結婚式に行きたくない!相手を不快にさせない上手な断り方とは

おめでたい結婚式。花婿さんと花嫁さんにとっては、これまでお世話になった大切な方達にお祝いしてもらいたい!結婚式でみんなに感謝の気持ちを伝えたい!と素敵な結婚式にしようと色々と時間を費やして結婚式の準備を行っています。

でも、お祝いしたい気持ちはあるけど「正直、結婚式に行きたくない…」そういった気持ちになる人は意外と多く、様々な理由があるものです。

20代前半の頃、私が初めて行った友達の結婚式は、行きたくないという気持ちよりも「お祝いしなきゃ!」という思いとともに、「出席したら美味しいものが食べれる〜!」とか、「久しく会ってない友達と会えるから同窓会みたいな雰囲気になって楽しいだろうな〜!」「懐かしい友達に会えるかな?」と、ご祝儀は飛んでいってしまいますが、かなりポジティブな考え方で出席していた記憶があります。

少しずつ歳を重ねていき、「今まで結婚式って何回目の出席かな…」なんて考えるようになってきた時、「またご祝儀でお金が飛ぶわ…。お祝いしたいけどちょっと行きたくない。」と思ってしまったことがありました。

できれば欠席したい。でも不快に思われないような上手な断り方って?と悩んでいるあなた!どんな理由で結婚式を欠席することにできるかなど、参考にしていただければ嬉しいです!

スポンサーリンク



結婚式に招待されても行きたくない人は多い

結婚式は招待されたのなら、お祝いのために出席するのが一番望ましいですよね。

しかし、どうしても事情があって出席できなかったり、色々な理由から行きたくないと考える人も結構います。私も実際、学生時代に家庭教師のアルバイトをしていたのですが、教え子から結婚式に出て欲しいとお願いされたことがありました。

周りは全く知らない人しかいない、式場も遠いし金銭的にキツかったので、申し訳ないけど他の理由をつけてお断りしました。

そこで、招待された結婚式にどうしても行きたくない!と思った理由について下記にまとめてみました!

➀そこまで親しい友達ではない。人数調整じゃない?

友達だけど・・・そんなに親しい友達じゃない…という子からの招待状。もっと酷いのは、式を挙げる数日前に出席しないか誘われたという事例。仲良くもないし、こうなると完璧な人数合わせとしか考えられないし、ご祝儀も渡したくないと思うのが本音です。

➁会いたくない友人が結婚式に出席する

以前ちょっと揉めた友人が結婚式にくることになっていて、お祝いしたい気持ちはあるけど、どうしても会いたくないから行きたくない。

➂ご祝儀代のせいで今月キツくなる!

既婚者あるあるではないでしょうか?家計が厳しいからなるべく出費を抑えたい。子供の養育費で毎月大変!など家庭により理由は様々です。結婚式出席用に服を新調したり美容院でセットしないといけないなど、ご祝儀以外にもかかってしまうことが負担。

➃式場が遠いのに、ホテル代やお車代がでない!

さすがに日帰りでは帰れない距離の式場にもかかわらず、お車代であったり、ホテル宿泊の部屋すらない。遠くから行くのだから少しは考慮してもらいたい。

➄海外挙式…。金銭的にキツすぎて無理!

お祝いに行くというより旅行ですよね。笑 お祝いはしたいけど、さすがに海外となると会社の休みを取らないといけないし金銭的にもきついのが現状。

➅独身で出席するのが苦痛

周りの出席する友人は全員既婚者。まだ独身の身からしたら、いつ結婚するとか彼氏はいるのかとか、色々聞かれたのがとても苦痛…。

➆再婚した友達の2回目の結婚式

前の旦那さんとの結婚式に出席していて、数年で離婚して他の男性と結婚。また結婚式やるからと誘われたけど、親族だけでやるならやってほしい。

➇結婚式でひとりぼっち

出席したいけれど、知っている友達や知り合いが一人もいなくて嫌だと感じる人もいます。そのため結婚式に参加する気にならないと感じてしまいます。

お祝い事だからとはいえ、行きたくないという納得の理由ばかりですよね。祝福したい気持ちがあったとしても、誘われ方や相手との関係性、金銭的な面によっては、気持ちよく出席できないこともあります。では、そんな“行きたくない”と断りたい結婚式。どんな風に断っているのでしょうか?

仕事を理由にした結婚式の断り方は使いやすい

結婚式を欠席する理由として最も多いのが、仕事の都合を欠席理由にすること。相手を一番不快に思わせない断り方は、メールや電話などで結婚式に来ることが可能かどうかの連絡がきた段階で、上手く仕事の理由を使って断るのがスマートです。

例えば、「おめでとう!結婚式、是非出席したいところなんだけど、仕事の関係で行けない可能性が高いんだ…」と、正式な招待状が送られる前の段階で行けないという返事をしてしまうのがあなたにとっても、相手にとっても残念だけど仕方がない!と切り替えをつけやすいのではないでしょうか。

また、出席できそうか確認の連絡があったときに、「スケジュール確認して行けるように調整してみる」などと、相手に期待を持たせてしまったのち招待状が来た段階で、やはり欠席を決断した場合は、期日までに欠席に○で返信ハガキを送るのは当たり前ですが、必ずお詫びを記入しましょう。そして電話などで「やっぱり仕事の調整がどうしてもつかなくて、行きたかったんだけど本当にごめん!今度別でお祝いさせて〜!」とか「結婚式の週に出張に行くことになっちゃって、参加したかったんだけどどうしても外せない仕事で欠席させてください!一緒に祝いたかった!本当に申し訳ない!」というように、断ると良いですよ。

ポイントなのは、出席するために仕事のスケジュールを調整してなんとか行けるよう努力してくれたこと。そして申し訳なく思っている気持ちや行きたいけど、行けなくて本当に残念だと思っている姿勢が相手に伝わるかが重要になります。

仕事以外で結婚式を断るのに使える理由は?

仕事以外で結婚式を断る理由もさまざまです。あまり交流がなく仲良しとは思えない友達からの結婚式の誘いとは言え、断るときは相手が不快に思わない断り方で、なるべく穏便に収めるようにしましょう!

➀親族、または他の友人の結婚式と日にちが重なってしまった!

結婚式は大抵土日祝の大安や友引に式を挙げる方が多いと思います。親族の結婚式と日にちが重なってしまっている旨を伝えれば、それは仕方がないことだと理解してくれる新郎新婦が殆どだと思います。または、他の友人から先に結婚報告があって出席すると約束してしまったと伝えるば、納得してもらえるはずです。

➁子供を理由に断る

結婚式に子供を連れて行くのはとても大変です。静かにしてほしいときに泣き叫びますし、ゆっくり食事なんてできるわけありません。静かに座っているなんていう小さな子、見たことありません!実際私の話ですが、まだ1歳の息子を連れて行く友人の結婚式で大人しくしてくれるかヒヤヒヤしたことがありました。(勿論大人しくありません)

折角の結婚式という晴れ舞台を台無しにしてしまう可能性もあります!または子供を預けて結婚式に出席しようとするも、預け先がどうしても見つからない…と、結婚式に行きたいけれど子供の都合でどうしても行けない!と育児関係の理由で断ることも可能です。

➂体調不良

妊娠されている方はとくに、体調が安定していない。悪阻が酷い。自宅で安静にと医者から言われている。などと伝えれば理解してもらえるはずです。

結婚式を断る理由にしない方がいいものは?

これまで結婚式を断る理由をあげてきましたが、逆に断る理由にしない方がよい点もあります!

➀金銭的に余裕がないから行けない

あなたが式を挙げる側だとして、「お金に余裕がないから行けない!」なんて言われたらどんな気持ちになりますか?いくら金銭的に余裕がなくても、この断り方はNGです!相手を不快にさせてしまいます!

➁不幸を理由にして断る

嘘で身内の不幸を理由に断るのもNG!本当に不幸があった場合は、返信ハガキに理由は書いてはいけません。やむを得ない事情があり、欠席させて頂きます。とあいまいに伝えましょう。そして結婚式後にメールなどで伝えるのがマナーです。

喪が明ける49日までは、亡くなった方とお別れをして無事に極楽浄土へ行けるように願う期間です。お祝い事の出席は避けるのがマナーですよ!

結婚式を欠席した場合のアフターケアは必要か

どんな理由であれ、結婚式を欠席すると断わられてしまうと、仕方がないという気持ちもありますが結婚式の準備を日々頑張っている新郎新婦にとったらとても悲しい事です。出席できない旨を丁重に断わるだけでなく、お祝いの場に行けない代わりにできることがあります。

➀祝電を式場宛に送る

出席は出来ないけれど、おめでとうの気持ちを込めて祝電を送りましょう!結婚式を挙げる友達に、お祝いのメッセージを送りたいから、式場の名前と住所を教えてほしいと対応すると、新郎新婦は嬉しく思ってくれることが間違いなしです。

➁お祝い金を贈る

一般的な方法として、一万円程度のお祝い金を贈りましょう。もしあなた自身が式を挙げる方からお祝い金を頂いているのなら、同じ金額を贈ると良いでしょう!

➂ウェディングギフトとメッセージカードを送る

祝電ではなくても、式後少し落ち着いとからウェディングギフトやおめでとうのメッセージカード送るのも素敵です。新居の住所を教えてもらいましょう。また、2人の新生活に欲しいものがあるか聞くなど、お酒好きな夫婦ならラベルに名前が入っているワインや日本酒などプレゼントしてあげるのもいいですよ!

~まとめ~

結婚式を欠席したい場合は、相手が不快に思わないような言葉遣いを心がけましょう!行きたくない理由が相手を不快にさせてしまうような場合は、本当のことを言う必要はありません!欠席する場所は、あなたの気持ちとして祝電など別でお祝いできれば式を挙げる新郎新婦は嬉しい気持ちになりますよ!

スポンサーリンク