年賀状を出し忘れてた!返事は寒中見舞い を出したらいい?

いつもお世話になっている方へ、新たな年を迎えてからの初めてのご挨拶で送る年賀状。ポストから届いた年賀状を取り出し、一枚一枚いただいた年賀状を見ていると、送っていない方から届いた年賀状が!なんてこと誰もが経験したことがあるとは思います。

私の場合は自分から送っていない方から届いた年賀状を見て、送らなきゃなと思いつつ、正月番組に夢中だったり夜は新年会があったりで、ついつい後回しにしてしまい出し忘れていた!なんてことがありました。

そんな状況の時に、正月が明けてからいつまでなら年賀状を出してもいいのか、年賀状ではなく寒中見舞いを送るべきなのか悩みませんか?

今回は年賀状を出し忘れてしまった場合の年始のご挨拶について、年賀状と寒中見舞いの違いや相手に失礼のないような書き方などを紹介していきます!

スポンサーリンク



年賀状は年明けいつまでなら出してもOK?

年賀状を出し忘れていた場合や、年賀状を送っていない方から届いた場合、年明けいつまでなら年賀状を送ることができるのでしょうか。

正月三が日が過ぎると、お仕事など通常の生活に戻る方が多いかと思いますが、正月飾りはまだ飾ったままですよね。正月飾りを飾っておく期間のことを「松の内」といいますが(関東地方は1月7日まで、関西地方は1月15日までで期間は違うようです)「松の内」の期間、つまり1月7日までに年賀状が相手方に届くのであれば、失礼なく送ることが可能です。

また日本郵便の制度として、1月7日までに投函した年賀はがきに関しては消印がつかないことになっています。それ以降の投函は消印が付いてしまうことから、年賀状の投函は松の内までならOKと一般的に言われているのです。

ですから、松の内を過ぎてしまった場合は年賀状ではなく「寒中見舞い」を送るようにしましょう。年賀状を出すのが遅れてしまったから今回はそのまま出さなくていいや…なんてことは失礼になりますので、三が日が過ぎてしまった場合であっても必ず送るようにしましょう!

ひとつ注意しなければならないのは、7日までに年賀状を送る場合、相手から年賀状をいただいたことのお礼と遅れてしまったお詫びを添えましょう!元旦を過ぎてからの投函なので、年賀状には絶対に「元旦」と書いてはダメですよ!

スポンサーリンク



年賀状と寒中見舞いの違い

年賀状と寒中見舞いの違いをご存知ですか?どちらも寒い時期に出すお手紙ですが果たしてどのような違いがあるのでしょうか。

年賀状は、ご存知の通りお世話になっている方へ新たな年の挨拶と共に昨年中までの感謝や近況などを写真付き年賀やイラスト年賀などに文書を添えて送るものですよね。一方寒中見舞いは一年のうち最も寒い時期に相手の健康を気遣うと共に相手に近況報告する挨拶状です。

「寒中」とは「小寒」と「大寒」の期間を示す言葉で、この時期に「相手を見舞う手紙」ということから「寒中見舞い」と呼ばれています。喪中で年賀状を出すことができない場合や、松の内中に年賀状を出せなかった場合の挨拶としても使われています。

年賀状と寒中見舞いの大きな違いとしては、年賀状で使用する「謹賀新年」や「あけましておめでとうございます」のような新年の表現は時候の挨拶である寒中見舞いに使ってはいけないとされています。これは喪中の方だけにではなく、年賀状を出し忘れてしまい寒中見舞いになった場合も同様です。

また送ることができる期間も違います。先ほど最もお話しましたが年賀状は1月7日(松の内)までなのに対し、寒中見舞いは松の内明けから大寒最後の日である2月3日(節分)までになります。ですから2月3日までに寒中見舞いが届くように送るのが正しいとされています。余談ですが、2月4日から2月下旬までは余寒見舞いとなりますので覚えておきましょう!

寒中見舞いの書き方

寒中見舞いの書き方はとくに決まった形式はありません。友人など親しい間柄の方であれば、そこまでかしこまった文章で書く必要はありません。会社の上司・先輩・目上の方に出す場合は失礼のない文章構成で書いた方がマナーとして良いでしょう。
では一般的な寒中見舞いの書き進め方のポイントを紹介していきます

① 季節のあいさつ(寒中見舞いの言葉)
② 時候のあいさつの言葉
③ 相手や相手のご家族の健康気遣う言葉
④ 年賀状を頂戴したお礼と遅れたお詫びの言葉
⑤ 自身の近況報告
⑥ 今後も変わらぬお付き合いのお願いや、指導を願う言葉
⑦ 結びの挨拶
⑧ 年号と月(日は入れません)

のような順で書きます。お手紙でよく使われる「拝啓」や、「敬具」は不要です。喪中の相手に出す場合は、賀詞や、近況報告で自身のおめでたい報告は避けましょう。

寒中見舞いの例文

寒中見舞いには書き方にこれといった形式がないということを先程説明しましたが、寒中見舞いを書くにあたり「年賀状を出し忘れてしまった」旨を正直にそのままの言葉を使って表現することは、年明け早々相手を不快な思いにさせてしまう可能性があります。「出し忘れてしまった」ではない表現で、寒中見舞いをもらう相手の気持ちになり言葉を選んで書くとより良い印象になります。

今回は会社の上司や先輩など、目上の方へ送る寒中見舞いの具体的な例文を紹介していきますので是非参考にしてみてください!

<文例1>

寒中お見舞い申し上げます
新年早々にご丁寧な年賀状をありがとうございました。
年末年始、〇〇へ家族で帰省しておりましたため
年賀状を頂きながらご挨拶が遅れ、失礼いたしました。
皆様におかれましては良いお年を迎えられましたご様子、心からお喜び申し上げます。
おかげ様をもちまして私どもも皆変わりなく過ごしております。
本年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。
今年は寒さが厳しいようです。皆様もどうかご自愛下さいませ。
〇〇年一月

<文例2>

寒中お見舞い申し上げます。
このたびはご丁寧な年賀状を頂きまして、ありがとうございました。
年始のご挨拶が遅くなり、大変失礼いたしました。
皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしとのこととお慶び申し上げます。
おかげさまで私どもも家族揃って賑やかな正月を過ごすことができました。
まだまだ寒い日が続きますので、お風邪など引かぬようどうかお体を大切になさって下さい。本年も例年と変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。
〇〇年一月

<文例3>

寒中お見舞い申し上げます。
新年のご挨拶を頂きながらもご挨拶が遅れ誠に申し訳ございません。
皆様におかれましては健やかによい年をお迎えになられたこととお慶び申し上げます。
おかげ様で私ども家族一同元気に過ごしております。
今年は寒さが厳しいようです。皆様もどうかご自愛下さい。
本年も変わらぬお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。
〇〇年一月

寒中見舞いを出すときに気を付けるポイント

寒中見舞いを出すときに気をつけたいポイントとしては、日の出や干支など正月をイメージする写真などは使用してはいけません。寒い冬や早春を思わせる花や風景、または子どもの写真やイラストで送ることも可能ですがなるべく派手になりすぎないようなデザインを選ぶことをおすすめします。本当は年賀状を出す予定だったが間に合わず寒中見舞いになってしまった場合、年賀ハガキが余っているからといって代用してしまうことは絶対に避けましょう。

寒中見舞いを出す相手が喪中の場合はとくに「賀」を連想させるおめでたい言葉を使わないように注意しましょう。年賀状を送るのが間に合わず寒中見舞いを出す場合、「出すのを忘れていた」という表現は受け取る相手に大変失礼です。遅れてしまった旨を丁寧に謝るなど言葉の使い方に十分気をつけ、気持ちのこもった寒中見舞いを送るようにしましょう!

まとめ

寒中見舞いをこれまで送った経験がないという方も結構多いと思いますが、この記事を読んでいただければそれほど難しく考えなくても心のこもった寒中見舞いを書くことができるはずです。

年賀状を出し忘れてしまった!という場合でも、焦らず寒中見舞い期間中に失礼のないご挨拶文であなたの印象度を上げてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク