サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

うちの旦那が何もしないのはなぜ?家事をさせるコツとは?

近年家事・育児を積極的に手伝う旦那が増えているというデータがありますが、家事を手伝わない旦那にイライラする妻は多いと思います。

共働きも増え妻の仕事は増える一方。家事は妻がするものだと未だに思っている男性も多く、そんな男性に手伝ってもらうことって、本当に難しいですよね。

少しゴミ捨てや、お風呂掃除をしたくらいで手伝ってあげているオーラを出す人や、何度言っても動いてくれないと、一人で家事を抱えてしまう女性もいます。

・家事分担の話をすると嫌そうにされる
・仕事で疲れ、帰ったときはゆっくりしたい
・ごみを玄関に置いていても、出し手と言わない限り持って行かない
・休日妻が家事をしていても旦那は休日くらいゆっくりしたいと、何もしない

上記が何度か続くと、頼みにくい状況に陥ちいり、頼むこと自体疲れてしまうようになります。

 

スポンサーリンク



また、男性側からの意見では、

・家事が苦手で妻のように段取り良くできず、時間がかかってしまう
・家事がとても苦手
・手伝っても後でダメ出しをされる
・感謝してくれない

等と言った意見があります。

確かに家事が得意な男性も世の中にはいますが、たいていの男性は苦手だったり、女性のように段取り良くこなせなかったりして、見ている女性の方があーだ、こーだ言ってしまいたくなる気持ちもわかります。

ただそこをぐっと我慢することで、家事の不平等から抜け出すことが可能になってきます。

また、一旦旦那にお任せした家事については、気になるところや完璧なものではなくても、感謝の気持ちとうれしい気持ちを伝えて褒めて伸ばすように心がけましょう。

一回やる気を失ってしまうと、その後にもう一度やる気にさせることが難しくなってしまいます。

スポンサーリンク



旦那に「何もさせない」ようにしていませんか?

旦那に家事を任せると時間がかかってしまう、洗濯のたたみ方が雑など自分でしてしまった方が早く、スムーズにできるので、任せては見るものの、「もーいい私がやる」と言って妻がすべてやってしまう…なんてことはよく聞います。

女性の方が圧倒的に家事のスキルがあり、毎日習慣として家事をこなしているため、段取り良くこなせてしまうため、モタモタして家事をこなしている旦那さんを見て、イーッとなってしまいます。

ただ、ここを我慢しない限り、家事の不平等は永遠に続いてしまいます。

元々やる気がないわけではなく、手伝いたくてもどうすれば良いのか分からない、何から手を付ければいいのか分からないという旦那さんに対しては、段取りやスキルを身に着けてもらうことができれば、先々は旦那に家事を任せられるようになります。

仕事で忙しいからできないは誤り!

仕事が忙しくても、人間は食べて、お風呂に入り、着たものを洗濯し、食べたものを片付け、食器を洗い、それを片付け、布団を敷いて、寝る…一人でもこれくらいの家事は最低しないといけません。それが二人、三人と増えればその分家事も増えるのは当然です。

仕事が忙しくて疲れている気持ちは分かりますが、そのことで家事が出来ないのではありません。小学生時代の放課後掃除当番と同じで、出来れば誰かにしてもらいたい、他にしたいことがある、面倒くさいというような理由で、仕事を持ち出しているだけだと思います。

ただこれにストレートで反論しても、平行線です。

旦那さんがなぜ家事をしたくないのか?という理由を探ることも大切です。

単に面倒くさい、やってくれる人が居るからという理由はおいて置いて、やり方が分からない、やった後ダメ出しをされるのが嫌だ、自分がした後に手直しをされているのが嫌だ、など妻側にも改善が必要な場合がありますので、その場合は素直に認め二人で改善していくことが必要になります。

旦那に生活に必要な知識・スキルを身に着けさせる

元々男性は家事や育児おスキルが女性より低いので、やり方が分からない、苦手だという旦那さんに対しては、何度か一緒に家事をすることでやり方を教えてあげることが必要になります。

「一緒にしよ」とお願いをしてみましょう。旦那さんが家事をこなした後、手直しをしたりダメ出しをするのはNGです。やる気をなくしてしまいますので、コツを覚えて一人である程度できるようになるまでは、あくまでも二人で一緒にできるだけ会話をしながら、楽しくするのがコツです。

うまく出来ていない所は、ダメ出しをするのではなく、「この方が早くできるよ」とか言い方を考えながら教えてあげましょう。

もちろんそこまで成長するまでに、時間と労力はともなってしまいますが、子どもに教えるよう丁寧に、そしてうまく出来れば大げさなくらい喜んで、感謝の気持ちを伝えることが大切です。何度か経験を積むことで知識とスキルが身に付き家事に自信がつけば、自ら進んで手伝ってくれるようになります。

共働きが増えてきている今だからこそ、家事は妻だけの仕事ではありません。旦那にも手伝ってもらいながら効率よく分担できることが、円満の秘訣にもなります。

そのような両親の姿を見て子供も同じように家事を率先してくれるようになれば、なお家族円満になり、家事が早く片付けば、楽しい時間をみんなで過ごすこともできるようになります。

いかがでしょうか?家事を通じて夫婦・家族のコミュニケーションが深まれば楽しくなおかつ、効率的に家事を片付けてしまうことが可能になります。押し付け合うのではなく、お互いに思いやりをもって補い合うことができれば、家事も素敵なコミュニケーションのツールになります。

スポンサーリンク

生活

Posted by いろいろ娘。