定期保険、終身保険、医療保険、がん保険、学資保険などなど。

 

そして生命保険に加入するきっかけもさまざまです。

人生の節目に考えるというのが多くて、結婚して子供ができたときに保険に入ったり、見直したりするのは良く聞く話です。

私自身が一番最初に保険に入ったのは、社会人になって間もなくの「簡易保険」です。
近所に郵便局があったというのがきっかけでしたし、ほとんど考えずに掛け金の安いところを探して入りました。

一般的に、生命保険に入る理由とはなんでしょうか?
一番の理由は、医療保険ならケガや病気になった時のリスクに備えたいということでしょう。死亡保険となると自分が死んだときに支払われるものですので、子供に残したいなどの理由で加入していると思います。

 

あなたは結婚して家庭を持っていますか?
それとも独身でしょうか?

 

もし入院やケガで病院にお世話になっても、会社の社会保険に入っていれば傷病手当、国民保険なら高額療法費制度など、公的な制度を利用して自己負担を減らすことができます。

しかし、結婚して家庭がある方ならこの制度だけでは心配です。何より入院をして会社に行けない間の収入が減少したりすると、生活を維持していけません。独身でも一人暮らしの方なら、やはり収入が減るのは生活に影響が出るでしょう。

ただ何となく、みんなも入っているしという理由で入ると損をしたり、意味のない保険に入っていたりすることがあります。生命保険に入るのならば、目的がはっきりしているときに適した保険を選ぶことをオススメします。

保険に入るときに考える要点をまとめてみます。

・現在の収入や支出のバランスの中で保険料を払っていけるかどうか
・入院した時のために入るのか
・万が一自分が亡くなった時のためなのか
・貯蓄や資産運用の目的も兼ねるか
・加入しなくても病気で入院したときに公的な制度と預金で対応できるのか

 

どうでしょうか?
あなたにとって生命保険はあったほうがいいでしょうか?
それとも、無くても問題なさそうですか?

スポンサーリンク



みんな何歳ごろから生命保険に入ってる!?加入率は!?

それでは、一般の人たちはどのくらい生命保険に入っているのでしょうか。
さまざまな統計が出ているようですが、生命保険の加入平均は26.5歳で30代は80%が加入しています。また親が子どもに入れたということもあってか、20歳以下で入った人が多かったということです。

また、生命保険に加入した目的は、医療費や入院費のためが58.5%、万が一のときの家族の生活保障のためが53.1%とこの2つの理由が大半を占めています。

さらに、公的保障(高額医療費制度など)と私的保障(生命保険)の両方が必要と考えるのは85.0%で、公的保障のみで十分の13.2%を大幅に上回っていました。

 

生命保険に入っている世帯加入率が89.2%という統計結果があり、ほぼ国民の大多数は何かしらの任意の生命保険に加入していることがわかります。

ただし加入している保険の種類に関しては、時代とともに変化しており、現在のネットの普及や非正規雇用者の増加で掛け捨てタイプの保険や共済などが人気なようです。

掛け捨てタイプや共済などは毎月支払う保険料が低いので、家計への負担も少ないのがメリットです。

 

最低限の生命保険にするなら!?ここを押さえておこう!!

私自身は3種類の保険に加入しており、医療保険、長期定期保険、共済、それぞれの加入時期はバラバラですが、バランスのとれた入り方をしていると思っています。

長期定期保険とは、解約返戻金があり、将来解約することを見据えて解約返戻金の率が良いものに加入しています。

当たり前のことかもしれませんが、生命保険の掛け金は1歳でも若いほうが安くてお得です。そして、今加入を考えている現時点が一番若いのですから、検討を始めたら誕生日が来る前にすばやくご加入することをおススメします。

 

それでは、保険に加入するときのポイントを考えていきたいと思います。

医療保険
・入院は必ず1日目から保障してくれるところを選ぶ。
・入院1日5,000円程度保障してくれればOK(1日10,000円などは掛け金が高額になる)
・一度病気や手術を経験すると、加入時に少し面倒なので健康のなうちに加入する。
・医療の進歩で長期入院がほとんどなくなってきた。程度にもよるが、手術が必要な入院でも2週間程度で退院ということもよくあるので、長期入院特約みたいなものは入らなくて良い。

 

定期保険
・よく見かける10年満期の定期保険だが、10年後に掛け金がドンと跳ね上がること多数。
例えば、子供が生まれて成人するまでの20年程度、他の保険に追加する程度で入るならいいが自分なら加入しない。

 

終身保険
・一生涯保障だが、払込完了の年齢を60歳あたりにしておくと将来の払込の負担を軽減できる。
・解約返戻金があるのがほとんどだが、それを目的にしてかけると損をしてしまう保険なので注意が必要。

 

まとめ

私が考えるポイントは、実際にさまざまな保険を加入するために調べてきたことだったり、両親の保険を検討するときに考えていたことです。

現在加入している生命保険の検討のときは、FP(ファイナンシャルプランナー)の方に相談させていただきました。直接聞いてみると、自分では知り得ない情報や気づかなかったポイントを見つけてくれるのでおススメします。

また、一番初めは掛け金の負担が少ない共済などが入りやすいのではないかなと思います。
生命保険を選んでいる時は、ついつい欲張って特約が良く見えたりするものですが、掛け金が上がってしまうことが多いので、無駄は省いてシンプルな商品を選ぶのがいいと思います。

自分のライフスタイルや将来のことも考えて、自分用の保険をカスタムすると長く付き合えると思います。いろんな保険会社から加入すると手続きの際に大変ではありますが、ぜひよりよい商品を見つけてください。

スポンサーリンク