クエン酸で洗顔「ピーリング」でたまご肌?ニキビも治る!?

ネットで話題のコスメやスキンケアアイテムって気になってつい使ってみたくなりますよね。
気になったものは何でも試してみたいですが、そうそういくつも買えません。
それに、肌に合うかどうかわからないと、買うのに勇気がいります。
でも、さほど高くなくて、肌に合わなくても別の使い道があるものならちょっと試してみたいと思いませんか?
そんな夢のようなアイテムが「クエン酸」です。
そこで、クエン酸を使った洗顔の仕方と、肌に合わない時の使い道についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク



クエン酸を使った「ピーリング洗顔」のやり方とコツ

まず、必要なものを準備しましょう。

・クエン酸
クエン酸はネットやドラッグストア、100円ショップに売っています。
ドラッグストアのクエン酸だと量が多いと感じるようなら、100円ショップの少量タイプから試してみましょう。

・スプレーボトル
クエン酸を使ったピーリング液を入れておくためのボトルです。

・コットン
手持ちのローションを染み込ませて広げるローションパック用のコットンがあれば、顔の広い範囲をピーリングすることができます。

では、実際にクエン酸を使った洗顔アイテムを作ってみましょう。
作り方はとても簡単です。
まず、クエン酸と水を1対10の割合で混ぜます。
クエン酸が5gだったら水は50g(50ml)です。
これ以上クエン酸を増やすと肌に負担がかかるので、割合は守ってくださいね。

この割合で、清潔なスプレーボトルに入れて混ぜて溶かすだけでクエン酸のピーリング液ができあがります。
スプレーボトルにシールを貼ると、ほかのアイテムと区別ができますね。
マスキングテープに油性ペンで書いて貼ると、水に濡れてもテープがはがれたり文字が消えたりすることがないのでおすすめですよ。

では、実際に使い方についてご説明します。
①クエン酸ピーリングをする前に、まずクレンジングと洗顔をして肌をきれいにします。
②クエン酸液をコットンなどに染み込ませます。
※染み込ませる目安は、ローションパックと同じぐらい。ヒタヒタだけど、しずくが落ちてこない程度です。
③クエン酸を染み込ませたコットンを気になる部分に貼ります。
④1~5分ほど放置します。
⑤水かぬるま湯でやさしくしっかり洗い流します。

クエン酸ピーリングには注意する点もあります。
まず、コットンを貼ったあとはゴシゴシこすらないようにしましょう。
クエン酸コットンは肌にペタッと貼るだけにして、よりよくなじむようにこすったり押しつけたりはしないでくださいね。

そして洗い流した後は、化粧水や乳液でいつものスキンケアをしましょう。
ピーリング後は、一時的に肌のバリア機能が低下して刺激を受けやすくなっているので、しっかりケアをしてくださいね。
そのケアをするときも、こすったりたたいたりせずやさしくなじませるようにしましょう。

スポンサーリンク



クエン酸ピーリング洗顔でニキビも治ったという意見アリ!

クエン酸ピーリングは、ニキビやニキビ跡に効果があると言われています。
クエン酸を塗ることによって毛穴に詰まった皮脂汚れや角質が取り除かれるからです。
また、クエン酸によって肌のターンオーバーが正常になるため、ニキビ跡が目立ちにくくもなります。

クエン酸ピーリングによってターンオーバーが促されると、ほかにも肌に良いことがたくさんあります。

・黒ずみや、くすみ
ターンオーバーのリズムが乱れてうまくいかないと、色素沈着が起こり、黒ずみやくすみが目立つようになります。
そこでクエン酸によってターンオーバーを正常にし、色素沈着を防ぐのです。

・シミ
紫外線を受けて肌に紫外線ダメージが蓄積すると、メラノサイトが活性化します。
メラノサイトはシミのもとになるメラニン色素を作り出すものです。
ターンオーバーがうまくできていて、肌がきちんと生まれ変わっているならシミは目立ちませんが、ターンオーバーのリズムが乱れるとシミが目立つようになります。
クエン酸によってターンオーバーのリズムが正常になると、シミを防ぐことができますよ。

目指せたまご肌!どのくらいクエン酸ピーリング洗顔を続ける?

ピーリングもクエン酸も肌に負担をかけるので、クエン酸ピーリングは週に1回までにしましょう。

クエン酸液は、冷蔵庫で1ヶ月ほど保存できますが、多く作ったときはヒジやヒザ、カカトなどを顔と同じようにピーリングすることができます。
古い角質が取り除かれてツルツルになりますよ。

また、クエン酸がどうしても肌に合わなかったときは、掃除用の洗剤として使うことができます。
クエン酸ピーリングと同じ割合でスプレーボトルに入れて、洗面所やお風呂場の蛇口にスプレーしてから布で拭き取ってみてください。
水アカがきれいに落ちますよ。

さいごに

ツルツルのたまご肌は女子の憧れです。
いろいろ試してみたいけど、合うか合わないかわからないアイテムを買って後悔するのはいやですよね。
クエン酸はそんなに高くないし、顔だけじゃなくて全身に使えます。
もし、肌に合わなくても蛇口をピカピカにしてくれるので、後悔せずにすむと思うとちょっと気が楽になりますよね。
ものは試し、ですよ。

スポンサーリンク