うさぎの暑さ対策はこれでバッチリ!対策法まとめ

ペットとしてイヌ、ネコについで第3位の人気な「うさぎ」。

愛くるしくて可愛いですが、とても繊細な生き物で夏バテをしやすいの動物です。

うさぎを飼い始めて間もない飼い主さんは、初めての夏をどう乗り越えるのか。

最愛のペットのうさぎが快適に過ごせるような暑さ対策をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



うさぎが快適に感じる室温は?

うさぎを飼っていて、夏バテしているのではないかと思うときはどのような症状が出ているでしょうか?

・食欲不振

・ぐったりしている

・呼吸が荒い

・水をあまり飲まない

・耳が熱い

・鼻の周りが濡れている など

 

うさぎは高温多湿が苦手です。

そういう意味では日本の夏の気候は、うさぎにとってかなり過酷な環境と言えます。

うさぎは汗をかいても体温調整ができません。唯一放熱しているのは耳だけです。

野生のうさぎも日陰を探し、涼しい場所で暑さを凌いでいます。

飼い主さんが手をかけて対策をしてあげないとすぐに夏バテしてしまうでしょう。

 

うさぎに適した環境は部屋の室温が20℃〜25℃で湿度が40%〜60%が最適です。

なるべくこの環境を保つようにしましょう。

また、水は1日2回ほど交換するのがいいでしょう。水を切らしてしまうと生命に関わる問題です。

長時間お水を置いておくと水は劣化してしまうので、新鮮なお水をあげるようにしてください。

 

どのペットも同じかもしれませんが、清潔を心がけ、ケージのおく場所も出来るだけ冷房の効いた涼しい部屋に移動させましょう。

すでに元気がないようであれば、水で濡らしたタオルで体を拭いて体温を下げてあげましょう。

水分不足で熱中症になってしまうので、体に吸収の良い水分を飲ませて様子を見て下さい。

もちろん、ぐったりして立ち上がれないほどの体調であれば早めの病院の受診をおススメします。

スポンサーリンク



うさぎの暑さ対策グッズいろいろ

暖かくなってきて湿度も上がってくる前に、暑さ対策グッズを用意しておいて万全の体制で夏を迎えましょう。

うさぎにはどのようなグッズが適しているのかご紹介していきたいと思います。

暑さ対策で使ってはいけないものがあり、体を冷やすために使う液体保冷剤はうさぎ、他に猫なども危険ですのでおススメできません。

うさぎはどこでも齧る(かじる)くせがあるので中の液体が出てしまうかもしれません。

ネコも爪で引っ掻いてしまうことが考えられます。

安全で経済的な暑さ対策グッズを見ていきたいと思います。

 

・凍らせたペットボトルを置く

見た目からもひんやり涼しげですが、ボトルの回りに水滴がたくさん付きますので、下に何か敷いたりするといいですね。うさぎでかじり癖が強いとペットボトルを噛んでしまうこともあり得ますので、その点においては注意が必要です。

 

・大理石などの石素材のマット

石は大理石などの場合は、ずっと触れていてもひんやりしています。うさぎにとっては、石素材なので固くて若干居心地が悪いかもしれませんが、ただ置いておくだけで良い点は飼い主さんとしては有難いでしょう。

 

・冷却マット

ウエットタイルで、水で濡らしてひんやりさせるマットです。
水の蒸発と風で冷える仕組みとなっており、室温が30℃を超えてもきちんと冷えてくれるので、エアコンなどと併用しなくても単独で使用できるので、電気代の節約になります。

 

・アルミプレート

こちちらもひんやりするマットとして有名ですが、素材の特徴として長時間冷えているかはわかりません。熱を持ちやすい素材だと思いますが、最初の冷え方が良いと思うので、他の製品との併用をおススメしたいと個人的には思いました。

 

・ゴザ付きペットソファ

一般的なペットソファに付属で付いているゴザを敷くタイプのものです。風流だなと見て思ったのですが、意外と通気性が良くていいのかもしれません。しかし、うさぎは齧る(かじる)行為は避けられないと思います。年に一回ほどのペースでゴザ部分を取り替える必要があるかもしれません。

 

うさぎに直接使用するグッズは上記のような敷いた上に座ってもらうタイプのものが主流です。

それ以外に、エアコンなどをつけていたとしても部屋の中に直射日光が入ることも避けた方がいいでしょう。

また、サーキュレーターなどで部屋の中の空気が自然の流れになるように心がけたいですね。

 

扇風機やエアコンを使用するときの注意点

ペットを飼っているあなたなら、暑い夏や寒い冬は自分が外出していないときを心配して、エアコンをつけっぱなしにしているかもしれません。

夏は熱中症が怖いので一番有効なのはエアコンの使用かもしれません。

しかしながら、電気代がとてもかかるので使い方を気をつけたいですし、先述したグッズをうまく使って節約したいですね。

 

ちなみに我が家も犬を一匹飼っていますが、夏の暑いときの犬だけでの留守番のときはエアコンをつけておくこともありますが、その際には少し設定温度をあげておきドライ運転にしています。

湿度が高いのはペットにとっても苦しいですし、部屋の中をそれほど冷やさず、気持ちだけ設定温度を上げておいた方が電気代がかからないのではないかという希望も込めてなのですが。

 

うさぎに限らず、イヌ、ネコも同様に体が毛で覆われていますので、私たちが使う扇風機を向けても、大して涼しくはありません。

言うなれば毛皮を着て扇風機の風を浴びている状態です。まして、直接風を当てるとなると呼吸がしづらいです。

そして人間でも同様だと思うのですが目が乾きます。

風が避けられずにかえってストレスを抱えてしまってはいけません。

風を浴びているだけでも体力を消耗してしまうので、ぜひ扇風機を動物に向けて使用するのは止めましょう。

 

まとめ

このように、環境に敏感なうさぎの暑さ対策をご紹介してきましたが、うさぎの体温調節の方法が耳から放熱するしかないというのはよく理解して、気温の変化に気を配ってあげる必要があります。

湿度が高くなってくる梅雨の時期ぐらいから、体調の変化に気をつけて、食欲不振かなと思ったら早めの対策、あまり酷いようなら病院にかかることもうさぎの命を守ってあげる飼い主の務めです。

涼しい環境でうさぎと仲良く過ごせるようにしましょう。

スポンサーリンク