絶対刺されたくない!蚊の対策グッズ 野外でのおすすめ商品

野外での行事が目白押しで楽しい季節になり、キャンプや海水浴など外での活動が増えてきます。

家族で山や川、海に出かけるときに心配なのは虫刺されですよね。

さまざまなタイプの虫除け対策をする商品が販売されています。

その中でも人気のものや、アイディア商品など新旧さまざまなラインナップでご紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク



蚊の対策といえばこれ!スプレータイプ

一番手軽で携帯も便利、屋外での使用で一番利用される「スプレータイプ」です。

我が家にも一本常備しています。普段は玄関に置いてありますが、お墓前りなどアウトドアだけじゃなくても蚊がたくさんいそうなところに行く時は使用します。

 

・KINCHO ヤブ蚊がいなくなるスプレー 蚊よけ 8時間効果持続 無香料

虫よけと言えば「KINCHO キンチョー」の商品ですが、屋外で空気中に噴射するタイプの虫よけです。

とにかく良く効くようです。

8時間も持続してくれるのであれば、アウトドアに出かけても、一度噴射すれば良いだけですので便利ですし経済的です。

ガーデニングをされる方にもおススメです。

 

・インセント 天然虫除けアロマスプレー 無添加

ご家族に小さいお子様やペットのいる方には安心の無添加商品。

ユーカリやペパーミントなど天然素材で虫が嫌がる成分が入っています。

アロマの成分ですので、匂いはもちろんあるのですが、体に優しいことを考えると無添加はいいですよね。

 

・パーフェクトポーション アウトドアボディスプレーエクストラ

肌に優しく、こちらもオーガニック商品です。

香りもいいですが、最初だけ匂いが強いのですが、すぐに馴染んできます。

虫除けスプレーの独特の匂いが苦手な方はオーガニックを選ぶといいのかもしれません。

 

・チュチュベビー虫よけミストタイプ

子供用の虫よけですが、蚊のみでなくマダニにも効果があるということで有能です。

もちろん肌にも優しいので敏感肌の大人にもいいです。

ミストタイプなので噴射した後になじませて使用します。

旅行で飛行機を利用される方は、スプレーよりはミストのほうが持ち込めるのでいいですね。

スポンサーリンク



ガーデニングなど屋外で長時間作業するときは置き型が便利

体や空気中に噴射するタイプもいいですが、合わせて置いておく虫よけもあるとより効き目が強くなりそうです。

キャンプやガーデニングなどで活躍しそうなものをご紹介します。

 

・蚊取り線香

言わずと知れた「蚊取り線香」です。今は100円均一でも小さいものですが販売されており、お手軽で効果も期待できます。

あの独特の匂いは、私にとってはもはや夏の心象風景の一部になっています。

日本の夏を感じたい方にはおススメですが、子供やペットにはあまり向かないかもしれません。

 

・蚊取りランタン enkeeo電撃殺虫器

LEDのランタンで、薬剤を使用せず蚊をUV光源誘引式が電撃で一瞬にして蚊を殺します。

薬剤を使っていないので、お子様やペットにも安心ですね。

内蔵型の2,000mAhのバッテリーで最大15時間の長時間使用が可能。屋外で一晩中点灯したままでも問題がありません。

USB充電は3時間でフル充電になるのでとても経済的なランタンです。

繰り返し使えることを考えれば、経済的なのではないでしょうか。

 

・どこでもベープ 携帯虫よけ

置き型とは少し変わりますが、腕や足に取り付けるタイプの虫よけです。

屋外で98.5%の虫除け効果を活気するということです。

これであれば小さい赤ちゃんのベビーカーにつけて置いたり、簡単に虫よけすることができます。

 

まだまだある!いろんなタイプの蚊の対策グッズ

これまでご紹介したのは割と一般的なタイプでしたが、ここからはそれ以外の虫よけグッズをご紹介していきたいと思います。

 

・ニコー 電撃殺虫ラケット「蚊Racket虫(カラケッチュウ)」

ラケットの面に流れている電気でショックを与えて殺虫します。

運動神経に自信のあるかたは是非お試しください。アウトドアでのご使用であれば、もしかしたら虫取りでひと盛り上がりを期待できるかもしれません。

昔、ハエたたきがありましたが(今もあるかな?)その進化版です。直接、自分の手で退治したい方向けです。

 

・虫よけ 蚊よけリング虫よけブレスレット

虫よけガードリングは100円均一でも売っているお手軽な虫よけガードです。

効き目がどれぐらいあるのかはわかりませんが、匂い付きのものであれば効果はある程度期待できます。

ブレスレットなら少しの外出でもつけて行けるので日常的にも利用できそうですね。

 

・虫よけシール

匂い付きの虫よけシールは小さいお子様をお持ちの方ならご存知の定番になった商品です。

気軽にペタペタ貼れて効果もあると思います。

クマなどの可愛い形からハローキティなど種類も多彩です。

子供はみんなシールが好きなので、自分で貼ることができるのがいいと思います。

ちなみに我が家の息子の幼稚園の遠足では、先生も園児もみんな帽子や服にたくさんペタペタ貼ってありました。

 

・モスキートネット FLYFLYGO 蚊帳

キャンプなど屋外で寝る機会があった時に、蚊を寄せ付けないという意味で昔懐かしい蚊帳をご案内します。

形状がテントの形なので、そのままアウトドア、キャンプに持っていっても問題のないオシャレなデザインです。

よく寝ている間に蚊に刺されていたということがありますが、屋外だと寝ている間は防ぎようがないので蚊帳だと安心です。

 

まとめ

さまざまな種類の虫取りの方法をご紹介してきました。

意外と昔から親しまれているような蚊取り線香や蚊帳など、若干の形が変わっていても今も変わらず愛用されているものもあっていいなと思います。

また、スプレー式のものも、外に噴射するのか自分にかけるものかなど、1種類の中でも細分化されています。

また、変わり種の虫捕りや虫よけもあるので、用途や使用する場所に応じて合うものを選びましょう。

 

ちなみにスプレー式のものはもちろんですが、薬剤を使用しているようなものは屋外での使用は問題ないですが、室内で使う場合など換気には充分注意してご使用ください。

私は以前、玄関ポーチの扉を開けた状態で虫よけのスプレーをしたのに、その後具合が悪くなったことがありました。

換気していても場所が狭いと、噴射した一瞬でも薬剤が充満するため、体内に薬剤が入ってしまうのだと思います。くれぐれも気をつけましょう。

スポンサーリンク