暖房の設定温度で「エコ」なのは何度?

冬になると高くなるのが…そう!エアコン代!!
冬に電気料金のお知らせを見るのが辛いです…汗

 

そういう主婦の方、私たち以外にも多いと思います~。
でもやっぱり、節約のためにもエアコンの暖房代安く抑えたいですよね。

 

特に暖房の温度設定次第で安くなるとは、ほとんどの主婦の方がなんとなく分かってはいるんですが、いざとなるとどのくらいの温度がエコなのかって悩みますよね。

 

こちらではエアコン暖房の推奨温度やエコな温度設定、エアコンの温度を下げても快適に過ごすには、その他の節電の方法などをご紹介していきます。

 

ぜひ、今年の冬からはエアコンの暖房代、安くしましょう!

スポンサーリンク



エアコン暖房の推奨設定温度

・エアコン暖房の推奨温度

エアコン暖房の推奨温度は約20℃です。

20℃だと、真冬では結構寒いですよね汗
靴下を履き、肌着と長袖のシャツ、パーカーやカーディガンなどを羽織るくらいする必要があるかと思います。

私は、エアコンの暖房の設定温度を20℃にする時にはマフラーをしています…特に女性は体を冷やしてはいけないので着込まないとですよね。

 

・設定温度を下げると節約になる?

エアコンの暖房の設定温度を1℃下げると、それだけで大体10%の電気代を節約できるんです。

逆を言うと、設定温度を1℃上げると10%も電気代が上がってしまうんです。

なので無理のない範囲で暖房の温度を低く保って節約したいですよね。

スポンサーリンク



「エコ」な暖房の設定温度とは

・18℃にする

エコな暖房の設定温度とは18℃にすることです。
これは電気代をこれでもかっ!てくらい抑えたい方向けですね。

家の中でモコモコの靴下にマフラー、軽いコートなどを羽織ればこの温度でも何とかなるのかもしれませんが、小さなお子さんがいたり空間を暖かくしたい方にとってはあまり向きません。

 

・自動運転にする

エコな暖房の設定温度とは自動運転にすることです。
意外かもしれませんが、自動運転ですと室内が設定温度になるまでは室内を暖ためることにパワーを使いますが、暖まったら送風モードや弱運転に自動的に切り替わるので、ずっと同じ設定温度にしておくよりかはエコです。

では、はじめから送風モードや弱運転にすれば良いかと言うとそうではありません。

今度は部屋の温度を上げるまでに時間がかかってしまうので、電気代を上げてしまうんですよね。

暖房の設定温度を下げても快適に過ごすには

・断熱材を貼る

暖房の設定温度を下げても快適に過ごすには、断熱材を窓に貼りましょう。

断熱材はその名の通り、外に熱を逃さないためのもので、我が家は断熱材を窓に貼るようにしてからは部屋の温度が2℃位上がり、スースーと隙間風が入ってくることもなくなりました。

我が家がボロい家だとか欠陥住宅と言うことではなく、どこの家も冬場の窓の隙間からは風が入ってくるものなんですよね。

 

・加湿器を炊く

暖房の設定温度をさげても快適に過ごすに、加湿器を炊きましょう。

加湿器は部屋の湿度を上げます。
湿度が上がると、温度が低くても暖かく感じるんですよね。

梅雨の時期って気温はそこまで高くないですが湿度が高い分、物凄く暑く感じませんか?

感じますよね。
そのため湿度が高いと暖かく感じやすいんです。

エアコンの手入れで暖房の効率アップ!

・エアコンの掃除をするだけ!

エアコンの掃除をするだけで6%も効率がアップするんです。
エアコンにはフィルターがありますよね。

このフィルターに埃が詰まってしまうと、エアコンの風の通り道が埃でふさがってしまうのでエアコンの効き目が悪くなってしまうんです。

埃というのは空気中に漂っていて、常にフィルターにたまってしまうものなので、月に1回くらいはフィルターを清潔にすると良いと思います。

 

・余裕があれば室外機の掃除もすると良い

余裕があれば室外機の掃除もすると、なお効率がアップします!
室外機が汚れているだけで、カビの発生が起こってしまう可能性がありますし、そのカビがエアコンを通じて室内に入ってくるのは考えただけでゾッとしますよね。

ちなみに、室外機の掃除は素人では難しいので業者にお願いするか、せめて室外機の回りを綺麗にしておけばカビが生えて暖房の効率が下がったり、室内にカビが侵入するなんてことが防げます。

エアコン節電方法いろいろ

・短時間の外出ならつけっぱなしに

短時間の外出でしたら、エアコンはつけっぱなしにする方が節約になります。
エアコンをこまめに消した方が節約になると思うかもしれませんが、こまめに消してしまうと、その分部屋の温度を高くする回数が増えます。

エアコンというのは、一気に部屋の温度を高くすることにエネルギーを使うので、その分の電気代が高くつくということなんですよね。

そのため、私も30分くらいの外出でしたらつけっぱなしのまま、1時間以上の外出の予定がある場合は、エアコンを消しています。

 

・ 扇風機やサーキュレーターを使う

エアコンと同時に扇風機やサーキュレーターを使いましょう。
エアコンから出た暖房の温かい空気というのは、部屋の上の方に溜まってしまいます。

そのため、扇風機あサーキュレーターなどを使って、温かい空気を部屋の下の方まで循環せさることで、低めの温度でも温かく感じます。

人がいるのは部屋の下の方なのに、温かい空気を上の方へ溜めていてはもったいないので、ぜひ試していただきたいと思います。

まとめ

・エアコン暖房の推奨されている温度は20℃。温度を1℃上げると10%も電気代が上がる

・エコな暖房の設定温度は18℃、自動運転

・温度を下げても断熱材を貼ったり、加湿器を炊けば快適に過ごせる

・エアコンのフィルターや室外機の掃除をこまめに行うと効率アップ

・短時間の外出ならつけっぱなし、扇風機やサーキュレーターを使うことで節電になる

 

エアコンの暖房の温度は何度にするべきなのか悩みますよね~。
節約のために設定温度を低くすると今度は部屋が暖かく感じにくいですが、断熱材や加湿器を炊くことで暖かい部屋で過ごせます。

ぜひ、今年の冬からは節約と暖かい部屋どちらも手に入れてくださいね。

スポンサーリンク