セブンイレブン決済手数料はどれくらい?クレジットも使える?

ネット通販便利ですよね~
よく利用しています。

早ければ次の日、遅くても数日以内に届くので重いものはもちろん、ネットでしか買えないものなんかもよく買います!
ただクレジットカードの情報を入力して決済するのって、若干心配じゃないですか?
セキュリティが大丈夫なのか…私は気になりますし、中にはクレジットカードは管理が面倒くさいから普段使わなかったり、限度額がいっぱいになってしまって使えなかったりする場合もありますよね。

そんな時におすすめなのがコンビニ決済。
コンビニといっても何店舗かありますが、一度は耳にしたことがあるセブンイレブン決済。

今回は、そのセブンイレブン決済の手数料はかかるのか、かかるとしたらいくらなのか、クレジットカードで支払えるのかなどなどを御紹介していきます。

スポンサーリンク



セブンイレブンの決済で手数料がかかる仕組み

セブンイレブンの決済で手数料がかかる仕組みと言うのは、あなたと通販会社の間にセブンイレブンが入り、決済を仲介してくれているからです。

そのため、セブンイレブンに「仲介してくれてありがとう」ということで手数料を支払う仕組みになっています。

もちろんネットで商品を販売している会社の口座などに直接支払いをすることも可能なんですが、ネット通販の会社的にはセブンイレブンなどに代行して、料金を支払ってもらった方が管理しやすいですよね。
そのため、セブンイレブンの決済を利用している会社が多いです。

スポンサーリンク



アマゾンのセブンイレブン決済手数料

アマゾンのセブンイレブン決済手数料は、0円です。

私はよくアマゾンで買い物します。
特にネットですとクレジットカード番号を入力することに少しためらってしまうので、コンビニ決済はよく行うのですが、アマゾンはコンビニ決済の手数料がかからないので今までコンビニで計算する時に手数料がかかることを知りませんでした笑

手数料がかからないと言うのは、購入する側にとってはかなり助かりますよね。

楽天のセブンイレブン決済手数料

楽天のセブンイレブン決済手数料は、かかります。

以下にまとめましたので参考にしてください。
購入金額が8000円未満の場合は税込みで216円ので数量が、購入金額が8000円から30,000円の場合には購入金額の3.24%が、購入金額が30,000円の場合には税込みで972円の手数料がかかります。

例えばですが購入金額が1000円の場合、購入金額の3.24%が手数料に関なると書かれていますが、実際の金額に当てはめて計算してみましょう。

8,000円の場合…259円
10,000円の場合…324円
20,000円の場合…648円
30,000円の場合…972円

ヤフーのセブンイレブン決済手数料

ヤフーのセブンイレブン決済手数料は、かかります。
お買い上げ金額に応じて手数料が変わります。
以下を参考にしてみてください。

お買上金額2000円未満…162円
2000~3000円未満…183円
3000~10000円未満…216円
10000~30000円未満…270円
30000~300000円未満…324円

楽天に比べると、大きな買い物をしても決済手数料が324円までしかかからないので助かりますね!

セブンイレブン決済にクレジットは使える?

・使えない
セブンイレブン決済にクレジットは使えません。
セブンイレブン決済とは、厳密に言うと「収納代行手数料」と言い、先ほどもご紹介しましたがセブンイレブンがあなたと通販会社との間を仲介してくれるので、そこにかかる人件費や手間を手数料として納めているわけですよね。

実はこの収納代行手数料、セブンイレブン側にとってはかなり利益が少ないんです。
クレジットカード決済もセブンイレブン側は、クレジットカード会社へ支払う手数料がかかりますよね。

そのため、利益が少ない収納代行手数料からクレジットカード決済分の手数料まで引かれてしまうと、コンビニは赤字になってしまうこともあります。

かなりリスクが高いので、セブンイレブン側としては現金払いのみにしたいのです。

・裏技を使えばクレジット決済できる?!
セブンイレブンでも、裏技を使えばクレジット決済ができます。
セブンイレブンには、ナナコカードというものがありますよね。

こちらでは収納代行関係の支払いもできる電子マネーです。
また、税金を支払うこともできますし、ナナコに入金(チャージ)する際には現金飲みと思っている方も多いようですが、セブンイレブンのクレジットカードを使えば入金することができます!

間接的にクレジット払いができるということです!
ただ、収納代行関係の支払いの際にはナナコポイントは貯まりませんので注意が必要です。

まとめ

・あなたと通販会社の間に仲介してくれているので、そこにかかる手間や人件費の為に手数料が発生する
・Amazonのセブンイレブン決済手数料はかからない
・楽天のセブンイレブン決済手数料は購入金額に応じてかかる
・ヤフーのセブンイレブン決済手数料は購入金額に応じてかかるが、楽天に比べたら安い
・セブンイレブン決済にはクレジットカードは使えないが、ナナコでの支払いなら可能。またセブンイレブンのクレジットカードならナナコへの入金が可能なので間接的にクレジットカード決済が可能になる

セブンイレブンの決済手数料についてのご紹介でした!
セブンイレブンの手数料はアマゾンに限っては手数料はかからず、楽天やヤフーはかかるとのことです。

もし3社に同じ商品が売られていたら、セブンイレブン決済手数料込みで比べてみてくださいね!

スポンサーリンク