【2018年版】銀行のお盆休みはいつ⁉ATMは使えるの⁉

社会人になると、「学生の時は夏休みも冬休みもあって楽しかったな〜。」なんて思い出に浸ってしまったりしますが、仕事を始めると連休はほとんど無くなりますよね。

一般的にはゴールデンウィークが終わると、次の連休はお盆休みという事もあり、早くお盆が来ないかなと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

よくお盆の時期にテレビを見ていると、海外旅行されている方も多くいらっしゃいますよね。出かける予定にワクワクしすぎてしまって、つい「お盆休み前にお金下ろすのを忘れた!」と焦った経験ありませんか?

私はお盆に旅行には行きませんが、仕事に没頭しすぎて「ようやくお休みだ〜!」と休暇に入った途端ハッと思い出して若干焦った経験があります。

そんなことにならないように、お盆休み中の銀行についてお話ししていきますね!

スポンサーリンク



メインの大型銀行‼お盆休みは窓口だけ⁉

2018年のお盆休み期間ですが、確認したところ
8月13日(月) 迎え火〜8月16日(木) 送り火

となりますので、一般的には4日間になりますが、今年の場合は
8月11日(土)が山の日で祝日、翌日12日は日曜日ですので計6日間の大型連休になる場合が多いです。

となると、10日(金)までに銀行に行かなければ!と思うところですが、ちょっと待ってください!!

 

まず是非知っておくと毎年困らない銀行情報があります!お盆と銀行営業日の関係なのですが、銀行の休日は「土、日、祝日、12月31日~翌年の1月3日」 と銀行法で定められています。つまり銀行にはお盆休みはありません!!

 

「え?それ本当?」と思った方。ご自宅にあるカレンダーを見てみてください!時期はお盆でも、お盆だから祝日といったことは全く書かれていないはずです。

銀行窓口とATMの営業時間は、お盆休みは関係なく通常営業になります!

 

ですので、下記のような大型銀行の休業日は8月11日(土)・8月12日(日)になります。

では、各銀行のお盆休み期間中の営業時間について詳しくお教えしますね!

 

① みずほ銀行

営業時間は午前9:00~午後15:00までです。
ちなみにみずほ銀行は、休日営業店舗がありますが、取り扱っているのはローン相談のみになりますので注意してください!ローンの相談の場合は、午前10:00~午後17:00までになり、事前予約が必要になります。

尚、ATMは土日以外24時間利用できますが、時間帯によって手数料がかかります。手数料無料での取り扱い時間は午前8時45分~午後18時までとなっています。

土日、祝日、振替休日の場合は終日、手数料がかかり、ATMの営業時間は、
深夜0:00~午後22:00時までです。午前8:00までは手数料216円、
午前8:00~午後10:00までの手数料は108円です。

 

② 三菱東京UFJ銀行

営業時間は9:00~15:00までです。ATMは24時間利用できますが、
平日の午前8時45分~午後18時以外の時間帯と土日祝日は硬貨は使えません!
また、午前8時45分~午後21時以外の時間帯でのATM手数料は108円です。

振り込みする際も、現金で振込できる時間が決まっています。
平日午前8時45分~午後6時までとなり土日、祝日は、現金での振込はできません。ですがキャッシュカードを使用する場合は時間や土日は関係ないので、時間外や土日に振込をするときはキャッシュカードを使うと良いです。

 

③ 三井住友銀行

営業時間は午前9:00~午後15:00までです。三井住友銀行はありがたいことに平日の夜間や土日祝日も営業している休日営業店舗もあり、平日は午後18:00まで、土日は午前10:00~午後17:00まで営業しています。休日営業店舗でも臨時休業となることはありますので確認してから行かれるほうがよいでしょう!

 

④ りそな銀行

営業時間は午前9:00~午後17:00までです。他銀行より2時間プラス営業です!ATMは土日祝日関係なく、24時間使えますが、第2土曜日の午後11:00から翌日の午前8:00までは、ATMは使えません。ちょうど8月11日は第2土曜日になるので、ATMを利用するときは注意が必要です!

 

⑤ ゆうちょ銀行

営業時間は午前9:00~おおよそ午後17:00頃までです。郵便局の大きさにより営業時間が異なるため、行く際はお近くの郵便局に確認をしてください!

土日祝日は休みですが、規模の大きい郵便局だと深夜まで営業していたり、土日祝日も営業しているところもあります。ですが受付けているのは郵便物のみの場合が多いので、窓口を利用するなら平日午前9:00~午後17:00ぐらいまでの間に済ませましょう。また、簡易郵便局は窓口の営業時間が午後15:00までとなっているところもありますので注意してください!

ATMの営業時間は、深夜00:05~午後23:55まで。日曜日は午後21:00までです。

スポンサーリンク



地方や信用金庫のお盆休みはどう対処しているの⁉

先程もお話ししましたが、銀行のお盆休みは銀行法に基づき、土日祝日のみが営業していないとお伝えしましたよね。大型銀行と同じく、地方銀行や信用金庫も、8月13日(月)から通常通り営業しています!営業時間は午前9:00~午後15:00までになっています。

ATMも基本的には24時間利用できますが、メンテナンス等で営業していない時間帯もあるので、心配であれば各店舗に問い合わせてみてくださいね!

 

銀行がお盆休みの場合お金をおろすには⁉

何度も言いますが銀行にはお盆休みがありません!通常営業していますので、いつも通り銀行ATMを使用してください。ですが、8月11日(土)山の日と8月12日(日)や営業時間外に急遽お金を下ろす必要が出た場合はコンビニのATMが便利です。

 

注意点

注意してもらいたいことは、コンビニが24時間営業だからと言ってATMも24時間営業しているとは限りません!深夜から早朝にかけては、取引を停止している場合もあります。また、コンビニによって提携していない銀行もあり取り扱いできない場合もありますので注意してください!

 

また、コンビニなどの提携先の銀行ATMでは手数料がかかることもあります。
手数料に関しては銀行ごとに異なりますので、ATMを使用する際に表示される手数料画面を見てお金を下ろすか後日にするか判断する、あとは銀行ホームページで、「○○銀行 ATM手数料」で検索すると手数料について詳しく掲載していますので確認してみるのが一番早いですね。

 

まとめ

いずれにせよ、手数料がかからない時間帯にお金を下ろしたり、用を済ませるのが一番良いですよね!大型連休初日の土曜日からお出かけや旅行など計画しているのであれば、慌てることがないように金曜までに銀行へ行くことをおすすめします!

スポンサーリンク