生クリームと牛乳の違いとは?代用できるか調べてみた!

料理に生クリームを使うとコクが出るし、できあがったビーフシチューに生クリームをたらすと途端においしそうに見えます。

だけど、そういうときに使う生クリームって1パック全部じゃないから悩みますよね。

以前、少しだけ使って残った生クリームが、数日でモロッモロに固まってしまいビックリしたことがあります。

そんなことにならないように、少量だけ生クリームが必要なときに便利な方法をご紹介しますね。

 

スポンサーリンク



生クリームと牛乳の成分はどう違う?

まず、生クリームと牛乳の違いについてお話しします。

 

●生成方法

・生クリーム:生乳から取り出した乳脂肪分を濃縮して作られています。
・牛乳:生乳のなかの乳脂肪分を砕いてから均等化して、殺菌処理してできます。

 

●成分

・生クリーム:乳脂肪分が18%以上含まれている生クリームをライトクリームと言います。
ケーキなどに使うホイップ用の生クリームには、乳脂肪分が30%以上含まれています。
乳脂肪分が40%以上含まれていると、より泡立てやすくなります。
・牛乳:含まれている乳脂肪分は約3%です。

 

●カロリー

・生クリーム:200mlで約900キロカロリー
・牛乳:200mlで約140キロカロリー

やはり、乳脂肪分が多く含まれている分、カロリーは生クリームの方が高いですね。

生クリームを泡立てるとホイップクリームになるのは、乳脂肪分が高いからです。
なので、牛乳をいくら泡立ててもホイップクリームにはなりません。

また、料理に入れたときに濃厚でコクが出るのはやはり生クリームです。
牛乳だけでもクリームシチューは作れますが、生クリームを入れるとぐんとコクが出ます。

スポンサーリンク



牛乳から生クリームを作ることはできるか?

牛乳に含まれている乳脂肪分は約3%で、生クリームに含まれている乳脂肪分は約30%。

生クリームに含まれている乳脂肪分は、牛乳に含まれている乳脂肪分の約10倍です。

含まれている乳脂肪分が全然違うので、牛乳を煮詰めたりしても生クリームにはなりません。

 

でも、どうしても生クリームが必要な時は牛乳にバターの脂肪分を加えることで生クリームの代用品を作ることはできます。

 

牛乳:バター=3:1の割合で鍋に入れて弱火で温めてバターを溶かします。
それを冷やすと生クリームの代用品のできあがりです。

 

生クリームの代用で牛乳を使うときの注意点とは!

牛乳+バターで作った生クリームの代用品は、市販の生クリームに比べてバターの香りが強いので、お菓子よりも料理に使うのをおすすめします。

 

また、傷みやすいので早めに使い切るようにしましょう。
できたらその日のうちに使い切りたいけど、冷蔵庫で保存するときは煮沸消毒した保存容器に入れて2~3日で食べきるようにしてくださいね。

 

では、代用生クリームを使ったレシピをご紹介します。

 

●クリームパスタ

簡単に手軽に作れるのがクリームパスタ。
使う材料を変えるといろいろなクリームパスタを楽しむことができますよ。

 

・明太子クリームパスタ
★材料(4人分)
明太子(もしくはタラコ)1腹、マヨネーズ大さじ2杯、生クリーム100ml、お好みで大葉

★作り方
生クリームとマヨネーズに、ほぐした明太子(タラコ)を入れて混ぜて、ゆでたパスタをからめるだけ。
※お好みで刻んだ大葉を上に乗せてもおいしいですよ。

 

・クリームパスタ
★材料(4人分)
好きな具を好きなだけ、玉ねぎ1/2個、生クリーム1カップ
※具のバリエーション
・鶏肉ときのこ
・サーモンと枝豆
・好きなきのこを好きなだけ
・ツナとほうれん草
など。

★作り方
①具を適当な大きさに切り、玉ねぎはみじん切りにします。
②バターで玉ねぎを炒めます。
③具を加えてしんなりしたら、生クリームと塩コショウを加えて混ぜます。
④フライパンにゆでたパスタを入れてからめればできあがり。

 

●チキンのクリーム煮こみ

★材料(4人分)
きのこを好きなだけ、鶏もも肉2枚、白ワイン(または酒)1/2カップ、生クリーム1/2カップ、牛乳1/4カップ

★作り方
①きのこを適当な大きさに切り、鶏肉も食べやすい大きさに切って塩コショウをします。
②フライパンに油をひき、鶏肉を皮目から焼きます。焼き色がついたら裏返して裏側も焼いてください。
③フライパンにきのこを加えます。
④きのこがしんなりしたら白ワイン(もしくは酒)を入れて汁気がなくなるまで煮ます。
⑤生クリームと牛乳を混ぜて、とろみがつくまで2~3分煮たら完成です。

 

●簡単ホワイトソース

ホワイトソースは、バターに小麦粉を加えて牛乳を混ぜて作りますが、ダマになりやすいので作るのがけっこう大変なんですよね。

 

そこで代用生クリーム!
代用生クリームは牛乳とバターを混ぜたものなので、代用生クリームだけでホワイトソースのように使うことができるのです。

 

グラタン皿に好きな具を入れて代用生クリームを注いで、チーズを乗せてオーブンかトースターで焼くだけで簡単にグラタンができあがりますよ。

 

さいごに

市販の生クリームは傷みやすく、使い残したものをそのままにしているとモロモロに固まってしまいます。

少ししか使わずに、残りを使い切る予定がないなら、代用生クリームを使うことをおすすめします。

スポンサーリンク