香典返しは何を送る?お礼状の書き方例文つき!!

予期せぬ身内の不幸。

近しい人ならなおさら悲しみは大きいでしょう。

 

ですがそんな時、悲しみに浸ってばっかりいられないのが現実ですよね。

葬儀の準備、故人の友人や知人、かかわりのあった人への連絡などなど、忙しない日が続くでしょう。

 

そんな時大変なことの一つと言いえば香典返しです。

香典返とは忌明け(四十九日)の法要が無事に終わりましたという報告とお香典のお礼をかねて送るもので、一般的にはお礼状を一緒の添えます。

でも香典返しっ何を送ればいいのか、お礼状にはどんなことを書けばいいのか、知らない人が結構多いんです!

そこで今日は香典返しのベストな品選び、お礼状の書き方、マナーなどをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク



香典返しには何を送ればいいの!?定番の弔辞ギフトとは??

 香典返しのタイミング

香典返しはさっきも紹介したように、葬儀に参列してくださった方や、お香典をいただいた方などに、お礼の気持ちを込めて贈られるものです。

タイミングとしては忌明け(四十九日)から一カ月以内にお礼状を添えてお渡しします。

ただ、命日によっては忌明けが年を越してしまうことがありますが、このような場合は三十五日を忌明けとして香典返しをする場合もあります。

最近では、香典返しの即日返し、当日返しと呼ばれる葬儀当日に参列者がお帰りになるタイミングで香典返しをすることも増えてきています。

 

 香典返しの相場

一般的に香典返しは包んでいただいた香典金額の1/2~1/3のものが目安と言われています。

半返しと呼ばれるものですね。香典金額は参列者によって違ってくるため、3種類ほど用意し、いただいた金額に応じてお返しするとよいでしょう。

また、当日返しの方法をとった場合に頂いた香典とあまりにも金額差がある場合(高額の香典を頂いた場合)は、いただいた香典の金額の1/2~1/3からから当日にお渡しした香典返しの金額を差し引き、その金額相当のものを後から個人的にお渡しするといいでしょう。

 

 香典返しの品物選び

1. 日本茶セット

香典返しの定番中の定番ともいえるお茶。どのような家庭でもあって困らず、消費期限も短くないため重宝されています。1種類だけではなく、いろんな種類のお茶を組み合わせてもいてもいいかもしれません。

 

2. ハンドソープ・石鹸等

不幸を洗い流す意味合いを込めた贈り物。
これも家庭にあっても困らずいつでも使っていただけるのでいいですね!!

 

3. タオルセット

タオルセットはもらって困る方はいないと思います。
特に今治タオルなどの高品質な物や肌触りにこだわったタオルなど、自分のためには買わないタオルが喜ばれますよ!

 

4. カタログギフト

品物に迷ったり、高額の香典を頂いたかたにはカタログギフトがおすすめです。
予算や金額に応じてカタログを選ぶことができるのもうれしい点です。

スポンサーリンク



使える!!香典返しに添えるお礼状のテンプレ例文

香典返しにはお礼状と呼ばれる挨拶状を添えます。

故人の生前受けたご厚意に対する感謝、葬儀に参列していただいたお礼などをかくものです。そんな大切なお礼状の書き方についてご紹介します。

 

 例文1

謹啓
先般亡き父 ○○(名前)のの葬儀に際しましては御多用の中にもかかわらずご会葬を賜り さらに丁重なるご厚意を賜りまして誠に有難く厚く御礼申し上げます
おかげにより○月○日に四十九日の法要をと滞りなく済ますことができました
生前中には皆様より格別のお引き立て ご親交を頂き充実かつ輝いた人生を過ごすことができたことを大変感謝いたしております
つきましては供養のしるしといたしまして心ばかりの品をお届けいたしました
お納めいただきますようお願い申し上げます
本来ならば直接お目にかかりお礼申し上げるところではございますが
本書中にて謹んで挨拶に代えさせていただきます
謹白

平成○○年○○月
○○○○(喪主名)

 

 ごく親しい方への挨拶

拝啓
先日の亡き父の葬儀には大変なお気遣いとお香典を賜りまして誠にありがとうございます
おかげをもちまして○月○日に四十九日法要をと滞りなく終えることができました
生前中父が皆様にどれだけ支えられていたのかを知り感謝してもしきれない思いでございます
親しくしていただいた皆様に最後のお別れをしていただき亡き父もとても喜んでいることと思います
つきましては心ばかりの品ではございますが供養のしるしにお送りさせていただきます
今後ともよろしくおねがいもうしあげます
○月○日
○○○○(喪主名)
敬具

 

大人のマナー!!香典返しのお礼状はここに気を付けよう!

香典返しのあれ以上にはいくつかのマナーがあります。大人として知っておいた方が良いものばかりですのでご紹介したいと思います。

 「拝啓/敬具」「謹啓/謹白」などの頭語・結語を忘れずに使う。
 季節のあいさつは入れません
 「逝去」亡くなった方への敬語になるので身内には使わない
 句読点、繰り返し語は使わない

 

まとめ

今回は香典返しの品選やお礼状の書き方、マナーについてご紹介しました!

 香典返しの品はもらっても困らないもの、自分ではあえて買わないものなどを選ぶとよい。

 お礼状は故人が生前お世話になった方への感謝と、葬儀に参列してくださった方へのお礼を伝えるもの。書き方を守りつつしっかり心を込めた文章を作りましょう。

 お礼状の書き方にはいくつかマナーやルールがあります。気を付けながら書くようにしましょう。

最近は、葬儀をしたら香典返しをするという風習や決まりみたいになっていますが、そもそも香典返しは感謝の気持ちや、故人が亡くなっても次の代もどうぞよろしく、という人間と人間の大切なコミュニケーションのような気がします。

心のこもった贈り物ができるように、しっかり知識を付けておくことをお勧めします♪

スポンサーリンク

生活

Posted by いろいろ娘。