ゆで卵を水から作るとき、ゆで時間は何分?

ゆで卵って茹でるだけのイメージですが、意外に難しく感じますよね~。
私なんて主婦ですけど、ここ最近までゆで卵の殻をむくのに時間がかかっていたり、茹ですぎたり茹で時間が足りなかったりして、数多くの失敗してました(汗)

そのため、あまり料理をしたことがない人にとっては、中々コツをつかむのが大変だと思います。
こちらでは主婦の私の失敗を元に、ゆで卵の失敗しにくい作り方をご紹介していきます!!

水から作る方法やお湯から作る方法、白身がお湯に飛び出していかない方法、つるんとむきやすくなる方法まで盛りだくさんですので、ぜひ読み進めてみてください。

スポンサーリンク



ゆで卵の半熟を水から作る

・ゆで卵の半熟って水から作れるの?!

ゆで卵の半熟は水から作れます!
ゆで卵を作る時には、半熟か完熟関係なく、お湯だと思っている人が多いんですが、水で作れます。
水から作った方が、実は下のようなメリットがあるんです。
・茹で時間が短くなる
・ひび割れることが少なくなる

などです。

卵って普段冷蔵庫に入れておきますよね?
冷蔵庫から取り出してすぐにあっつい鍋に入れてしまうと、温度変化に耐えきれずにひびが入ってしまって卵の中身が漏れてしまうんです。

私もよくやります汗
白身がお湯に漏れてきてしまって焦りましたね〜。

・半熟卵を水から作る方法

では半熟卵を水から作る方法をご紹介していきます。
準備するものは下の6つ。
・鍋
・卵
・卵が半分隠れるくらいの水
・菜箸
・氷水
・器
鍋でなくてもフライパンでも大丈夫ですが、フライパンの場合、水を多めに準備しなきゃいけなくなりますので気をつけてください。

作り方はこんな感じです。
①鍋に卵と水を入れて中火にかけます
②卵を菜箸で優しく転がすと、黄身が中心になります。
③水が沸騰したら蓋をし、中火で8〜9分程置いておきましょう。
④氷水で冷やしておきます。
⑤スプーンの背で卵を全体的にビビ割れさせたらつるんと向けます!

トロッと美味しい半熟卵召し上がれ!

スポンサーリンク



固ゆで卵を水から作る

・固ゆで卵を水から作る方法

準備するものは下の6つ。
・鍋
・卵
・卵が半分隠れるくらいの水
・菜箸
・氷水
・器

作り方はこんな感じです。
①鍋に卵と水を入れて中火にかけます
②卵を菜箸で優しく転がすと、黄身が中心になります。
③水が沸騰したら蓋をし、中火で11〜12分程置いておきましょう。
④氷水で冷やしておきます。
⑤スプーンの背で卵を全体的にビビ割れさせたらつるんと向けます!

作り方は半熟ゆで卵と変わりませんね!
変わるのは時間くらいです。

お湯からゆで卵をつくるとき

・卵を常温に戻す

お湯からゆで卵を作るときには、卵を常温に戻しましょう。時間は時期にもよりますが10〜20分くらいでしょうか。

水から作る場合にはこの工程はいらないのですが、お湯の場合には冷たいゆで卵を入れてしまうと温度変化に耐えられなくなって殻が割れてしまう原因になります。

少しくらいなら大丈夫かもしれませんが、白身がお湯に流れてしまうとショックですので気をつけてください。

・針などで穴を開ける

お湯からゆで卵を作る場合には、針などを使ってゆで卵のお尻の方に穴を開けてください。

ゆで卵のお尻とは、とんがっている方の反対側です。
ここに殺菌した針で一箇所させば、ゆで卵の膜とゆで卵の間に空気が入り、殻がむきやすくなります!
どうしてもお湯からゆでると殻がむきにくくなるので、ぜひ試していただきたいです!

ちなみに、針の殺菌は熱湯をかければできますが、火傷してしまう可能性もありますので台所用のアルコール除菌シートなどを使うのがおすすめです。

・半熟卵をお湯から作るときのゆで方

準備するものは下の9つ。
・鍋
・卵
・卵が半分隠れるくらいの水
・菜箸
・氷水
・器
・針
・アルコール除菌シート
・お玉

作り方はこんな感じです。
①水が沸騰したらお玉に卵を乗せてそーっとお湯に入れます。
②再び沸騰したら火を弱めます。
③半熟卵の場合には7〜8分ほど
固ゆで卵の場合には11〜12分ほどゆでたら氷水に出し、熱をとります。
④冷えたらスプーンの背て叩いてヒビ割れさせ、殻をむきましょう。

ゆで卵をゆでている途中で白みを飛び出させないために

・お酢を入れる

ゆで卵をゆでている途中に白身を飛び出させないためには、ゆでるお湯にお酢を入れてください。

そうすることで、白身が卵の中から漏れてきてしまっても、それ以上漏れることはなく固まりやすくなるんです!

・卵は優しくお玉で入れる

ゆで卵をゆでている途中に白身を飛び出させないためには、卵を優しくお玉で入れてください。

熱いお湯に卵を入れるときには、ついつい火傷しないようにと、ぽんぽんと落とすように卵を入れたくなってしまうと思いますが、それは割れて白身が出てきてしまう原因となりますので、必ずお玉を使って入れましょう。

ゆで卵の殻の剥き方のコツ

・スプーンの背で割る

先程からご紹介してますが、ゆで卵の殻はスプーンの背でヒビ割れさせたら割れやすくなります。

ヒビ割れさせるときには、全体的に細かいヒビを入れることで割れやすくなりますし、とても簡単ですよね〜!

洗い物が増えないっていうのもいい点だと思います。

・蓋つきのタッパーに入れて振る

蓋つきのタッパーに水と卵を入れてよく振ると、卵に細かいヒビが入るのでむきやすくなります!

1〜2個程度ならスプーンで割るのでも良いのですが、少し数が多い場合には卵をまとめて入れて振るのが物凄く楽チンです!

まとめ

・半熟ゆで卵を水から作るには8~9分程茹でる
・固ゆで卵を水から作るには11~12分程茹でる
・お湯からゆで卵を作るのには卵を常温に戻したり、針などで穴を開けると良い
・ゆで卵の白身を飛び出させないためにはお湯にお酢を入れてゆでたり、卵を優しくお玉で入れたりすること
・ゆで卵の殻のむき方のコツは、スプーンの背やタッパーに入れてシェイクしてひびを入れること

ゆで卵はお湯からのイメージが強いですが水からの方が、手間が少ないのでおすすめです!
どんどん楽して美味しいゆで卵を作ってくださいね!

そして、白身は飛び出しやすいですが、お酢を適量お湯に加えたりお玉でそーっと入れることで飛び出しにくくなるので、ぜひ実践して美味しいゆで卵を作ってみてください。

スポンサーリンク