もうすぐ引っ越しだけど・・・NHK受信料の解約はどうなるの!?

引っ越しは、新しい生活がはじまるので楽しみもありますが、大変なのは住所変更ですよね。

住民票や保険証、免許証、銀行、クレジットカードなどなどとにかく住所変更の手続きが多いんです。

 

そして、NHK受信料も払っている人がほとんどかと思いますので、NHKへの住所変更手続きもしますよね。

 

中々忙しい中で、NHKの住所変更までは気が回らずに、変更しそこねるかもしれないのですが、変更しておかないと、料金を追加で支払わなければならなくなってしまう可能性がありますので覚えておきましょう。

 

我が家が住所変更し損ねた際に、受信料を多く支払ってしまったエピソードもご紹介します。

スポンサーリンク



引っ越しする場合は住所変更を!

・NHKに引っ越しした事が通知される

引っ越しした場合には、不動産会社や引越し会社、郵便局からNHKに「この人は引っ越ししましたよ」と通知が行きます。

 

ちなみに、郵便局の転居届は複写式になっているのですが、その複写された2枚目の用紙というのもはNHKに「この人は引っ越ししましたよ」と知らせるためなんです。

 

だから、NHK受信料未契約の人の所へ、NHKの職員が「契約してください」と訪ねてくるんですね!

 

何もしなくてもNHKが引越ししたことを聞きつけて、やってくる可能性もありますが、自分から住所変更しておくことでトラブルを免れられます。

 

・いずれ実家に戻る場合には割引される!

もし、あなたがひとり暮らしを始めたとして、この先実家に戻る可能性があるのなら、NHK受信料が割引されます。

 

あなたのご両親がNHK受信料を支払っているのなら、家族割り引きが受けられるので、安くなるんですよね〜!

 

その家族割り引きを受けれ、NHK受信料が半額ほどになるので、絶対に入っておいた方がいいと思います。

スポンサーリンク



どうやってするの!?

・住所変更の方法

引っ越ししたらNHKに住所変更の届けを出す必要があります。

 

NHK受信料の窓口と言う所から、転居日、名前、引越し前の住所と電話番号、引越し先の住所と電話番号、メールアドレス、支払い方法などを選択・入力して住所変更の手続きが完了します。

 

NHK受信料の窓口はこちらです。
https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/sp/AddressChangeMenu.do

・解約は中々厳しい

NHK受信料を解約するのは中々難しいようです。

 

以前まではテレビが家にないことが証明できれば解約できたのですが、今ではテレビを見ることができる機器を持って入れば、必ずNHKの受信料を支払わなければならなくなってしまいました。

 

そのため、テレビがない証明をしてもらったところで「あなたはテレビを見ることができるスマホやパソコンを持っているでしょう?」と言われてしまえば、それまでです。

 

・解約できる状態なら早めに行動がオススメ

もし、あなたが引っ越しに当たってテレビを処分し、テレビを見ることができるスマホやパソコンを処分し、その証明ができれば解約は可能です。

 

ただ、解約をスムーズに行うためには、解約届を早めに自宅に届けてもらうことと、テレビやパソコン、スマホを処分したことが分かる証明書が必要となります。

 

証明書は、リサイクルショップなどへテレビやパソコン、スマホを売った時に発行されるレシートや領収書などを必ず保管しておきましょう。

 

・引っ越し先ではテレビが見られない場合

中にはテレビが見られない所へ引っ越す人もいる事かと思います。

その場合は、どこに引っ越しするのかの証明ができれば、NHK受信料の解約は可能です。

 

ただ、日本に戻ってくる予定があったり、他のテレビが見られる国へと引っ越す予定があるのなら、解約ではなく、NHK受信料が半額になる手続きとなりますので、注意してくださいね。

 

しなかった場合、どうなるの!?

・罰金を請求されることも

もし、NHKに住所変更を速やかに送らなかった場合、何らかのトラブルが起きてしまったら、その処理のためにかかった費用の請求や罰金の支払いを求められる可能性があります。

 

そういったトラブルは今のところどんなトラブルなのかは分からないのですが、いつどんなことがある変わらないので、住所変更はしておくべきかと思います。

 

・多くNHK受信料を支払ってしまうことも

引っ越しの手続きをしなかった場合、NHK受信料を多く支払ってしまうこともあります。
我が家がその良い例です(汗)

 

我が家が以前住んでいたマンションでは衛星放送が見られるようになっていたので、地上波よりも受診料が高い衛星放送を契約させられました。

 

引っ越し先では、衛星放送が見られなかったのですが、住所変更をしていなかったせいで、衛星放送の料金も引き落としされてしまったんですよね。

まとめ

・引っ越しするとNHKへと引っ越しの連絡が、不動産会社や引っ越し会社・郵便局から通知が行く
・NHK受信料の窓口というインターネットサイトから住所変更の手続きが可能
・住所変更をしなかった場合、場合によっては罰金などを請求されたり、我が家のようにNHK受信料を多く支払ってしまうことがある

 

引っ越しした際に、NHKへと住所変更はどのように行うのか、行わなかった場合はどうなるかなどご紹介しました。

 

解約に関しては、テレビはもちろんですが、テレビが見られるスマホやパソコンがある場合でもNHK受信料支払わなければなりません!

 

もし、テレビやテレビが見られるスマホやパソコンをリサイクルショップへと売るのであれば、必ず売ったことが分かるように領収書やレシートは保存しておき、いつでもNHKへ提示できるようにしておきましょう。

 

我が家は引っ越しした際に、住所変更の手続きをしそこねたために、受信料を多く支払ってしまいましたので、必ず住所変更行って損をしないようにしてくださいね。

スポンサーリンク