クロネコヤマトの送り状準備から 発送まで!コンビニが手軽で便利

荷物を送る時、コンビニでも送れることは多くの方が、知っていると思います。宅配業者さんが自宅に荷物を受け取りにくるまでの間自宅待機する必要はなく、ヤマト便を取り扱っているコンビニであれば、問題なく送ることができますよ!

コンビニならどこでもクロネコヤマトを取り扱っているのか?コンビニから送れる荷物と送れない荷物はあるのか?24時間営業している便利なコンビニから、いざ荷物を送りたいと思っても、初めてだと色々わからないことばかりですよね。

私はよく夏の時期に親戚が作っている美味しい梨を送ったり、手作りの商品をネット通販で売っているためヤマトさんを利用することが多いのですが、自宅から車で3分ほどの場所にクロネコヤマトの営業所、反対の方向によく行くセブンイレブンがあるので、都合に合わせてどちらの店舗でも宅配をよく利用しています。

初めて利用する時はコンビニと営業所で何の違いがあるのかわからなかったりしましたが、コンビニで荷物を送るようになってからは、手軽でとても便利だと感じるようになりました!

今回は宅配便をコンビニで初めて送る方がわかりやすく、送り方や荷物に関して注意すべき点などについて細かく解説しています♪

スポンサーリンク



ヤマトの宅配便を扱っているコンビニ一覧

まずはじめにクロネコヤマトの宅急便を取り扱っているコンビニはどこなのかを確認しましょう!郵便局のゆうパックのみを取り扱っているコンビニもありますし、荷物を送りたいコンビニがヤマトの宅配便の取り扱いをしている店舗かチェックしておく必要があります。

クロネコヤマトの宅急便を取り扱っているコンビニ店舗は以下の通りです。

▷セブンイレブン ●
▷ファミリーマート ●
▷サークルK ●
▷サンクス ●
▷デイリーヤマザキ ●
▷ヤマザキスペシャルパートナーショップ ●
▷ポプラ ●
▷生活彩家 ●
▷スリーエイト ●
▷ニューデイズ ●
▷くらしハウス ●
▷アズナス
▷アンスリー
▷オダキューマート
▷リトルスター

尚、一部店舗では宅配便を受け付けていない場合もありますが、クロネコヤマト宅急便の看板・のぼり旗のある上記のコンビニであれば受け付けてくれます。また●印のコンビニでは宅急便コンパクト(小さな荷物を専用BOXで手軽に送れる)の受付もしています。

スポンサーリンク



コンビニから送れる荷物

クロネコヤマトの利用でコンビニから送れる荷物は様々ものを送ることができます。基本は縦・横・高さの3辺計の大きさが60サイズ~160サイズ(合計160cm以内、重さ25kgまで)の荷物を送ることができます。コンビニから送れる荷物は以下の通りです。

▷宅急便

▷宅急便コンパクト(着払い不可)
大きさが60サイズよりも小さな荷物をお得な料金で送ることができます。受け取りは手渡しのみとなります。

▷ゴルフ宅急便
大切なゴルフ道具や手荷物を行き先ゴルフ場へ送ることができます。

▷スキー宅急便
大切なスキー、スノーボードの道具や手荷物を行き先スキー場へ送ることができます。オールインワン型ケースの場合も可能です。

▷空港宅急便
出発する空港内クロネコヤマトへスーツケースや手荷物を送ることができます。空港内で受け取りチェックインできるため、重たい荷物をもっての移動がないため出発前から身軽に移動できます。また帰国後は空港到着ロビーにあるクロネコヤマトから自宅やホテルへ送ることができます。

▷往復宅急便
旅行や出張に使うスーツケースなどの荷物を宿泊先のホテル•旅館へ届けることができます。さらに帰りも往復宅急便を使うことで大きな荷物を持って帰宅しなくて大丈夫です。自宅へ届けてくれます。

▷パソコン宅急便
パソコンやプリンタ、デジタルカメラなどの周辺機器も安全に送れます。商品購入時の箱がなくても大丈夫です。

※送料は荷物の大きさにより決まりがあります。

コンビニから送れない荷物

色々な荷物を24時間営業のコンビニから送れるのは、とても便利ですよね!しかしいくら便利でもコンビニから送れない荷物もあります。送ることができない荷物は下記となります。

▷クール宅急便
冷蔵、冷凍指定の荷物は鮮度を保たなければなりませんが、コンビニにはクール便を保管できないため送ることができません。

▷宅急便タイムサービス
夕方までにお願いした荷物を翌朝10時までに配達してくれるサービスですが、コンビニからは宅急便タイムサービスは受け付けていません。

▷ヤマト便(宅急便の規格を超える大きさの荷物)
宅急便のサイズ(縦・横・高さの合計が160cm以内、重さ25kgまで)を超える荷物や、一梱包あたり30万円を超える荷物はコンビニから送ることができません。

▷国際宅急便
海外へ荷物を送る場合に利用できる国際宅急便は貿易扱いになるためコンビニから送ることはできません。

上記のような荷物を送る場合は直接クロネコヤマト直営店に荷物をもっていきましょう。

ヤマト便のコンビニからの送り方

コンビニから宅配便で送るようお願いする場合、基本的には荷物を持参する前に自分で梱包を済ませておかなければいけません。荷物を持ち込んだ店舗により好ダンボールやビニール袋など梱包材をご好意で提供してくれるお店もありますが、宅急便コンパクト専用BOX(税込65円) 以外はコンビニでは販売していません!

荷物の梱包方法は荷物の性質•重量•容積などに応じて、運送に適した梱包をしましょう!ダンボール•粘着テープ•新聞紙•エアキャップ•プチプチ•タオルなどを使い中身が見えず破損しにくい梱包にするのがベストです。重量のある荷物の場合、ダンボール底面は十字貼りやH貼りをすると、強度が上がり破損しにくくなりますよ!

ではこれからヤマト便のコンビニからの送り方をお話していきます。

• 送る荷物を梱包してガムテープで封をする。
• 送り先の氏名•郵便番号•住所•電話番号をメモ、またはスマートフォンで写真を撮るなどして記録しておく。
• 荷物をヤマト便で送ることが出来るコンビニに荷物を持っていき、店員さんにヤマト便(元払いか着払いどちらかも伝える)で送りたい旨を伝える。
• 宅配便の伝票を店員さんから受け取り情報を記載する
• 伝票を書き終えたら店員さんに伝票を渡します。店員さんが荷物のサイズを測り、レジで荷物情報の打ち込み作業をしてくれます。
• 宅配便の配達希望日時を聞かれるので、希望を伝えてください。
• 宅配便にかかる料金を支払います。
• 店員さんより伝票控えが渡されます。荷物に関する追跡番号が載っていますので、必要であれば荷物受取者に伝えてください。

送り方はとてもシンプルで簡単ですよね!コンビニから送れる荷物と送れない荷物、サイズと重さを再度確認し、発送手続きを行ってください!

送り状はコンビニの店員さんからもらえる

荷物を送るために記入しなければいけない送り状ですが、荷物の梱包が終わり、コンビニへ持っていった時にもらえるというわけではありません!送りたい荷物の梱包が終わっていなくても、コンビニ店員さんに欲しい旨を伝えれば、送り状を先に貰うことができますのでば自宅でゆっくり必要事項を記入することもできます。

先程コンビニからの送り方の中で追跡番号という言葉がでてきました。配送される予定の荷物が今どこにあるのか追跡することができる大切な番号が記載されているので、商品の発送をする際
はこの番号を受け取り主に伝えるようにしましょう。

また宅急便の送り状は紫色の元払い伝票と薄い赤色の着払い伝票の2種類があります。(薄い赤色の着払い伝票の記入欄に大きく薄い文字で着払と書いてあります。)店員さんに元払いか着払い、どちらが必要なのかを伝えれば用意してもらうことができます。

送り状に記入しなければならない情報はどちらの送り状でもほぼ同じです。届け先の郵便番号・住所・氏名・電話番号、荷物を送る側の郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入してください。荷物の中身は何が入っているのかも必ず記入し、配達希望日時があれば忘れずに記入しましょう。

まとめ

クロネコヤマトを使ってコンビニから荷物を送る場合は、取り扱いのあるコンビニを選び、荷物は160サイズ以下25kg未満のもの。クール宅急便や規格外の大きさ、急ぎの荷物や海外発送の荷物は送れないので、営業所に荷物を運ぶか自宅に取りに来てもらうということがわかりました。

営業所が閉まっいる時間であっても、コンビニなら好きな時間に荷物を預けることができますし、とても手軽で便利ですよね!この記事を読んでいただき、コンビニから荷物を送る時に役立っていただけたらとても嬉しいです♪

スポンサーリンク