一人暮らしに向いてるのは布団とベッドどっち?オススメ教えて!

初めての一人暮らし、楽しみですね。
ただ、新しい部屋の広さによりますが、持って行ける家具って限られますよね。
そこで迷ってしまうのが、布団で寝るかベッドで寝るか、です。
私も一人暮らしをしたことがありますが、そのときの寝具はちょっと斬新なものでした。
そのことも含めてどちらがいいか、お話ししたいと思います。

スポンサーリンク



一人暮らしで「布団」をセレクトするメリット・デメリットとは

まず、布団をセレクトしたときについてお話ししましょう。

●メリット
・部屋を広く使える。
布団を使わないときに押し入れにしまっておけば、部屋を広く使うことができます。
ワンルームだと、食事をするのも寝るのも同じ部屋です。
テーブルやテレビ、棚など置くものもいくつかあるので部屋を広く使えるのはうれしいですよね。

・持ち運びが楽。
ベッドのマットレスに比べて布団の方が持ち運びがしやすいので、天気のいい日にベランダで干すことも簡単です。
なので、いつもふかふかで清潔な布団で寝ることができますよ。
また、模様替えや引越しをするときも楽ですよ。

・寝相が悪くても大丈夫。
寝相が悪い場合、ベッドで寝ていると落ちることがありますが、布団だと落ちる心配はありません。

●デメリット
・上げ下ろしが大変。
毎朝布団を上げて、寝る前に布団を敷くのはけっこう大変です。

・床に直接敷くことによる湿気や冷気
フローリングの床に直接敷いて寝るのでベッドと違って風が通らず湿気がこもりやすくなります。
また、床に直接敷くため寒い時期は床の冷たさが体に伝わってきます。

スポンサーリンク



一人暮らしで「ベッド」をセレクトするメリット・デメリットとは

では、ベッドをセレクトした場合はどうでしょう。

●メリット
・すぐに眠れる。
ベッドだと布団を敷いたり片づけたりする必要がないため、眠くなったらすぐに眠ることができます。
疲れて帰ってきた日や、お風呂上りにそのままダイブできるのは幸せですよね。

・枕元が便利。
ベッドヘッドに小さな棚が付いているベッドだと、眼鏡や目覚まし時計を置いておけます。
また、コンセントが付いているベッドだとスマホの充電をするのに便利ですよ。

・ベッドの下があいている。
ベッドは床とマットレスの間に隙間があって空気が通るので、通気性がよく気持ちよく眠ることができます。
また、隙間に収納ボックスを置いてものを収納することもできます。

●デメリット
・部屋が狭くなる。
ベッドを置くとワンルームマンションだと部屋の大半がベッドで占められてしまいます。

・模様替えや引っ越しが大変。
大きくて重いベッドだと簡単に動かせず、模様替えや引越しをするときに少し大変です。

・湿気やホコリがたまる。
ベッドと床の間にほこりがたまりやすいですが、狭いところなので掃除をするのが大変です。
また、マットレスを干すのが大変なので湿気がこもりやすくなります。

結局どっち!?一人暮らしに向いてるのは布団?ベッド??

布団かベッド、どちらがいいかは生活スタイルや一人暮らしをする部屋の状態にもよります。

まず、部屋にロフトスペースや和室がある部屋だと必然的に布団生活になります。

私が初めて一人暮らしをしたときの部屋には、最初から折りたたみベッドが置いてありました。
そのベッドは旅行用のトランクのような構造になっていて、開いて倒した部分がベッドになっています。
折りたたむと薄くなるので、部屋の壁に寄せておくとじゃまになりません。
ただ、ベッドを折りたたむときにベッドに布団が敷いてあると折りたためないので、結局は布団を押し入れに片づける必要があります。
布団とベッドのいいとこどり、という感じでもなく「なんだかなぁ…」と思いながら暮らしていました。

もし、あなたが勉強の合間についベッドに横になっちゃってそのまま寝ちゃうタイプだとしたら、布団で生活することをおすすめします。
布団を敷かないと眠れない状態にしておくと、「ついついベッドに寝ちゃって朝に…」ということがなくなります。

また、先ほど話した布団とベッドのデメリットは解消することができます。

●ベッドで部屋が狭くなるのが悩み
・解消法①
ベッドがロフトのようになっていて、そのロフトの下に机や棚が付いている家具を使うと、部屋を広く使うことができます。
・解消法②
ソファベッドだと、使わないときに折りたたんでソファになるので少し部屋が広くなります。

●布団をフローリングに直接置きたくない。
布団の下に敷くタイプの「すのこ」がおすすめです。
すのこを折りたたんで△の形の頂点に布団を乗せると、布団の下に空気が通るため、湿気をとることもできます。

さいごに

楽しくて快適な一人暮らし生活のために、お気に入りの家具を選びたいですよね。
新しい部屋の状態や生活スタイルに合わせて布団かベッドどちらにするか決めて、すてきな寝具をそろえてみてくださいね。

スポンサーリンク