花粉症は9月がピーク!しっかり対策しよう

花粉は春だけでなく、1年を通して飛散し、花粉症を引き起こしています。

秋の花粉の飛散量は少ないけれど、原因となる草花が野原や道端など身近なところに潜んでいる為、花粉症を引き起こしています。8月ごろから日本各地で飛び始め、9月にピーク10月まで続きます。

夏の暑さが和らぎ、エアコンの効いた部屋を出て、自然の空気を思い切り吸い込みたい!!
となりますが、身近な秋の花粉には注意が必要です!!

激しいくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目や喉のかゆみ・・・こんな症状を少しでも軽くする為に、しっかりと対策をしましょう!!

スポンサーリンク



秋の花粉の種類と飛散時期

○ ブタクサ(キク科)

【飛散時期】 → 9月~10月中旬
【特徴】
高さ1mくらいの雌雄同株の植物で繁殖力・環境適応能力が強く、道端・空き地・河川敷など全国に広く
分布し、秋の花粉症の原因として代表的。風に乗って広域に飛散するスギ花粉と異なり、ブタクサの花粉
は、数10m~数100mほどしか飛散しない。太陽が昇り始める早朝から午前中にかけて多量に飛散する
傾向がある。

 

○ ヨモギ(キク科)

【飛散時期】 → 8月中旬~10月中旬
【特徴】
繁殖力が強く、日本全国いたるところに自生し、地下茎はやや横に這い集団を作る。茎は立ち上がり、
やや木質化する。葉は大きく裂け、裏面には白い毛を密生する。抗原性の強さはブタクサ以上で、
飛散量も増加傾向にある。汁物、天ぷらなどの食用、薬用としても普段から馴染み深い植物。

 

○ カナムグラ(アサ科)

【飛散時期】 → 8月中旬~10月中旬
【特徴】
道端や荒れ地、林の周辺など全国に広く分布している。雌雄異株のつる植物。雄株から飛散する花粉が
花粉症の原因。茎から葉に小さな逆向きのとげがあり、木や電柱などに絡みつく。1年草でありながら、
爆発的な速さで広がっていき、あっという間に一面を覆い尽くす。

 

○ イラクサ(イラクサ科)

【飛散時期】 → 9月上旬~9月下旬
【特徴】
山地や林の中に多くみられる多年草で茎は高さ40~80cm、逆向きの細かい毛があり、葉とともに多くの
刺がある。本州や四国、九州に多く植生している。

スポンサーリンク



花粉症の対策と注意したいポイント

秋は、ブタクサやヨモギなどキク科の花粉によるものが多いです。秋に黄色い花が咲く草花には注意をしましょう!

又、キク科はもともと牧草なので、湿気の多い空き地や河川敷に群生します。

秋の花粉症である事を自覚せずに、このような場所をジョギングや散歩をすると、知らない間に花粉を吸い込んでしまって症状を悪化させてしまいます。

ブタクサの花粉飛散は、午前中が多いです。ジョギングを夕方にするなど、スケジュール調整をしてみても良いでしょう!

 

・ マスクをする・・・ マスクをすることで花粉症の原因となるアレルギー物質を吸い込まないようにします。

・ うがいをする・・・ 春のスギ花粉などの場合は、粒子が大きい為、鼻の粘膜に留まりやすいです。一方、ブタクサなど

の花粉粒子はとても細かく、気管に入るとぜんそくの原因にもなります。咳きや喉のイガイガ対策として、しっかりとうがいをしましょう。

・ 洗顔をする・・・ 外出から帰った際には、洗顔をして、顔についた花粉を落としましょう。

・ 服をよくはらう・・・ 外出から帰ってきた際や洗濯物を取り込む際には、衣類の表面についた花粉をよくはらい落としましょう。

・ メガネをする・・・ メガネをすることで、目の中に侵入する花粉を防ぎます。

 

風邪・花粉・他のアレルギーとの見分け方

夏から秋への季節の変わり目には風邪をひきやすい時期です。この時期に鼻水くしゃみが止まらない、微熱がでる等の症状がある場合は「風邪」、「花粉症」、「他のアレルギー」が考えられますが、どれも症状が似ています。

秋は、ガやダニ、ユスリカ、ゴキブリなどの昆虫アレルゲンが最も多くなる季節です。死骸が粉状になったものを吸い込んでしまうとぜんそくやアレルギー性鼻炎が引き起こされます。

又、近年、住居の気密性が高くなることで湿度が上がり、カビが発生しやすくなっている為、カビが原因のアレルギー患者さんも増えています。

 

花粉症の特徴は、

・ さらっとした鼻水。
・ 1週間以上、くしゃみと鼻水が続いている。
・ 目のかゆみがある
・ 熱があっても、高熱ではなく、微熱である。
・ 晴れた日に強く症状が出る。

花粉症は、ダニやハウスダストによるアレルギーと酷似しています。その為、病院でアレルギー検査をするのも一つの手段です。

自分自身が何のアレルギーを持っているかを理解し、今後の生活をする上で、避けた方が良いことなどを知っておきましょう。

 

まとめ

1.秋の花粉症の原因は
→ 「ブタクサ」「ヨモギ」「カナムグラ」などの身近な草花である。

2.花粉症の対策
→ マスク着用で吸入を防ぐ、うがい・洗顔で花粉を落とす、空き地や河川敷にある草花に気をつける。

3.風邪・花粉・他のアレルギーとの見分け方
→ 病院でアレルギー検査を行い、自分が何のアレルギーなのかを知る。

 

最近では、花粉症の辛い症状を抑えるだけではなく、根本的な体質改善の治療を行う医療施設も徐々に現れはじめました。

アレルゲンを少量から投与して体をアレルゲンに慣らしていく「アレルゲン免疫療法」です。

日本の国民病とも呼ばれるようになった花粉症。上手に付き合い、季節が移り行くのを楽しみたいですね!!

スポンサーリンク