頭皮スッキリ!重曹シャンプーの作り方・注意点まとめ

エコ掃除アイテムとして人気が高い重曹ですが、なんとシャンプーとしても使えるのです。
掃除だけじゃなくてヘアケアにも使えるなんて、なんて万能な粉でしょう。
私は家じゅうを重曹とクエン酸で掃除するようになって洗剤のストックが減りスッキリしました。
シャンプーのストックが減るのなら、重曹を使うのもいいなと真剣に考え始めています。
そんな私が重曹シャンプーについてガッツリ調べてみましたよっと!

スポンサーリンク



重曹シャンプーって何がいいの?

重曹は弱アルカリ性です。
掃除として使うときは、酸化した油汚れや皮脂汚れを落とすときに使います。

同じ原理で、重曹は酸性の皮脂汚れにも効果を発揮します。
頭皮の皮脂汚れを落とし、毛穴に詰まった皮脂を取り除いてくれるのです。

また、重曹の細かい粒によって頭皮に残る古い角質を落とすこともできます。

皮脂や古い角質が取り除かれることにより、頭皮が清潔に保たれ、髪が健やかに育っていきますよ。

スポンサーリンク



重曹シャンプーの作り方


では、そんないいことづくめの重曹シャンプーの作り方をご紹介しましょう。

重曹シャンプーは、使うときに混ぜて作ります。
お湯1リットル(洗面器の1/3~1/2ほど)に重曹を大さじ1杯入れて、粒のざらつきがなくなるまでしっかりと混ぜます。
これで重曹シャンプー液のできあがりです。

この重曹シャンプーを使って髪を洗うときは、
①まず髪をしっかりと濡らします。
②重曹シャンプー液を髪にかけて頭皮にしっかりともみこんで、地肌をマッサージしながら洗います。
洗面器を傾けて一気にかけるとうまくかからず、大半をこぼしてしまいます。
小さな手桶や子供用のおもちゃのバケツなどで少しずつ髪にかけましょう。
③頭皮を洗ったらシャワーで重曹成分をしっかりと洗い流します。

いきなり重曹を溶かしただけのお湯で洗うことに抵抗がある場合は、少しずつ重曹を取り入れていきましょう。

まずは、いつものシャンプー3プッシュに対して小さじ1/3杯ほどの重曹を混ぜていつも通り洗ってしっかりとすすぎます。
これを数日続けて、重曹のざらつきに慣れてきたら少しずつシャンプーに混ぜる重曹の量を増やします。

そして重曹を溶かしたお湯で週に1~2回洗い、その合間は普通のシャンプーとトリートメントを使いましょう。
シャンプーとトリートメントは、できたら洗浄力が穏やかな石鹸系のシャンプーを使うことをおすすめします。
そうして、重曹シャンプーと穏やかなシャンプー・トリートメントを交互に使って重曹シャンプーが合うようだったら毎日重曹シャンプーで洗ってみてください。

重曹シャンプーを使うときの注意点

重曹シャンプーを使うときには注意したいことがいくつかあります。

①強くこすりすぎない。
重曹はなじませるだけでも皮脂汚れを落とす働きがありますので、強くこすらなくても汚れを落とすことができます。
強くこすると重曹の粒の研磨作用によって、頭皮が傷んで逆によくありません。
抜け毛や頭皮の炎症を起こすこともありますので、やさしくマッサージをするように洗ってください。

②目に入らないようにする。
シャンプー中やすすいでいるときに重曹が目に入ると、重曹の粒で目を傷つけてしまいます。
上を向いて重曹が目に入らない姿勢をとってから洗ったりすすいだりしましょう。

③重曹を入れすぎない。
重曹をたくさん入れて混ぜると、皮脂を取り除きすぎてしまいます。
皮脂が多いと頭皮のべたつきやかゆみの原因になりますが、皮脂には頭皮の乾燥を防ぐ働きもあります。
なので、皮脂を取り除きすぎると乾燥によるフケやかゆみの原因になるのです。

また、重曹を多く入れすぎると髪のタンパク質が分解されて髪がパサついたり頭皮が荒れたりします。
重曹は入れすぎないようにしましょう。

もし、上にあげた割合で混ぜても頭皮が乾燥するようならば、頭皮にも使える化粧水や乳液などでケアをしてくださいね。

重曹シャンプーと合わせて使いたい「クエン酸リンス」

重曹シャンプーは普通のシャンプーと違って髪をなめらかにする成分は入っていません。
そのため、重曹シャンプーで洗ってすすぐと髪がギシギシゴワゴワすることがあります。

そんなときはクエン酸リンスを使いましょう。
クエン酸は酸性なので、重曹のアルカリ成分を中和して髪のごわつきを解消してくれます。

クエン酸リンスは重曹シャンプーの後、お湯1リットル(洗面器1/3~1/2ほど)に対してクエン酸を小さじ半分ほど溶かして髪にかけてなじませます。
このときも小さな手桶や小さなバケツでかけると上手にかけることができますよ。

毎回クエン酸リンスを作るのがめんどうなときは、石鹸シャンプー用のリンスとして市販されているものを使いましょう。
市販のものならちょうどいい割合で混ぜられていますし、グリセリンが入っているものだと流したあとにしっとりします。

また、家にお酢があったらクエン酸の代わりになります。
お酢の匂いはすすげば髪には残りませんが、お風呂場に匂いが残ることはあります。
気になるようなら、リンゴ酢などを使うと匂いませんよ。

重曹シャンプー後はしっかりケア

重曹シャンプーのあとにクエン酸リンスをしても髪がきしんだりパサつきが気になることがあります。

そんなときは、さらにケアをしましょう。

●天然オイル
おふろから上がってタオルドライをした毛先にホホバオイルや椿油を数滴なじませます。
頭皮、特に頭頂部に塗り込むと、ベタついてお風呂に入ってない人みたいになるので、毛先だけに付けましょう。

●ドライヤーは冷風で。
冷風で乾かすことで熱によるダメージを減らすことができるしキューティクルを閉じることもできます。
冷風だけだと乾かすのに時間がかかるようなら、温風と冷風を交互に当てて乾かし、最後は冷風で仕上げるとツヤが出てまとまりやすくなります。

さいごに

生活環境やストレス、季節など、さまざまな影響で頭皮の状態が変わります。
シャンプーをいろいろ試して、そのたびに頭皮トラブルに悩まされるのはけっこうわずらわしいものです。
重曹が肌に合って、スッキリと過ごせるとうれしいですね。

スポンサーリンク